炭酸の基礎知識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

炭酸ダイエットは、食事やおやつのときに、

炭酸水を飲む、というダイエット法です。

 

炭酸水は、欧米でポピュラーな飲み物です。血管の拡張、代謝アップ、疲労回復、便秘解消など、さまざまな効能があり、健康飲料として親しまれています。

 

今回はこの炭酸水に、クエン酸を加えてダイエットに使います。

 

クエン酸も疲労回復効果があり、健康に良いものとして知られています。

炭酸水ダイエットを始めると、自分の食生活にひそむ「太る要因」に気づくことができます。食生活の見直しにもつながり、短期的な体重減にとどまらない、長期的なダイエット効果が望めます。

 

また、特別な器具や、高額な商品を購入する必要もなく、コストを抑えてヤセを手に入れられるのも嬉しい点です。

 

炭酸水は、自分で手作りして使います。そこで、今回は炭酸の基礎知識について、まとめてみました。

 


 

Free-Photos / Pixabay

 


炭酸のつくりかたについて

 

自分で炭酸水をつくる・・・と聞いて、ひるんでしまった方もいるかもしれません。
でも、炭酸水の作り方は、とってもカンタンです。誰にでも作れます。あんまりカンタンで、びっくりしてしまうかもしれません。飲んでみると、ちょうどいい感じの微炭酸になります。

 

炭酸飲料の強い「シュワシュワ~」が苦手な方でも、手作り炭酸水なら、無理なく飲めるはず。

 

ちなみに、市販の炭酸飲料は、水にガスそのものを溶かしてつくります。だから、今回のダイエットで使う炭酸水とは、作り方自体が違います。

炭酸水の材料は重曹と水

 

炭酸水をつくるもとになるのは重曹です。重曹、といえば、お掃除に使うイメージです。これを口に入れて大丈夫? と心配になる方もいるかもしれません。でも、医療用や食品用の重曹を使うので、問題はありません。お掃除に使う重曹とは、精製度が違います。ただ、重曹の入れすぎには注意しましょう。

 

重曹はナトリウムを含みます。食事の度に、たくさん炭酸水を飲んでいたら、自然と摂取する重曹も増えてしまいます。重曹を体に入れる量は、1日5gまでにしましょう。

市販の炭酸水をダイエットに使う

 

忙しくて炭酸水を手作りするのはムリ、炭酸水を買って手軽にすましたい、という方は、市販の炭酸ウォーターを使うのもアリです。

 

パッケージを確認し、「ナチュラルミネラルウォーター(天然微炭酸入り)」もしくは「発砲水」と書かれているものを選びましょう。または「無糖炭酸」と書かれている、0kcalのものも使えます。

 

ここで注意したいのは、市販品を使えるとはいえ、「炭酸ジュース」は使わない、ということ。

 

炭酸ジュースには言うまでもなく、砂糖がたっぷり入っています。

 

炭酸水は満腹感と爽快感を与えてくれてしまいます。だから、ダイエットをするときに、食欲コントロールに役立ちます。でも、炭酸ジュースを飲んだら、せっかくのダイエット効果が台無しです!

 

炭酸水を選ぶときには、必ず無糖炭酸を選びましょう。0kcalのものを選びます。

 

 

>>>炭酸水で食欲コントロールへ戻る

 

>>>炭酸水の作り方へ進む

 

 

stevepb / Pixabay