• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐と言えば、和食の代表的な食材。私たち日本人にとって、とてもなじみ深い食べ物ですよね。この豆腐、実はすごい痩せ効果があるんです。

豆腐と言えば、ローカロリー食材。

豆腐=痩せ効果というと、その点をすぐ、思いつく方が多いのではないでしょうか。

たしかに、豆腐は木綿豆腐なら、半丁で108kcalと、カロリーがとても少ないです。

たっぷり食べても、カロリーオーバーになる心配がないのが嬉しいですね。

豆腐を食べると、おなかにたまります。それは、豆腐に植物性脂肪が含まれているから。

ローカロリーでありながら、適度な植物性脂肪も摂取できて、おなかも満足、ヘルシーなのです。

しかし、豆腐のスゴイところは、ローカロリーなだけではありません。

痩せを実現させてくれる、いろいろな効果があるのです。

 

豆腐のスゴイ効果その① 低GI食品

豆腐は低GI食品です。だから、血糖値が上がりにくいという特徴があります。

血糖値が上がりやすい食べ物を食べてしまうと、太りやすくなります。

豆腐なら、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるので、ダイエット効果が大きいですね。

 

豆腐のスゴイ効果その②大豆レシチンが体脂肪を減らす

豆腐には大豆レシチンが含まれています。

大豆レシチンには、コレステロールや中性脂肪を減らす効果があるんです。

また、ムダな脂肪を落としてくれます。

大豆レシチンは、ダイエットだけではなく、アンチエイジングにも良い影響をもたらしてくれます。「若返りの栄養素」と呼ばれており、摂取により肌細胞を若々しく保たせてくれるのです。

また、健康効果もあり。大豆レシチンは血行促進してくれる栄養素です。冷え性、肩こりの解消に役立つ成分です。

ダイエット効果、美容効果、健康効果、3拍子揃った栄養素なのです!

 

豆腐のスゴイ効果その③ 脂肪燃焼

体脂肪を燃焼させるのは筋肉。筋肉がエネルギーを消費するから、ダイエットが可能となります。筋肉をつくるには、タンパク質が欠かせません。

豆腐は植物性たんぱく質を多く含みます。

20種類あるアミノ酸をすべて含む、完全なタンパク質なのです。

しかも、脂肪分が少ないというメリットもあります。豆腐を食べて、脂肪をどんどん燃焼させましょう!

 

豆腐のスゴイ効果その④ 便秘解消

豆腐には大豆オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は腸内の善玉菌、ビフィズス菌のえさとなるものです。

豆腐を食べると、大豆オリゴ糖が腸に届けられて、善玉菌優位となりやすくなります。だから便秘解消にとても効果的なのです。

便秘に悩む女性は多いです。大豆オリゴ糖摂取により、便秘解消に効果があるかもしれませんよ。

便秘でいると、ぽっこりお腹になるだけではなく、体が脂肪を溜めこみがちになります。

豆腐は水分も多く含むため、大豆オリゴ糖とダブルで便秘解消に効果がありますね。

 

>>>豆腐の効果へ進む