タグ:L-カルニチンの記事一覧

タグ:L-カルニチン
ながら運動でL-カルニチンを働かせる
ながら運動でL-カルニチンを働かせる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

L-カルニチンは、脂肪を燃焼させるためになくてはならない成分です。

L-カルニチンは、必要量を食事から摂取してあげることで、体内の脂肪燃焼効率をあげられますが、運動でもあげられます。

 

L-カルニチンは運動と相性がよくて、運動をしている人はL-カルニチンが働きやすいという報告があります。激しい運動を毎日続けるのは大変ですが、いつでもどこでも、気が向いたときにできる「ながら運動」なら続けやすい。

 

L-カルチニンを豊富に含む赤身肉を適宜摂取しながら、

「ながら運動」でL-カルチニンをさらに活性化させましょう。

 

ちなみに、L-カルチニンを赤身肉から摂取するとき、脂肪を取り除くことを忘れないようにしましょう。脂肪には、言うまでもなく、たっぷりのカロリーが詰め込まれています。

 

いくら脂肪燃焼成分のL-カルニチンを摂取するためとはいえ、脂こってりの脂肪も食べていたのでは、ダイエット効果は半減してしまいます。赤身肉の脂肪を取り除くには、以下の方法があります。カロリーカットのためにぜひ、実践してみてくださいね。

 

 

余分な皮と脂を外す

鶏の皮はささ身の約5倍、豚肉や牛肉の脂はヒレの約3倍のカロリーがありますから、

さくっと包丁で切り落としてから調理しましょう。もしくは食べ残しましょう。

 

加熱して脂を落とす

ゆでるのもいいですが、焼くと脂が流れ出す量が多くなるので、焼くのもおすすめ。

煮込み料理では、浮いた脂を固めて捨てるなどして、適宜取り除きましょう。

 

ひき肉は食べない

ハンバーグや餃子に使う普通のひき肉には、20%以上の脂身が混ぜ込まれています。

知らないうちに脂を摂取してしまいますので、スーパーで買うときは要注意。

「赤身のひき肉」を選ぶようにしましょう。

 

おすすめは有酸素運動です。

おうちでもできる、カンタン「ながら運動」をご紹介します。

L-カルニチンを摂取しつつ、取り組みましょう。

 

 

~ハイニー~

自宅でできる有酸素運動といえばこれハイニーです。

足を高くあげる「もも上げ」の運動です。

ももを高く上げると、普段あまり使わない大腰筋をしっかりと刺激出来て、

運動不足解消に役立ちます。脂肪燃焼を促す効果が得られるのです。

 

①腕を前後に大きく振りながら、太ももを高く持ち上げましょう。
その場でイチ、ニ、と足踏みします。

 

②ももの高さは床と並行かそれよりも少し高めくらいに動かすのがポイント。
脚の高さ、ペースは、「少しきついかな」と思う程度で調節しましょう。

ムリは禁物ですよ。ハイニーは、フォーム重視です。

ももを高く上げていなければ、脂肪燃焼効果はあげられません。

 

フォームを考えながら、左右交互に連続して100~200回程度、足踏みしましょう。

 

軽く汗ばむ程度にやるようにしましょう。ももを上げるときは、反動を使わないこと。

じっくり持ち上げるようにすると、その分ダイエット効果が高くなります。

呼吸はしっかり、深く行いましょう。脂肪を燃やすために、酸素を取り入れないといけません。

 

ハイニーは100~200回やるのが目安ですが、この回数を声に出して言うようにすると、

自然で正しいリズムで呼吸できるようになります。

 

ハイニー中は、しっかりと胸を張り、上体が反らないようにしましょう。

 

 

geralt / Pixabay

 

ダイエット成分L-カルニチンを効果的に摂取しよう
ダイエット成分L-カルニチンを効果的に摂取しよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

脂肪を燃焼させる、というと、体に蓄えられた脂肪を燃やすというイメージが強いかもしれません。しかし、体というのものがまず燃やすのは、食事で食べた脂肪のほうです。食事からとった脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換するのが先です。

 

 

エネルギー源として燃やされなかった脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪となって、蓄積されます。この脂肪燃焼のパターンを知って、L-カルニチンを効果的に取り入れることが大切です。

 

 

肉や食用油など、食事からとった脂肪は、食後に少しずつ燃やされて、4~6時間後に燃焼がピークとなります。そのときに、L-カルニチンが十分な量、体内にあると、食べた脂肪の燃焼を促進することが分かっています。

 

 

つまり、食事の後にじゅうぶんな量のL-カルニチンがある状態にしておくと、

脂肪が蓄積されにくくなるのです。L-カルニチンを適切に働かせてダイエットするためには、その摂取頻度、摂取量、そして摂取タイミングに気を付けることが有効です。

 

 

stevepb / Pixabay

 

 

L-カルニチンの摂取頻度

 

栄養素というのは、摂取して比較的短時間に効果が出やすいものと、継続的に摂取することで効果が出るものの2種類があります。

 

L-カルニチンは後者の「継続摂取」で力を発揮しやすい栄養素です。

 

短期間のダイエットのときだけではなく、継続的に摂取することで、

より確実にダイエットしやすくなります。

 

 

 

L-カルニチンの摂取量

 

L-カルニチンの必要量は、その人の生活習慣、体質により変わってきます。

 

一般的には200㎎~500㎎の継続的な摂取がよいとされます。

 

L-カルニチンは、野菜や果物にはほとんど含まれていません。主に、肉類の赤身に含まれている成分です。なので、豆や魚を主な蛋白源とする和食の場合、じゅうぶんな量をとることは難しいと言われています。

 

日本人の平均1日当たりの摂取量は75㎎だということからも、これが分かります。

たとえば、牛肉1㎏なら、約700㎎のL-カルニチンが含まれています。

 

しかし、現実的に考えて、そんなにたくさん牛肉を食べることはできませんよね。

かえって余計な脂肪をとりこんでしまって、太ってしまいかねません。また、消化器系への負担も大きくなります。

 

その意味でも、量が不足しているなと思ったら、適宜サプリメントを利用するようにするといいかもしれません。

 

 

L-カルニチンの摂取タイミング

 

L-カルチニンを摂取するタイミングとしては、とくにルールはありません。

朝摂取しても、夜に摂取しても取り込まれる量は同じです。

(あんまり遅い時間に食べると脂肪として蓄積されてしまいますが)、

 

L-カルチニンを、毎日少しずつ、筋肉などの体内にためていくようにしましょう。

 

いつに食べるということを決めておいて、ライフスタイルに合わせて、ムリなく、継続的に摂取するのがいいですね。ちなみに、スポーツをしない人に比べて、スポーツをしている人のほうが、L-カルチニンを摂取して、体内で働かせやすくなるという研究結果があります。

 

適度な運動をプラスするといいですよ。

 

 

ダイエット成分L-カルニチンってどんなの?効果はあるの?
ダイエット成分L-カルニチンってどんなの?効果はあるの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ダイエット成分として注目されているL-カルニチン

大塚製薬のネイチャーメイドや、アサヒのディアナチュアラからもL-カルチニンのサプリメントが販売されていますよね。

L-カルニチンは、特殊なアミノ酸の1種で、体内の脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えるために不可欠な成分です。

 

L-カルニチンは、私たちの体でつくられる成分です。

 

通常は、1日約10mgの量が、肝臓でつくられています。

 

たまごや豆、野菜類にはL-カルニチンはほとんど含まれず、羊肉や牛肉などに多く含まれています。

 

日本人の平均摂取量は1日75㎎といわれており、体内で生成される分と、食べ物から摂取する分で補われていることが分かります。ちなみに、カルニチンという名前は「肉」を意味するラテン語の「Carni(カルニ)」から来ています。

 

L-カルニチンの体内量は、20代をピークに、年齢とともに減少していきます。

やがて、体内で不足するようになります。するとどうなるか・・・

 

体内できちんと脂肪が燃焼されなくなり、蓄積されて行きます。そして肥満になりやすくなります。年を取って肥満になりがちなのはL-カルニチンの分泌量が減ってしまうことも要因の1つなわけですね。

 

L-カルニチンを適切に補ってあげると、脂肪が燃焼します。そして、その結果、どんな体の機能にも使えるエネルギーというものが生み出されて行きます。

 

余分な脂肪がちゃんと燃焼するようになると、ダイエットしやすくなりますし、メタボリックシンドローム予防や、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の予防にもなります。

 

エネルギー源としても使えます。脂肪を利用して、疲労を回復させ、スタミナをあげて、スポーツや日常生活のパフォーマンスを上げてくれます。もちろん、基礎代謝も上がります。

 

脂肪をエネルギーに変えるためには、脂肪を燃焼させないといけません

 

 

私たちの体の中には、60兆個にもおよぶ細胞があります。その細胞の1つ1つで、その燃焼を起こさないといけません。細胞には、「脂肪の焼却炉」とでもいうべきミトコンドリアが含まれています。脂肪が燃焼するためには、その中に入らないといけません。脂肪は単独ではミトコンドリアに入ることができません。

 

しかし、脂肪の運び屋である、L-カルニチンが適量にあれば、中に入って燃焼を助けてくれるのです

 

L-カルニチンは、エネルギーの素である脂肪と結合し、「燃焼炉」のミトコンドリアに燃料である脂肪をくべてくれます。このはたらきは、他の栄養素では代替できないので、とても大事な機能です。

 

L-カルチニンは、脂肪燃焼のためにはたらいてくれる、とても役に立つサポーターなのです。寝ているときでも、脂肪は燃焼させられます。

 

有酸素運動は脂肪燃焼に効果的であることが知られていますが、特別な運動をしない日常生活でも、脂肪はよく使われます。

 

筋肉は全身で代謝される脂肪の約70%を燃焼しますが、その大部分は睡眠中や、日中の安静状態のときに消費されます。

 

このときにL-カルチニンをしっかり働かせて、「何もしないで燃焼」生活を手に入れることが大切です。