タグ:髪の記事一覧

タグ:髪
髪の美しさを保つ乾かしかた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

髪のダメージに悩んでいる、という方は、

洗髪後の髪の乾かしかたに問題がある可能性があります。

髪の乾かし方を変えるだけで、髪にツヤが取り戻されることも多いのです。

例えば、ドライヤーなし、自然乾燥している場合など、理由はさまざまでしょう。

ドライヤーを使うのが面倒だということもあるだろうし、

熱で髪が傷むのを心配して自然乾燥させていることもあるでしょう。

 



マイナチュレはコチラのページでも確認できます。


 

たしかに、長時間、高温でドライヤーをかけつづけると、髪のダメージにはなります。

しかしそれ以上に、濡れたままの髪を放置するほうが、髪への負担は大きくなります。

髪の表面にキューティクルがあり、うろこ状に重なり合うようにしてバリアの役割を果たしています。

キューティクルは、髪が濡れると開いた状態になります。

なので、髪が濡れたままだと、髪内部の水分、たんぱく質が流出しやすくなり、パサつきやすくなってしまいます。

髪が生乾きのままだと、頭皮が群れて菌が繁殖しやすくなりますし、変なクセが付きやすくなります。

それだけではなくて、頭皮が冷えて血行が悪化したり、抜け毛しやすくなったりと、いけないことだらけになってしまうのです。

美しい髪をキープするためには、どう髪を乾かすかに注意することが大切です。

次の順番で髪を乾かすようにすると、髪が痛みにくいです。

 

①タオルドライする

ドライヤーをかける前にタオルドライしておくと、ドライヤーを使う時間を短縮できるし、

髪へのダメージも減らせます。

ただ、髪をゴシゴシこすって拭くのはいけません。

タオルで髪を覆ってその上から指の上で頭皮マッサージするように、

やさしく抑えて、水気を拭き取るのです。

ロングヘア―の場合は、頭皮の水分を拭き取った後、毛先をタオルではさんで、

ポンポン叩くようにして、水気を取るようにすると良いです。

 

②ドライヤーで全体を半乾きになるまで乾かす

指で髪をかき上げ、髪の根元を中心に、

内側から外側に向かってドライヤーを当てていきます。

このとき、地肌を軽くこするように、指を動かしながら乾かすと、

髪の根元に温風をあてて、しっかり乾かしやすくなります。

キューティクルは、根元から毛先に向かって、うろこ状についています。

この流れに沿って、上から下に、ドライヤーを当てていきましょう。

根本以外は髪に対し、斜め45度くらいの角度でドライヤーを当てましょう。

 

③毛先まで髪を乾かす

髪が半乾きになったら、毛先まで乾かします。

下や横から温風を当てると、髪が乱れてしまいます。

やはり、ドライヤーは上から斜め45度で当てるのがよいです。

髪の毛は表面温度が100度以上になると、内部のたんぱく質、脂質が変質してしまいます。

これが傷みのもとになります。

高温になりすぎないように、髪から10㎝以上ドライヤーを離して、乾かすようにしましょう。

同じ部分にドライヤーを当て続けると、髪の温度を上げてしまいますから、

1か所に2秒くらいずつで、次の場所に動かしていって、まんべんなく乾かすようにしましょう。

 

>>>コルテックスで髪ツヤを手に入れるへ戻る

>>>つややかな髪が欲しいへ進む

髪のキューティクルを守るには
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

キューティクルというと、美しい髪に欠かせないもの、というイメージがありますね。

髪は、、「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」という3層からできていて、キューティクルは髪の一番外側にあります。

キューティクルはわずか0.005㎜のごく薄い層ですが、固いたんぱく質でできていて、毛髪全体の重さの10~15%でできています。

透明で硬い細胞が、魚のウロコのように折り重なってできています。



 

キューティクルは、水や薬剤の浸透を防ぐ力があります。

外部刺激から髪の内部を守るバリア機能として働いています。

キューティクルをつくる細胞の表面には脂質があり、細胞がキレイに並んでいると、手触りがよく、触って「つややか」だと感じられます。

キューティクルは髪の健康、美しさ、両方をつくるものです。

そんなキューティクルですが、傷つくと、はがれてしまいます。

摩擦、ドライヤーの熱、紫外線、カラーリング剤・パーマ液などにより、キューティクルははがれやすくなります。

 

摩擦

キューティクルの一番の弱点は摩擦刺激です。

ムリにブラッシングしたり、シャンプーするときにゴシゴシこすると、こわれたり、はがれたりしやすくなります。

 

紫外線

紫外線を浴びると、キューティクルの表面の脂質が失われて、ウロコのように並んでいる状態の結びつきが弱まり、めくれ上がりやすくなり、変質したりしやすくなります。

 

パーマ、カラーリング

パーマ剤、カラーリング剤は、アルカリ剤や還元剤です。これらはキューティクルをはがすものです。

パーマやカラーリングを受けるときは、毎回必ずトリートメントもセットでやってもらって、髪をケアしておくようにしましょう。

 

ドライヤーの熱

髪の表面温度が高くなりすぎると、ケラチンたんぱく質が変質してしまいます。

 

このような要因により、キューティクルがはがれてしまうと、髪に光沢、柔軟性が失われてしまいます。

よく「天使の輪」といって、髪に光が当たると髪が白く輝きますが、キューティクルがはがれると、ツヤがなくなり、光りません。

また、キューティクルがはがれると、髪がノーガードの状態になるので、もろくなり、水分も保持しにくくなります。

触ってパサパサするようになるし、枝毛や切れ毛が出やすくなります。

髪には自己修復能力がありませんから、一度はがれてしまうと、もうその髪を元に戻すことはできません。なので、髪の美しさ、健康を保つには、予防こそが大事です。

そのためには、トリートメントが大切です。

トリートメントは、実は髪が濡れたままでは浸透しづらいです。

タオルなどで、水分を拭き終わってからつけるのがポイントです。

トリートメントを付けて、シャワーキャップ、蒸しタオルなどで髪を覆うようにすると、髪の奥までトリートメント成分が浸透しやすくなります。

濡れた髪はキューティクルが開いた状態なので、髪に負担がかかります。

洗髪後は、ドライヤーで髪を乾かして、キューティクルを閉じさせておきましょう。

 

>>>女性によくある薄毛のお悩みに戻る

>>>コルテックスで髪ツヤを手に入れるに進む

女性によくある薄毛のお悩み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

薄毛に悩む女性が増えています。

女性が発生しやすい脱毛症には、以下があります。

 

* 女性男性型脱毛症

男性によくみられる男性型脱毛症(AGA)の女性版
びまん性脱毛症とも言われます。男性ホルモンが原因で発症します。
男性と女性では、目に見える症状に違いがあるので、AGAではなく「FAGA」と呼びます。



 

* 円形脱毛症

男女問わず、老若問わず、誰でも発生する可能性があります。
丸く脱毛する、突発性の脱毛症です。小さなものなら、自然治癒することも多いのですが、大きくなったり、再発が続いたりするようなら、きちんと治療することをおすすめします。

 

* 牽引性脱毛症

髪を引っ張りし続けていると、なってしまう脱毛症ですポニーテールに結うというのはすぐ思いつくケースですが、分け目がいつも同じだったりすることで、牽引性脱毛症になってしまったりします。
継続的に髪に負担をかけ続けることで、毛根はダメージを負います。分け目や生え際の頭髪が薄くなります。これを防ぐためには、分け目やヘアスタイルを時々変えたり、髪や頭皮の負担を減らしたりするようにしましょう。

 

* 分娩後脱毛症

妊娠中から出産後には、ホルモンバランスが乱れます。それで一時的に抜け毛が増えることがあるのです。
通常は半年~1年くらいで自然治癒しますが、高齢出産するなど、体力がなかなか回復しにくいときは、脱毛症の回復も遅くなります。完治が難しくなることもあります。

 

* 粃糠(ひこう)性脱毛症

乾燥したフケが毛穴を塞ぎ、頭皮が炎症を起こして、髪の成長が妨げられ、発症します。
過度にシャンプーしたり、逆にすすぎが不十分だったりすると起きます。
また、パーマやカラーの刺激でも起こります。フケが異常に多い場合は、脂漏性皮膚炎の可能性もあります。

 

* 脂漏性脱毛症

過剰に分泌した皮脂が、毛穴を塞ぎ、頭皮が炎症を起こします。
皮脂の分泌異常が原因となります。放置すると、脂漏性皮膚炎を起こしてしまうので、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

髪のお悩みを解消するためには、健康な頭皮、髪の毛をつくるための環境が大切です。

そのためには、以下のような生活が望ましいです。

・栄養バランスのとれた食事
・規則正しい生活
・たっぷりの睡眠
・適度な運動
・ストレスを溜めない
・禁煙
・適度なアルコール
・正しいヘアケア(洗いすぎ、洗わなすぎを止める)
・紫外線対策

あわせて、頭皮マッサージやツボ押しをすると、さらに効果的です。

 

頭皮マッサージ

頭皮をマッサージすると、血行促進し、毛根の新陳代謝が高まります。
シャンプーの前後にやると良いでしょう。指の腹を使い、優しく丁寧にマッサージします。
このとき、爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、あくまで指の腹を使います。

ツボ押し

育毛に効くツボは頭頂部にある百会(ひゃくえ)、耳の上あたりの角孫(かくそん)、後頭部の玉枕(ぎょくちん)の3つ。血行促進効果があります。シャンプーのときに、ツボ押しにもトライしてみましょう。

 

>>>つややかな髪が欲しいに戻る

>>>髪のキューティクルを守るにはに進む