タグ:ダイエットの記事一覧

タグ:ダイエット
ダイエット成分、L-カルニチンを肉で摂取する
ダイエット成分、L-カルニチンを肉で摂取する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

一般的な日本人の食事は豆と魚をたんぱく源とするもので、肉の摂取量は少ないものでした。最近では、食文化が西洋化して、お肉を食べる日本人が増えています。

 

食文化の西洋化と健康との関係については賛否両論あるのですが、少なくともL-カルチニン摂取によるダイエットという意味では、食事に肉食をとりいれるのは良いことです。

 

肉類には、良質の動物性たんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

ダイエット中でも、体の健康維持のためにはぜひ食べたい食材です。

 

ダイエット中は、お肉を控えてしまいがちですが、お肉は実は、糖質の代謝に役立ってくれるんですよ。今流行りの糖質制限食に関するお薦めの情報はこちらが詳しいサイトですよ。

 

>>糖質制限中!だからこそ役立つ低糖質情報サイト<<

 

 

 

糖質の代謝と大きな関係があるビタミンB1は、豚肉に多く含まれています。

 

また、脂質の代謝に必要なビタミンB2はレバーに多く含まれており、ダイエット中に食べるのがおすすめです。

 

そしてL-カルチニンですが、これは脂肪の代謝を促してくれる成分です。

赤身肉に多く含まれています。

 

牛肉は、顔色を若々しくしてくれ、貧血防止の効果がある鉄分を豊富に含みます。

ただし、いくらL-カルチニンでダイエットの名目として肉類を食べるとしても、

食べ過ぎはやっぱりいけません。1日に食べたい適量というものがあります。

 

1日のそう摂取カロリーが1600kcalなら、約100g分にとどめておきましょう。

食べ過ぎはいけません。

 

焼き肉を食べたら、翌日はお肉を控えるなどして、適度に食べつつ、量をコントロールするようにしましょう。

 

お肉でL-カルチニンを摂取しつつ、カロリーオーバーをコントロールする方法があります。それは、カロリーが高い脂身をよけて食べる、というやり方です。

 

脂身や皮は、赤身の3倍程度のカロリーがあるので、それを取り除いて食べるだけでも、大幅にカロリーダウンできます。

 

u_rt5bpvly / Pixabay

 

 

鶏肉はヘルシーというイメージがありますが、鶏皮も一緒に食べてしまうと、カロリーが一気に上がってしまいますよ。脂があると、うまみが乗って、お肉がおいしいものですが、ダイエットのためには控えたほうが無難です。

 

例えば、国産牛サーロイン肉1枚(200g、ステーキサイズ)の場合、カロリーは668kcalとなりますが、このうち脂身と残った肉のカロリーを比べてみると、以下のようになります。

 

脂身だけ…309kcal

切り取った後の肉だけ…359kcal

 

なんと、あんなに小さい脂身だけで、

残りの肉と同じ量のカロリーがあるわけですね!

 

脂が少なくヘルシーな豚ロースは、豚ロース肉1枚(110g、とんかつサイズ)だと、

カロリーは289kcalとなります。

 

脂身がついていても、サーロイン牛肉に比べると大幅にカロリーは低くなるのですが、

さらに脂身をのぞくと、カロリーが半減します。

その内訳は次の通り。

 

脂身だけ…148kcal

切り取った後の肉だけ…141kcal

 

ちなみに、枝肉に比べて内臓肉はローカロリーになります。

焼き肉で言うと、カルビは枝肉、ハラミが内臓肉です。

 

 

>>ダイエット成分として注目のL-カルニチンへ

 

 

 

ダイエット成分L-カルニチンを効果的に摂取しよう
ダイエット成分L-カルニチンを効果的に摂取しよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

脂肪を燃焼させる、というと、体に蓄えられた脂肪を燃やすというイメージが強いかもしれません。しかし、体というのものがまず燃やすのは、食事で食べた脂肪のほうです。食事からとった脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換するのが先です。

 

 

エネルギー源として燃やされなかった脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪となって、蓄積されます。この脂肪燃焼のパターンを知って、L-カルニチンを効果的に取り入れることが大切です。

 

 

肉や食用油など、食事からとった脂肪は、食後に少しずつ燃やされて、4~6時間後に燃焼がピークとなります。そのときに、L-カルニチンが十分な量、体内にあると、食べた脂肪の燃焼を促進することが分かっています。

 

 

つまり、食事の後にじゅうぶんな量のL-カルニチンがある状態にしておくと、

脂肪が蓄積されにくくなるのです。L-カルニチンを適切に働かせてダイエットするためには、その摂取頻度、摂取量、そして摂取タイミングに気を付けることが有効です。

 

 

stevepb / Pixabay

 

 

L-カルニチンの摂取頻度

 

栄養素というのは、摂取して比較的短時間に効果が出やすいものと、継続的に摂取することで効果が出るものの2種類があります。

 

L-カルニチンは後者の「継続摂取」で力を発揮しやすい栄養素です。

 

短期間のダイエットのときだけではなく、継続的に摂取することで、

より確実にダイエットしやすくなります。

 

 

 

L-カルニチンの摂取量

 

L-カルニチンの必要量は、その人の生活習慣、体質により変わってきます。

 

一般的には200㎎~500㎎の継続的な摂取がよいとされます。

 

L-カルニチンは、野菜や果物にはほとんど含まれていません。主に、肉類の赤身に含まれている成分です。なので、豆や魚を主な蛋白源とする和食の場合、じゅうぶんな量をとることは難しいと言われています。

 

日本人の平均1日当たりの摂取量は75㎎だということからも、これが分かります。

たとえば、牛肉1㎏なら、約700㎎のL-カルニチンが含まれています。

 

しかし、現実的に考えて、そんなにたくさん牛肉を食べることはできませんよね。

かえって余計な脂肪をとりこんでしまって、太ってしまいかねません。また、消化器系への負担も大きくなります。

 

その意味でも、量が不足しているなと思ったら、適宜サプリメントを利用するようにするといいかもしれません。

 

 

L-カルニチンの摂取タイミング

 

L-カルチニンを摂取するタイミングとしては、とくにルールはありません。

朝摂取しても、夜に摂取しても取り込まれる量は同じです。

(あんまり遅い時間に食べると脂肪として蓄積されてしまいますが)、

 

L-カルチニンを、毎日少しずつ、筋肉などの体内にためていくようにしましょう。

 

いつに食べるということを決めておいて、ライフスタイルに合わせて、ムリなく、継続的に摂取するのがいいですね。ちなみに、スポーツをしない人に比べて、スポーツをしている人のほうが、L-カルチニンを摂取して、体内で働かせやすくなるという研究結果があります。

 

適度な運動をプラスするといいですよ。

 

 

えのき氷ダイエットの効果・作り方大検証!
えのき氷ダイエットの効果・作り方大検証!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

えのき氷ダイエットが密かにブームを得て人気になっていることご存知ですか?

 

そもそも、ためしてガッテンやはなまるマーケット、ヒルナンデスなどの人気テレビ番組で取り上げられたことから始まったブームなんですが、

 

えのき氷ダイエットとは、えのきを氷にして色んな料理に使うダイエット方法なんです。がここで、ダイエット以外にも美肌効果や生活習慣病・糖尿病の改善にも期待できると言うことが解って更に人気に拍車がかかったということなんです

そこでここでは、えのき氷ダイエットのやり方と効果や、えのき氷の作り方など詳しく検証していきます。

えのき氷ダイエットの効果

 

えのき氷とは?

えのき氷と言われているのは、エノキをペースト状として炒めて凍らせてストック出来るようにした品です。

 

エノキというのは手を加えないで摂り入れても、低いカロリーで食物繊維も満載のものでイチ押し食材なんですけど、ペーストに変更するやり方でキノコキトサン等のような吸収率がグンと跳ね上がるのです!

キノコキトサン

えのき茸の中には、それ以外のきのこに比べるとより大量の『キノコキトサン』といった成分が包含されています。

 

キノコキトサンは、食事として口に入れた油分の吸収を50%近くもカットしたり、前から存在する既存の脂肪を燃やしてくれる効果を発揮します

 

このような、きのこキトサンは、えのき茸の細胞壁にありますので、ペースト状を選択することが必須条件となるんです

 

えのき氷の中には、乾燥しがちな肌やシワが気掛かりな人にありがたいトレハロースが内包されています!

トレハロースは、植物や動物、微生物の体内にも存在する天然の糖質です。

トレハロースは自然界にも多く存在しており、海藻類やキノコなどに多く含まれていることが分かっています。

えのき氷の作り方

材料
エノキ:300g
水:400ml

 

エノキ氷を作るには、お鍋・ミキサー・製氷機が必要です。
  エノキタケは、水で洗うと栄養分や旨味成分が溶け出してしまうのでやめましょう。
石づき部分を切った後に土などが気になる人は、下の方だけ少し水をかける程度にしましょう。

 

作り方

1.エノキの石づき部分を切り落として、ざく切りにします
2.ミキサーにカットしたエノキを入れ、水400mlを入れて30秒くらいかけてペースト状にします
3.鍋に移して焦げないように弱火で60分混ぜながら煮詰めます
4.火を消してあら熱を取ります
5.製氷機に流し込んで、冷凍庫で凍らせたら完成!

 

ここで気になるのが3番「鍋に移して焦げないように弱火で60分混ぜながら煮詰めます」ですよね。メンドウ…と思ってしまいます。でもこれが大事なんです。

ペースト状にして弱火においてじんわり1時間煮詰めることにより、キノコキトサン、β―グルカン、アミノ酸、ペプチド遊離脂肪酸などといった有効成分が抽出されるというわけです。

 

ついでながら凍らせるというのもエキス抽出のことを狙った大切な工程というわけです。 ちょっとだけ面倒くさいかも知れないけれど、こういった工程が実効性を発揮させるということなのですね!

えのき氷を使ったおすすめメニューは

お勧めは、エノキ氷はお味噌汁に加えたり、炊き込みご飯に加えたりすることです。そうすることでコクが出てきて旨いんです。

他には、たまご焼きの出し味や、コンソメ、カボチャなどのスープやカレーなどに加えるのもよさそうです。

 

では、参考までに「えのき氷」の作り方動画を紹介しておきますね。ご覧になってください。。。

 

 

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

えのき氷、常備しておきさえすれば多彩な料理に活用できるので重宝しそうと言えますね。

10kg痩せであったりビックリするほど効果的であると噂のエノキ氷ではありますが、ただ、これのみ食していたとしたら痩せるという訳ではないと言えます。

大切なことは、常日頃のバランスの良い食事を肝に銘じるという事が大事です。

えのき氷が気になる方、ぜひ料理に取り入れてみたいと思われる方、試してみてはいかがでしょうか。

 

ダイエットの最新事情と食べる順番
ダイエットの最新事情と食べる順番
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

ダイエットの最新事情として言えることは、ダイエットの研究は、日々進化しているということです。

 

特に、肥満が糖尿病をはじめとする生活習慣病を引き起こす大きな要因として考えられるようになって以来、美容関係者以外に、医療関係者もこぞってダイエットに関する研究者を行うようになりました。

 

今までも数限りないほど、“◯◯ダイエット”なるものが流行り、まるで流行病のごとくブームが過ぎると消えていっていますよね。

 

しかしこれらもほとんどが、非常に信頼性の高い研究結果があればこそ世に出たんだと思うんです。

 

では、ダイエットの最新事情はどのようなことに重点を置いて研究されているのでしょうか?

 

調べてみると以下の点が重視されているそうです。

 

 


 

 


 

 

ストレスはダイエットの邪魔をする

 

食べたいものを食べられない・・・というストレスは、結果的に痩せることを邪魔してしまいます。だから、なるべくストレスの起きにくい方法でダイエットするべきなのです。

 

また、食事制限をすることにより、脳が飢餓感を覚え、代謝を低くしてしまいます。そして、筋肉や骨などの体組織を減らして飢餓に打ち勝とうと(そんなことはしなくていいのですが・・・)します。

 

痩せたいために、食べたいものをガマンしていると、代謝が落ちて痩せにくい体質になるうえに、骨や筋肉などの体組織は減少し、不健康になるんです。

 

つまり・・・いいことなんて、ゼンゼンないんです。

 

 

 

カロリーの高い食べ物は、日中に食べると太りにくくなる

 

揚げ物などの高脂肪食がそれにあたります。肥満の原因物質であるBMAL1は、時間帯によって数が変わります。

 

BMAL1の数値が高いほど、脂肪がたまりやすくなります。

 

BMAL1の数値が低いほど、脂肪をためにくくなります。

 

1日のうち、最も高い時間帯と低い時間帯とでは50倍もの差があります。BMAL1の数値が最も高くなるのは午後2時~3時です。一番低い時間帯は午後10時~午前2時です。

よく噛んで食べると、内臓脂肪が燃えやすくなる

 

脂肪組織の中で、一番交感神経の影響を受けやすいのが内臓脂肪です。交感神経の働きが高まれば、内臓脂肪が分解されやすくなります。また、よく噛んで食べると、脳内物質「ヒスタミン」の分泌量が増加します。

 

ヒスタミンは交感神経を活発に働かせる作用がありますヒスタミンが分泌されると、少ない食事量でも満腹感が得られやすいため、食べ過ぎ防止にもなります。 

 

よく噛んで食べると、消化にもいいですね。

 

噛めば噛むほど、唾液が分泌されやすくなり、食べ物の消化吸収率が高まります。
唾液に含まれる消化酵素「アミラーゼ」は、唾液を分解して麦芽糖を作ります。

 

朝食を食べることが痩せ体質につながる

 

一日三食、きちんと食べることにより、体内時計が正常化します。これにより、脂肪が燃えやすくなるのです。

負担のかかるダイエットは、寿命を縮める

 

「美人薄命」とは言われますが、美を意識して過激なダイエットをするのは禁物。
やっぱり長生きしたいですものね。

 

そして注目は次の項目・・・

 

食事は野菜から食べ始めると、体脂肪が合成されにくくなる

 

これぞまさに、「食べる順番ダイエット」!

 

最新のダイエット研究でもまた、食べる順番を考えるうえで、野菜を最初に食べることで、血糖値が抑えられ、体脂肪が形成されにくくなる、と考えられているのです。

 

とってもシンプルなダイエット法ですが、最新事情を組み入れた、オン・ザ・エッジなダイエットなわけです。

 

>>>食べる順番ダイエットのやり方へ進む