2017年12月の記事一覧

月別:2017年12月
えのき氷ダイエットの効果・作り方大検証!
えのき氷ダイエットの効果・作り方大検証!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

えのき氷ダイエットが密かにブームを得て人気になっていることご存知ですか?

 

そもそも、ためしてガッテンやはなまるマーケット、ヒルナンデスなどの人気テレビ番組で取り上げられたことから始まったブームなんですが、

 

えのき氷ダイエットとは、えのきを氷にして色んな料理に使うダイエット方法なんです。がここで、ダイエット以外にも美肌効果や生活習慣病・糖尿病の改善にも期待できると言うことが解って更に人気に拍車がかかったということなんです

そこでここでは、えのき氷ダイエットのやり方と効果や、えのき氷の作り方など詳しく検証していきます。

えのき氷ダイエットの効果

 

えのき氷とは?

えのき氷と言われているのは、エノキをペースト状として炒めて凍らせてストック出来るようにした品です。

 

エノキというのは手を加えないで摂り入れても、低いカロリーで食物繊維も満載のものでイチ押し食材なんですけど、ペーストに変更するやり方でキノコキトサン等のような吸収率がグンと跳ね上がるのです!

キノコキトサン

えのき茸の中には、それ以外のきのこに比べるとより大量の『キノコキトサン』といった成分が包含されています。

 

キノコキトサンは、食事として口に入れた油分の吸収を50%近くもカットしたり、前から存在する既存の脂肪を燃やしてくれる効果を発揮します

 

このような、きのこキトサンは、えのき茸の細胞壁にありますので、ペースト状を選択することが必須条件となるんです

 

えのき氷の中には、乾燥しがちな肌やシワが気掛かりな人にありがたいトレハロースが内包されています!

トレハロースは、植物や動物、微生物の体内にも存在する天然の糖質です。

トレハロースは自然界にも多く存在しており、海藻類やキノコなどに多く含まれていることが分かっています。

えのき氷の作り方

材料
エノキ:300g
水:400ml

 

エノキ氷を作るには、お鍋・ミキサー・製氷機が必要です。
  エノキタケは、水で洗うと栄養分や旨味成分が溶け出してしまうのでやめましょう。
石づき部分を切った後に土などが気になる人は、下の方だけ少し水をかける程度にしましょう。

 

作り方

1.エノキの石づき部分を切り落として、ざく切りにします
2.ミキサーにカットしたエノキを入れ、水400mlを入れて30秒くらいかけてペースト状にします
3.鍋に移して焦げないように弱火で60分混ぜながら煮詰めます
4.火を消してあら熱を取ります
5.製氷機に流し込んで、冷凍庫で凍らせたら完成!

 

ここで気になるのが3番「鍋に移して焦げないように弱火で60分混ぜながら煮詰めます」ですよね。メンドウ…と思ってしまいます。でもこれが大事なんです。

ペースト状にして弱火においてじんわり1時間煮詰めることにより、キノコキトサン、β―グルカン、アミノ酸、ペプチド遊離脂肪酸などといった有効成分が抽出されるというわけです。

 

ついでながら凍らせるというのもエキス抽出のことを狙った大切な工程というわけです。 ちょっとだけ面倒くさいかも知れないけれど、こういった工程が実効性を発揮させるということなのですね!

えのき氷を使ったおすすめメニューは

お勧めは、エノキ氷はお味噌汁に加えたり、炊き込みご飯に加えたりすることです。そうすることでコクが出てきて旨いんです。

他には、たまご焼きの出し味や、コンソメ、カボチャなどのスープやカレーなどに加えるのもよさそうです。

 

では、参考までに「えのき氷」の作り方動画を紹介しておきますね。ご覧になってください。。。

 

 

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

えのき氷、常備しておきさえすれば多彩な料理に活用できるので重宝しそうと言えますね。

10kg痩せであったりビックリするほど効果的であると噂のエノキ氷ではありますが、ただ、これのみ食していたとしたら痩せるという訳ではないと言えます。

大切なことは、常日頃のバランスの良い食事を肝に銘じるという事が大事です。

えのき氷が気になる方、ぜひ料理に取り入れてみたいと思われる方、試してみてはいかがでしょうか。

 

冷えがうるおいを奪う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

気温がどんどん下がってくると、それに合わせて私たちの体も冷えやすくなります。

冷え性の人は、夏でも冷えていたりしますが、冬場は本番、

冷え対策は必死で行わないといけません。

体が冷えると、免疫力が落ちててしまいます。

それにつれて、代謝が下がってしまいます。

代謝が低くなると、身体にだるさを感じたり、体調を崩してしまいがちです。

そして、身体の機能が低下するというわけで、

血流やリンパの流れも落ちてしまいます。

これが角質肥厚保をまねきます

お肌がごわついたり、かさついたりしてしまいがちになります。

お肌が乾燥しているな~、と思うと、まず思うのは、

保湿対策のためのスキンケアだと思います。

けれども、代謝が落ちている状態でいくらスキンケアを頑張っても、改善されません。

それどころか、体が冷えている状態はそのままなので、

ますますかさつきが進行してしまう可能性もあります。

そこで、体を温めてあげると、代謝が上がり、

カサつきが軽減されてくるかもしれません。

根本のところから改善することができます。

冷えを放置していると、むくみの原因にもなりますから、解決したいです。

お肌がカサカサになる上に、むくみがひどくなって、太って見える、

なんてことになったら悲しいです。

冷え対策は、美を保つのに欠かせないのです

冷え対策として、

まず挙げられるのが服装。最近では、冬でも薄着をする人が多くなりました。

たとえば、コートの中にノースリーブや半袖のセーターを合わせるなど。

冬でも短いスカートをはいてみるなど。

こうしたファッションは、たしかにオシャレっぽく見えるので、魅力ではあります。

しかし、そのぶん体への負担も大きいのも知っておくべきでしょう。

オシャレというのは、いつでも体にどこかしらムリをするものです。

ムリをしてでもキレイにみせなければいけない、

モデルや芸能人なら仕方がありませんが、

私たちは健康第一で行きたいものです。

それに、オシャレなファッションをしようとがんばっていて、

乾燥やむくみが進行してしまったら、どうでしょうか。

せっかくのファッションが台無しですよね。

乾燥を改善するために高価な化粧品を新たに買ったり、

体型を改善するためにダイエットをする、なんてことになったら、堂々めぐりです。

体力がもちません。

それよりも、冬なら冬らしく、体を温められる「まとも」な服装をして、

冬を過ごすのが良いでしょう。

体が健康になれば、内側からキレイになれます。

そういう人って、イキイキして見えるし、

キメキメの薄着ファッションをしている人よりも、魅力的ですよね!

ちなみに、むくみをごまかそうとして、

キツイ矯正下着をつけてしまうと、よけいにむくみを加速させてしまいます。

身体が求めていることを、自然に与えて得られるようにしましょう。

ポカポカ鍋を献立に取り入れるなど、食事から体をあたためる工夫も必要ですね。

コラーゲン鍋にすれば、美容にも役立ちます。

 

 

うるおいを奪うドライブに注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

お肌の乾燥が気になる季節になりました。

お肌がなんとなく、いつもカサカサしている。

クリームを塗っても、すぐに乾燥状態に戻っている。

スキンケアもあんまり意味がないみたい・・・というのなら、紫外線の影響があるのかもしれません。

紫外線はお肌の乾燥を進ませる原因となります。

紫外線を浴びると、お肌が乾燥するため、カサカサしやすくなります。

冬場はただでさえ、空気が乾燥します。

ほうっておいても、カサカサしてくるものです。

それに加えて、紫外線を浴び続けていたら、ダブルで乾燥が進んでしまいます。

お肌の乾燥を放置していると、かさつき感が生まれるだけではなく、たるみやシワの原因にもなってしまいます。

お肌が乾燥すると、たるみやすくなります。

それをそのまま放置していると、そのたるみが固定され、やがてやシワとして、お肌に刻まれてしまいます。

紫外線によるシミ、そばかすも気になるところですよね。

紫外線は、浴びても自分で自覚しにくいので、知らず知らずのうちにお肌に蓄積されやすいです。

気づいたらお肌が激変! もっと早くケアしておけば良かった~、ということにならないために、早めのケアを心がけましょう。

紫外線対策で、盲点になりがちなのが、車の運転中。

何処に行くにも便利な車は、通勤用として日常的に使っている人も多いでしょう。

車が好きな人は、お休みの日のレジャーとして、ドライブを楽しんだりもするかもしれません。

楽しい時間を過ごしていると、ついつい無防備になりがちですが、車の運転中こそ、しっかり紫外線対策したいものです。

車の中は、空調をきかせられます。

だから、寒い季節であっても、温かい快適な環境にすることが出来ます。

夏の暑い時期もそうですよね。

クーラーで快適にできます。

しかし、窓ガラスごしに、紫外線が入ってきてしまうので、注意が必要です。

サイドのガラスはUVカットグラスを使っているものが多いのですが、フロントガラスはUVカットが入っていないことが多いので、注意です。

顔の正面から、モロに紫外線を浴び続けてしまっています。

これがお肌の乾燥を進ませてしまうのです。

顔のほかに、両腕やデコルテもしっかり守りたいです

腕とデコルテは、年齢が出やすい部分です。

顔だけ日焼け止めを塗って、それ以外の部分はノーガード、なんてことになったら、どんどん紫外線による肌老化が進んでしまいます。

自転車に乗っている人は、手の甲にあたる紫外線に注意です

車に乗って、朝日を浴びてから「しまった、日焼け止め塗ってなかった・・・」と気づいても、なかなかそんな余裕はなかったりするものです。

そんなときには、助手席にサッと着れるセーターや手袋をおいておくと良いですね。

タートルネックなど、胸元までしっかり保護できるセーターを選びましょう。

カーディガンだと、ボタンを留めたりするのがタイヘンだったりするので、セーターのほうが良いです。

また、目も日焼けしてしまうので、サングラスの着用も忘れずに。

紫外線対策でうるおいを保つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

季節はすっかり冬。

外を歩けばしっかりと厚着して、コートやダウンの中で首を縮めた人たちでいっぱいです。

正直、寒いのはイヤですが、夏に比べると、紫外線の心配がないので、心がゆるんでしまったりしますよね。

真夏の盛りなら、ちょっとした外出でもしっかり日焼け止めを塗っていたのに、冬になると、

「これくらいならまあ、いっか~」とノーガードでドアの外に出て行ってしまったり。

寒さで身を縮める季節ではありますが、そうした心の解放感はあるかもしれません。

しかし、「冬だから紫外線対策はしなくていい」というのは大きな間違い

冬だからと安心して出歩いていると、あとで大変なことになってしまうかもしれませんよ!

紫外線は、肌の中でメラニン色素を生成し、シミやそばかすの原因になることが知られています。

そしてもうひとつ、美肌のためにぜひとも知っておきたいことは、

紫外線がお肌を乾燥させるということ

冬場はただでさえ、空気が乾燥しているので、お肌がカサカサになりがちです。

そのうえ、紫外線を浴び続けていると、お肌の乾燥はさらに進んでしまいます。

お肌の乾燥は、かさつきを引き起こすだけではなく、しわやたるみなどの、老け顔を促進してしまうので、大変です。

紫外線は、春~夏の間に一番強力になります。

4月ごろから徐々に強くなり、5月ごろがピーク。

当然7、8月も続き、紫外線の強さは9月ごろまで持続します。

それからは、だんだんと下降曲線をたどるのが、普通のパターンです。

秋になると、だいぶ低くなるでしょう。

冬になれば、さらに低くなる。

しかし、たとえ冬になったとしても、紫外線がゼロになるわけではありません!

寒い寒い冬であっても、紫外線はちゃんと、空から降り注いでいるのです。

だから油断はいけません。

外に出るときに、日焼け止めなしで出かけてしまうのはキケンです。

たしかに真夏の頃のような、肌に突き刺さるような強い日差しはありませんが、ひっそりと、でもしっかりと、あなたの肌に、紫外線は入り込んでいるのです。

ちょっとの外出でも、長い外出でも、同じように、きちんと日焼け止めは塗りましょう。

営業さんなど、外に出る機会の多い人なら、一日中外にいるような場合は、

定期的な塗り直しは必要です。紫外線は目に見えません。

紫外線を浴びたとしても、自分ではそれと気づきにくいです。

しかし、気づかないぶん、

知らないうちに肌の内側で蓄積されやすいということを覚えておいてください。

お肌が乾燥するな~、と思って、保湿剤を塗っても、なかなか乾燥が改善しない、というのなら、それは紫外線対策をおそろかにした結果かもしれません。

紫外線をからお肌を守るケアをすることで、うるおいが取り戻されていくでしょう。

化粧下地などのベースメイクに、日焼け止めが入っているものを使うことで、ムリなく紫外線対策できます。

メイク直しをするときに、一緒に日焼け止めの塗り直しもできるからです。