2019年03月の記事一覧

月別:2019年03月
素膚の乾きが気になる場合にする肌ケアにて気にすることは何?
素膚の乾きが気になる場合にする肌ケアにて気にすることは何?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

素膚の乾きが気になる場合にする肌ケアは、どのコスメを使ってくかも不可欠なわけですが、他にも乾いている皮膚をより効果的に良くするためにきちんとした洗顔方法を覚えていくことも大事なことです。

 

ちょっとだけアイデアを出したりひと手間をかけてみることで外皮の乾きを防ぎます。

 

きちんとクレンジングクリームを手の平で泡立て、汚れている箇所をホワッと包んでくるくると弧を描いていくのが原則となる適切な顔の洗い方になります。

 

お湯で顔を洗っていると乾燥している素肌が更に悪化しやすくなってしまうので、ぬるま湯を使ってみるのが不可欠です。

 

つるつるの肌を身につけるからには乾燥してる皮膚の立て直すことは大切なのです。

乾燥状態の大部分の誘引は水分不足と捉えられている方たちがたくさんいますが、潤いのみが満ち足りていてもだめです。

 

適切な量であれば油の成分も外皮へもたらしてあげると尚一層スピーディーに改善出来ます。今の対策のみにとどまらないで、生活スタイルを直すことも乾いている外皮の変化にとって重大です。

 

荒れた生活についての習慣の治療には嬉しいことに色素斑の改善だったり吹き出物を直すのにも結びつきますから、手っ取り早く美肌を入手するために必要です。

 

カサカサの皮膚を治すのにビタミンCが大事になります。スキンケアグッズだけじゃなく、他には食べるものからも摂ることを目標にしていきましょうね。

 

ビタミンCと言うと柑橘類と言われますけれど、緑黄色野菜を温かい野菜にした後で食べれば水溶性ビタミンが十分に摂れてしまうのでお勧めです。

 

 

JerzyGorecki / Pixabay

 

 

 

乾燥肌がひどい時の美肌のためのケアにて気を配る点

 

パサつく肌膚はありとあらゆる外皮のいざこざを生み出す原因になってしまう場合があります。

 

しかし改善することだって出来るので日々の生活での潤い対策を行ううえで表皮の治癒を常日頃から気遣うことで、いくら手間隙がかかったとしてでも状態の良い外皮になることができるわけです。

 

ツルツルの肌を手に入れるからには、乾燥状態の皮膚の改善が必要です

 

乾燥状態のきっかけが潤いが満ち足りていないことと捉えられてる人も多数いますが、潤いだけが備わっても解決しません。適切な量であれば油の成分も表皮にもたらしてあげるとより素早く改善できるのです。

 

白く透き通るような肌が目標だけど、それ以前に乾いている素肌が悪化して自身に合ってる化粧水が見つけられてない人もいるかもしれません。

 

白くキレイな肌に効果がある美しく白い肌を作る構成物は効力が酷い商品もたくさん売っていますが、中には低刺激で外皮を守ってくれるものも結構多く存在しています。

 

乾いている肌膚を放っておくことも深々とした大きなしわが寄る元になり得ます。

 

例えるとすれば外皮は自分自身の土性であるとして、土性がさびれ果てている時はどれほど素敵なメーキャップを施されても保持できる力が下がり、更に老いていると思われます。

 

意識を向けながら潤いを保つための対策をすれば脱水が原因で出来てしまうシワを大きくに防ぐことが可能なのです。

 

カサカサの皮膚だと一重に言っても方よっても表皮の有り様は異なります。

 

一握りの人達に作用があるものでも、それが別の方々からすると何1つの効き目も起こらない例があるわけです。

 

なのででたらめに基礎となる化粧品を使ってみるよりも、しっかりと表皮の判断をしてもらって、自分に適するスキンケアグッズや美容クリームを選びましょう。

 

 

Deedee86 / Pixabay

 

 

 

 

JFエッセンスの効果は抗シワ成分“シンエイク”にあり!!
JFエッセンスの効果は抗シワ成分“シンエイク”にあり!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

『JFエッセンス シンエイク原液ケアセット』

 

シンエイクを原液のまま配合した美容液「JFエッセンスS.A」とリンゴ幹細胞エキスを高濃度(2%)配合した美容液「JFエッセンス」、フラーレンやα-アルブチン、EGF、天然セラミドのセレブロシドなどを贅沢に配合した化粧水「JFエッセンスS.Aローション」の3点セットです。

 

 

 

 

シンエイクとは?

 

 

 

 

数年前から、美容アイテムで注目を集めるようになった成分は数多くあるんですが、中でも、1番強烈なイメージを与えたのが蛇毒に似た働きをすると言われている「シンエイク」でしょう。

 

美容成分の「シンエイク」ですが、名前は聞いたことがあっても、それが何なのか知らない方が多いのが現状でしょう。

 

人間は、毒蛇に噛まれると腫れたり噛まれた部分が壊死したりしますよね。

 

蛇の毒には、筋肉を麻痺させて動きを止める働きがあるんです。そんな、筋肉を弛緩させる働きをもつ蛇の毒をヒントに作り出された成分のことで、決して蛇の毒で作られたいるんではないんです。

 

 

実際のところは蛇の毒の機能を検証して、有害性を取り去った成分を人工的に生成しているにすぎませんから、シワやたるみが気に掛かる部位に塗りつけたところで、健康に悪影響を与えることなどありません。

 

従って、シンエイクについての副作用は一切確認されていません。ですから、しわやたるみの解消効果を期待するなら、良質なシンエイクをたっぷりと配合しているコスメを選ぶべきです。

 

 

JFエッセンス シンエイク原液ケアセット』で使用される「シンエイク」は、純度100%原液です。

 

だから、翌朝、ぷるぷる、ピーン

 

 

幹細胞が肌を活性化し衰えた肌が蘇る!

 

 

見た目年齢が劇的に変わる!4ステップ!!

 

あなたは見た目年齢に自信を持てますか?

『JFエッセンス シンエイク原液ケアセット』を使った見た目年齢が劇的に変わる!エイジングケアの4ステップ紹介します。

 

ステップ1、いつもお使いのクレンジング・洗顔でお顔の汚れをしっかり落としましょう。

ステップ2、化粧水「JFエッセンスS.Aローション」を手に取りお肌に含ませるように馴染ませます。

ステップ3、美容液「JFエッセンス」を100円玉大ほど手に取ります。

 

ステップ4、それに「JFエッセンスS.A(シンエイク)」を加えシワの気になる部分に集中して塗り込みます。

 

だから、翌朝、ぷるぷる、ピーン

 

詳しくはこちらで確認

 

 

ビタミンEの本当にすごい効果とは?
ビタミンEの本当にすごい効果とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

ビタミンEというと、「若返りビタミン」というイメージがありますね。

 

エイジングケア作用が高い、抗酸化物質です。

 

私たちの体は、酸素を吸収し、活性酸素を生むようにできています。

 

活性酸素は、私たちの体を外敵から守ってくれるものですが、なんらかのトラブルにより、過剰に生成されてしまうと、私たち自身の体を攻撃してしまいます。

 

体が活性酸素に攻撃されると、見た目年齢が上がって老け顔になってしまいます。もともと、ビタミンEは、不妊症の研究がきっかけで発見されたビタミンであるという歴史があります。

 

ビタミンには、大きく分けて、水に溶ける「水溶性ビタミン」と脂に溶ける「脂溶性ビタミン」があります。

 

 

水溶性ビタミンの代表はビタミンC脂溶性ビタミンの代表がビタミンEです。

 

 

ビタミンCも、エイジングケア効果が高いビタミンCとして知られていますね。

 

天然のビタミンEは、トコフェロール類とトコトリエノール類に分類され、さらにそれぞれα、β、γ、δに分類されます。だから全部で8種類。

 

その中でも、食べ物の中に存在するビタミンEは、αトコフェロールとγトコフェロールがほとんどです。ちなみに、トコトリエノールは、食品中には、ごくわずかしか含まれていません。

 

そのため、栄養的にはあまり重要であないのではないかという見方が一般的でしたが、最近では、血中コレステロール値を下げる作用があるということがわかっています。

 

 

Engin_Akyurt / Pixabay

ビタミンEは、脂溶性ビタミンです。脂からできている細胞膜にあり、活性酸素の攻撃から、細胞膜を守るのがそのはたらきです。

 

体内にある脂質が酸化すると、過酸化脂質となります。

 

過酸化脂質は活性酸素と同じく、老化や、生活習慣病を引き起こしてしまうものです。

とくに、40代になると、血中の過酸化脂質の量が急激に上がります。ビタミンEには、そんな脂質の酸化を防いでくれる役割もあるのです。

 

まさに、若返りのためのビタミンですね!

 

ビタミンEを多く含む食べ物は、アーモンドや落花生などのナッツ類。

また、植物油、ナッツ油にも豊富に含まれます。

 

脂っこい食べ物にばかり含まれているのかと思いきや、野菜にも含有量が多いものがあります。たとえば、ホウレンソウ、カボチャなど。

 

木綿豆腐、レモン、キウイ、卵、たらこ、いわし、うなぎにもたくさん含まれています。

 

ビタミンEの1日の摂取目安は、成人なら8㎎です。上限の量は800㎎です。

 

 

目安というのは「最低限必要な量」ということで、「これだけとっておけば十分な量」というわけではないことに注意。

 

ビタミンEの健康効果を得るには、1日最低、100~300㎎は摂取しておいたほうがいいと言われています。

 

ビタミンEの目安量の8㎎を食品から採るとすると、ホウレンソウなら1.5束~2束くらい。

木綿豆腐なら5~6丁。少しの量ですが、食べ物でとろうと思うと、かなり食べないといけません。カボチャなら4分の1。これならいけますね。

 

目安量くらいなら、食べ物から摂ることはできます。

 

>>>ビタミンEの効能へ進む

 

 

DzeeShah / Pixabay

美白に効くビタミンC誘導体
美白に効くビタミンC誘導体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ビタミンCは、美白、抗酸化作用のある成分として知られています。

 

でも、ビタミンCの成分そのものがとてもこわれやすく、不安定のため、化粧品に配合されていても、それを使ってビタミンCの効果が得にくいというデメリットがあります。

 

そこで、そのビタミンCの効果を損なわないように改良して、安定化させたものが

 

「ビタミンC誘導体」です。

 

 

ビタミンCを配合した化粧品は、この世の中にたくさんあります。でも、果たしてそれを使ったからと言って、ビタミンCの効能とされる、美白や抗酸化作用が得られるわけではないことに注意です。

 

ビタミンCをそのまま塗ったとしても、成分がもろいので、ほとんど皮膚に浸透しないでいます。そこで、ビタミンCを誘導体にします。すると、皮膚への浸透力が高まります。

 

それだけではなく、皮膚に浸透してから、ビタミンCに変化する、という特徴があるのです。これは最強です。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性があり、さらに水溶性と脂溶性の両方の性質を持つものがあります。それぞれで違いがあります。

 

 

 

 

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に配合されています。

 

リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどがあります。

 

 

脂溶性ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは本来、水溶性です。

 

しかし、ビタミンCに油を結合させて、エマルジョン状態にしたのが脂溶性ビタミンC誘導体です。水と油が合わさっていて、クリームなどに配合されています。

 

テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルなどがあります。

 

 

水溶性と脂溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体

 

親水性と親油性があり、浸透力がさらに高まります。

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)がそれにあたります。

 

ビタミンC誘導体は、いろいろな美容効果があります。

 

抗酸化作用、ターンオーバーを高める作用、色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、お肌を滑らかにする作用など。数え上げるときりがありません。それだけビタミンCがすごいということですね。

 

ビタミンCの効能を、そのままこわれないようにすると、こんなにすごい美容成分となるわけです。

 

ビタミンC誘導体のうち、分子が小さく、浸透しやすくしたタイプのものは、真皮でコラーゲン生成を促す効果があります。しみやしわ、お肌のたるみなど、いろいろなトラブルに効果があるのです。

 

ビタミンC誘導体は、美容にいい成分です。

 

でも、どれだけ使っても大丈夫、使えば使うほど効果が高まる・・・というわけではありません。使いすぎると、かえって肌トラブルを招いてしまいます

 

皮脂のコントロールにはたらきかえるので、もともとお肌が乾燥している方は、皮脂の量が減って、お肌が乾燥してしまいます。それがもとで、お肌がデリケートな状態になってしまうおそれがあります。

 

ビタミンC誘導体を使う時は、自分の肌タイプをしっかり把握し、適切なケアをしましょう。

 

>>>ビタミンC誘導体の効果へ進む

 

 

AdinaVoicu / Pixabay