タグ:効果の記事一覧

タグ:効果
えのき氷ダイエットの効果・作り方大検証!
えのき氷ダイエットの効果・作り方大検証!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

えのき氷ダイエットが密かにブームを得て人気になっていることご存知ですか?

 

そもそも、ためしてガッテンやはなまるマーケット、ヒルナンデスなどの人気テレビ番組で取り上げられたことから始まったブームなんですが、

 

えのき氷ダイエットとは、えのきを氷にして色んな料理に使うダイエット方法なんです。がここで、ダイエット以外にも美肌効果や生活習慣病・糖尿病の改善にも期待できると言うことが解って更に人気に拍車がかかったということなんです

そこでここでは、えのき氷ダイエットのやり方と効果や、えのき氷の作り方など詳しく検証していきます。

えのき氷ダイエットの効果

 

えのき氷とは?

えのき氷と言われているのは、エノキをペースト状として炒めて凍らせてストック出来るようにした品です。

 

エノキというのは手を加えないで摂り入れても、低いカロリーで食物繊維も満載のものでイチ押し食材なんですけど、ペーストに変更するやり方でキノコキトサン等のような吸収率がグンと跳ね上がるのです!

キノコキトサン

えのき茸の中には、それ以外のきのこに比べるとより大量の『キノコキトサン』といった成分が包含されています。

 

キノコキトサンは、食事として口に入れた油分の吸収を50%近くもカットしたり、前から存在する既存の脂肪を燃やしてくれる効果を発揮します

 

このような、きのこキトサンは、えのき茸の細胞壁にありますので、ペースト状を選択することが必須条件となるんです

 

えのき氷の中には、乾燥しがちな肌やシワが気掛かりな人にありがたいトレハロースが内包されています!

トレハロースは、植物や動物、微生物の体内にも存在する天然の糖質です。

トレハロースは自然界にも多く存在しており、海藻類やキノコなどに多く含まれていることが分かっています。

えのき氷の作り方

材料
エノキ:300g
水:400ml

 

エノキ氷を作るには、お鍋・ミキサー・製氷機が必要です。
  エノキタケは、水で洗うと栄養分や旨味成分が溶け出してしまうのでやめましょう。
石づき部分を切った後に土などが気になる人は、下の方だけ少し水をかける程度にしましょう。

 

作り方

1.エノキの石づき部分を切り落として、ざく切りにします
2.ミキサーにカットしたエノキを入れ、水400mlを入れて30秒くらいかけてペースト状にします
3.鍋に移して焦げないように弱火で60分混ぜながら煮詰めます
4.火を消してあら熱を取ります
5.製氷機に流し込んで、冷凍庫で凍らせたら完成!

 

ここで気になるのが3番「鍋に移して焦げないように弱火で60分混ぜながら煮詰めます」ですよね。メンドウ…と思ってしまいます。でもこれが大事なんです。

ペースト状にして弱火においてじんわり1時間煮詰めることにより、キノコキトサン、β―グルカン、アミノ酸、ペプチド遊離脂肪酸などといった有効成分が抽出されるというわけです。

 

ついでながら凍らせるというのもエキス抽出のことを狙った大切な工程というわけです。 ちょっとだけ面倒くさいかも知れないけれど、こういった工程が実効性を発揮させるということなのですね!

えのき氷を使ったおすすめメニューは

お勧めは、エノキ氷はお味噌汁に加えたり、炊き込みご飯に加えたりすることです。そうすることでコクが出てきて旨いんです。

他には、たまご焼きの出し味や、コンソメ、カボチャなどのスープやカレーなどに加えるのもよさそうです。

 

では、参考までに「えのき氷」の作り方動画を紹介しておきますね。ご覧になってください。。。

 

 

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

えのき氷、常備しておきさえすれば多彩な料理に活用できるので重宝しそうと言えますね。

10kg痩せであったりビックリするほど効果的であると噂のエノキ氷ではありますが、ただ、これのみ食していたとしたら痩せるという訳ではないと言えます。

大切なことは、常日頃のバランスの良い食事を肝に銘じるという事が大事です。

えのき氷が気になる方、ぜひ料理に取り入れてみたいと思われる方、試してみてはいかがでしょうか。

 

リンゴ酢ダイエットは飲みやすく効果有り!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

お酢と比較してみても飲みがっての良いリンゴ酢を使用したダイエットはたくさんの人がチャレンジしています。そのようなダイエットや健康維持に活用されるリンゴ酢とはどんなものなのでしょうか?。

簡単に調べてみることにしました。

 

リンゴ酢はリンゴ酒を発酵させて作り出します。一般のお酢より刺激臭や酸味が薄いので、酸の独特な風味が抵抗感がある人はリンゴ酢にトライしてみることをおススメします。

人それぞれに抵抗感がある、酢のあの酸っぱさは酢酸になります。

リンゴ酢には不揮発性のコハク酸、クエン酸、リンゴ酸が酢酸に代わって多く組み込まれています。それで揮発性の酢酸の香りが和らぐということなのです。

リンゴ酢には腸内環境を改善し、腸の善玉菌を生かす有機酸が多く配合されています。

有機酸は悪玉菌の働きに歯止めをかける効果も生じるため、腸の調子が向上します。

腸の働きを活発化させて、便秘解消する可能性が高いといったこともリンゴ酢ダイエットが効果的な理由です。

リンゴそのものに含まれるペクチンは腸の運動を活性化させ、腸内のビフィズス菌を増加させ善玉コレステロールも増やす効果を見せてくれますが、リンゴ酢はリンゴの成分を含むのでもちろんペクチンは含まれています。

リンゴ酢には、ミネラルが多量に含有されていて、身体中に蓄積された塩分を排出して貰えますから、利尿促進作用があり、むくみの解消にも効果的です。このような理由から、リンゴ酢はダイエットに向いたお酢といえます。

ダイエットのためにリンゴ酢を飲む場合、だいたい大さじ2杯程度を一日に摂取することで効果が期待できると言われています。

ダイエット効果を得るには、毎日きちんとリンゴ酢を飲み続けることが大事となります。

他の種類のお酢と比較してリンゴ酢は飲みやすく、毎日続けていくといった場合も思いの外苦にならないと思われます。

 

黒酢ダイエットの効果とは?その飲み方は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

黒酢健康によくダイエット効果もある一品ということで、確実に高い評価を得ています。

長い期間じっくりと熟成されて作り上げられる黒酢は、中国では色々な料理に使用されています。

黒酢は長期間の熟成を経過して、健康に効果抜群の酢酸やクエン酸、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を増加させます。

特徴としては、疲労回復に効果があるアミノ酸という物質は、黒酢にはよく知られている米酢の約6倍という風にも言われています。

 

 

人間の体を作るたんぱく質はアミノ酸からできています。

アミノ酸は体の疲労回復や脂肪燃焼を活発化させる重要な成分になっており、また、むくみの解消や利尿効果、お通じが改善される効果ある点がダイエットに期待が持てます。

黒酢ダイエットを行なうつもりなら、日に30ml程度を目標にして飲み続けるとダイエットの結果も期待出来ると言われています。

黒酢を摂り込む時間帯に関してですが、やはり食後が安心できると思います。なぜなら、すきっ腹に酢を摂取すると胃にダメージになってしまいかねませんし、黒酢の食欲増進効果から食事前の摂取は食べすぎのリスクがあります。

酸っぱさが抵抗感がある場合は、1日大さじ2杯の黒酢に対して水1カップ程度で薄めると飲みやすくなります。夏場は冷やした黒酢ドリンクでもいいですし、回数を分けて飲みやすい分量で飲んでもいいでしよう。続けて黒酢を飲むことか、効果的な黒酢ダイエットの注意点です。

効率良くダイエットを行なうようにする為には、あなたが納得できる黒酢の飲み方や摂取習慣を作って実践することだと言えます。

 

『イギリスのクレーブス博士のクエン酸サイクル学説(ノーベル生理学賞受賞)ですべてを解明しています。肥満の原因と言われる炭水化物、タンパク質、脂質の3種類の食物は体内で栄養素として吸収し、クエン酸をはじめ8種類の酸に変化します。これを「クエン酸サイクル」と言います。このクエン酸サイクルが円滑に働かないと太ってしまいます。黒酢はこの働きを強力に助けています。』

 

酢で直接やせるということよりも、体に必要なものが入ってくることで体調がよくなり、やせることができる体質になる・・・ということだと思います。

が、痩せれるんなら効果はあるということなんじゃないでしょうかね、如何ですか・・・