タグ:レシピの記事一覧

タグ:レシピ
アンチエイジングに役立つレシピ
アンチエイジングに役立つレシピ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

アンチエイジングな食生活に役立つレシピをご紹介します。

 

~サケの南蛮漬け~

 

 

アスタキサンチンやビタミンE、ポリフェノールなどのアンチエイジング成分をたっぷり含むレシピです。お酢で味付けすることで、塩分の摂りすぎを控えるのにも役立ちます。
レモンの酸味が、味を引き締めてくれます。レモンは皮ごと食べるのがおすすめ。できれば無農薬のレモンを使うと安心です。
つけ汁の水分を軽く飛ばしておくと、玉ねぎの水分で味が薄まりません。
サケは塩が添加されていないものを選ぶのもポイントです。

 

★材料(4人分)

生鮭500g
塩小さじ1
米粉(又は薄力粉) 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
玉ねぎ大1個
ごぼう1/2本
レモン1個
かつおだし 150ml
醤油大さじ8
(黒)砂糖大さじ6
酢大さじ10
赤唐辛子

 

★作り方

①かつおだし、しょうゆ、砂糖、酢、赤トウガラシを鍋に入れ、沸騰させ、1分間加熱します。軽く水分を飛ばします。皮をよく洗って薄切りしたレモンを加えます。

 

②玉ねぎは薄切りにして水にさらします。ゴボウを短冊切りにして、30秒ゆでてみずにあけ、水気を切ります。

 

③鮭をぶつ切りにします。分量の塩をまぶします。水分が出たら、キッチンペーパーなどでふき取りましょう。

 

④フライパンにオリーブオイルを熱し、粉をまぶしたサケを両面焼きます。

 

⑤焼いたサケ、玉ねぎ、ゴボウを容器に入れて、①のつけ汁をかけ、冷蔵庫で1時間置いて完成です!

 

 

~ブロッコリーのポタージュ~

 

 

アンチエイジング食材の豆乳を使ったポタージュです。このレシピでは、ブロッコリーの一番栄養価の高い茎を使います。
この部分は、皮をむいてゆでて食べるには少量だし、捨てるのはもったいない部分だったりします。そこで、ポタージュにすると、有効活用できます
ジャガイモのトロミで、滑らかになって食べやすくなります。

 

★材料(4人分)

ブロッコリー(茎を含めて)150gくらい
ジャガイモ中1個(160g)
豆乳 300cc
牛乳200cc
コンソメキューブ 1個
塩小さじ1/2位
生クリーム(コーヒーミルク) 適量(1個)
パセリ(みじん切り) 適量

 

★作り方

①ブロッコリーは茎の周りの硬いところを削り、ゆでます。ジャガイモを電子レンジでチンして皮をむきます。

 

②豆乳と牛乳をミキサーで混ぜます。

 

③鍋に②を映し、コンソメと塩を入れ、弱火で温めます。

 

④器によそって生クリームをかけ、パセリのみじん切りをふって完成!

 

 

~カラフル野菜のマリネ~

 

 

アンチエイジングに欠かせないビタミンA。抗酸化作用が高く、若返り効果があります。ビタミンAは脂溶性なので、オイルを使って傷めると、吸収率が上がります。マリネの酸味で塩分を控えるヘルシーな味付けができます。

 

★材料(2人分)

さつま芋約50グラム
かぼちゃ約50グラム
レンコン約50グラム
玉ねぎ1/2個
パプリカ(赤・黄)1/2個ずつ
ブロッコリー1/2株
ミニトマト4個

マリネ液
お酢大さじ3
オリーブオイル大さじ3
はちみつ 小さじ2
塩・胡椒・オレガノ適量

 

★作り方

①サツマイモ、カボチャ、レンコンを乱切り、たまねぎを細切りにして耐熱皿でラップをかけ、500Wで1分間加熱します。

②パプリカとブロッコリーを塩ゆでしてざるに上げます。ミニトマトを洗い、水気をふき取ります。

③マリネ液の材料をボールであわせます。

④マリネ液に①と②の野菜を20~30分漬け込んだら完成!

 

>>>アンチエイジングな食べ方へ戻る

 

>>>アンチエイジングに役立つ食材①に進む

 

ビタミンEがたっぷり摂れるレシピ
ビタミンEがたっぷり摂れるレシピ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

アンチエイジング成分であるビタミンEをたっぷり含む食材を使った料理を食べて、若々しい見た目を手に入れましょう!

 

ビタミンEを豊富に含む食材によるおいしいレシピをご紹介します。

 

 

~アーモンドとクリームチーズのパスタ~

 

rawpixel / Pixabay

 

ビタミンEをたっぷり含み、アンチエイジング、ダイエット、美容に役立つヘルシーメニューです。アーモンド好きにはたまりません。

 

材料(2人分)

パスタ(スパゲッティ等)200g
アーモンド(素焼き)20g(約20粒程)
クリームチーズ(ポーションタイプ)2個
オリーブオイル 大さじ2
塩小さじ1/2 

 

作り方

①アーモンドを粗く刻みます

②塩をひとつまみ入れた熱湯でパスタをゆでます。

③耐熱容器にオリーブオイル、クリームチーズ、塩を入れて、電子レンジで20~30秒加熱して、クリームチーズを溶かします。

④①のアーモンドを1つまみトッピング用に残し、残りを③に加えます。

⑤ゆで上がったパスタに④のソースを絡めて、よく混ぜ合わせ、トッピング用に残しておいたアーモンドをふりかけ、完成。

クリームチーズは冷めるとすぐ固まって、パスタとからみづらくなります。

パスタをゆでたらすぐ、熱いうちにからめるのがポイントです。

 

 

~牡蠣とかぼちゃのオイスター炒め~

 

Free-Photos / Pixabay

 

カボチャのビタミンE、ベータカロチン、ビタミンCを摂取できます

ビタミンEとビタミンCが一緒に摂れるカボチャを使うと、アンチエイジング効果が上がりますよ!牡蠣は亜鉛や鉄、タウリンが豊富。

 

材料(2人分)

牡蠣(加熱用)150g
かぼちゃ(薄切りに)150g
オリーブオイル 大さじ1
片栗粉 大さじ1
オイスターソース 大さじ1/2
酒大さじ1
しょうゆ小さじ2
みりん 小さじ1
水大さじ1   

 

作り方

①カボチャは5㎜幅のいちょう切りにします。
シリコンスチーマーに水を30㏄入れて3分間、電子レンジで温めます(500wの場合)。

②牡蠣を塩水で洗い、2、3回水で洗い流し、ザルにあげます。
キッチンペーパーで水気を軽く拭き取りましょう。

③牡蠣は片栗粉をまんべんなく薄くつけます。
フライパンにオリーブオイルを熱し、牡蠣を両面こんがり焼きます。

④調味料を混ぜ、③に加えて中火で炒めて煮詰めます。
とろみがついて、水分が残っている状態で火を止めます。

⑤①のカボチャをお皿に並べて、上に④を乗せ、ソースをかけて出来上がり。

 

 

~アボカドのケークサレ~

 

coyot / Pixabay

 

アボカドをまるごと1個使った、クリーミーでしっとりした食感のケーキサクレです。

アボカドはビタミンEが豊富。

 

材料

アボカド1個
玉ねぎ1/4個
ベーコン3枚
卵2個
牛乳100cc
砂糖大さじ1
薄力粉100g
ベーキングパウダー 小さじ1
溶けるチーズお好み
塩、こしょう少々
オリーブオイル 少々 

 

作り方

①薄切りにしたタマネギ、1センチ幅に切ったベーコンをオリーブオイルでしんなりするまで炒めます。
塩コショウで味を調えます。

②アボカドを2センチ角にざっくり切ります。

③ボウルに卵を割り入れ、牛乳と砂糖を加えて混ぜます。
薄力粉、ベーキングパウダーをふるいにかけて加え、混ぜ合わせます。

④③に①②と溶けるチーズを混ぜます。

⑤型に流しいれて溶けるチーズをのせます。

⑥180度のオーブンで40分焼き焼き色がついたら出来上がり。

 

>>>ビタミンEを多く含む食べ物へ戻る