2017年11月の記事一覧

月別:2017年11月
オイルはスキンケアに欠かせない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

オイルはスキンケアに欠かせないという女性も最近よく耳にします。スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、今よりさらに保湿力を上げることができてるとされています。オイルの種類を変えることによってもいろいろと効果が変わってきますので、自分の肌に合った適度なオイルを使ってみるといいでしょう。さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、新鮮なものを選ぶことも重要です。ご存知の通り、冬が来ると寒くて血液が上手に流れなくなります。血のめぐりが良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができてず、代謝が乱れることになってしまいます。そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、血行促進することが大事です。普段から、血のめぐりが良くなれば、体の新陳代謝が良くなり、健康的で、美しい肌を創れるようになります。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は変化をつけなければなりません。

365日全く代わらない方法で「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていればそれで大丈夫という理由ではありません。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというようにお肌にとって大事なことなのです。そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も季節にあったケアをする事も大事なのです。プラセンタの効き目ををもっと強めたいのなら、どんな時に飲むかを考えることも重要です。一番効くのは、オナカがすいた時です。一方でオナカが満たされている時は吸収は悪く、飲んでも本来の効果が十分表れないこともありえます。また、睡眠前に摂取するのもいいかと思われます。人間の身体の機能は眠っている間に治癒が行なわれるため、寝る前に飲むのが効果が期待できます。肌荒れが生じた場合には、セラミドをご飯に取り入れてちょうだい。セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質層は複数層の細胞から造られていて、、細胞と細胞とを糊のように繋いでいる理由です。表皮を健康な状態に維持するバリアのように機能する事もあるため、必要量を下回ると肌荒れが発生するのです。お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。オリーブオイルでお化粧落としをしたり、顔を覆うようにつけてしばらく置いたり、よく小鼻に溜まりやすい皮脂の汚れをきれいに落としたりと、さまざまなやり方で使われているようです。かと言っても、上質なオリーブオイルを用いなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。同様に、自分には適合しないなと思った場合もただちにお肌に使うのはやめて下さい。

「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」ということをよく耳にしますが、それは美白に関しても同じです。本当に肌を白くしたいと思うのなら、タバコは即刻、止めるべきなのです。その理由として第一に挙げられているのが、タバコによってビタミンCが壊されてしまうことです。喫煙すると、白く美しいお肌のために必要不可欠なビタミンCが減ってしまいます。どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないということが一番のポイントです。保存料みたいなものは刺激が強いのでかゆみや赤みを引き起こしがちで、どみたいなものが使われているのか、しっかりと確認しましょう。また、メジャーだからといって誰にでも合う理由ではないので自分の肌にあったものを選びましょう。冬になるにつれ空気は乾燥していき、それに伴って肌の潤いも奪われます。潤いが肌に足りないと肌にトラブルを起こす要因となるので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを起こさないためにも保湿と保水を手抜きをしないようにしてちょうだい。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。アンチエイジング成分配合の化粧品を使うことで、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象をゆっくりにすることができてます。しかし、アンチエイジング化粧品を使用していても、身体に悪い生活ばかりしていては、肌の老化のほうが優ってしまい効き目はわからないでしょう。外からだけでなく体の中からスキンケアするということも忘れてはいけないことなのです。

置き換えダイエットに挑戦!スリムビュートで挑戦!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ダイエットするのは、ツライ・・・途中でサプリの飲み忘れ・・・

などで断念してしまった・・・残念。。。

そんな方も多いと思います。そのため、断念したことへの罪悪感、

それが日々のストレスにまで発展・・・

今まで、そんな経験をした方々に朗報です!

これでだめならもう見込みはありません。

それくらい自信をもっておススメできる最後の提案です。

気軽に自分のペースで始められるダイエットを紹介します。

 



 

スリムビュートは、美味しく、飲みやすい、すっきりベリー味で、

3大米国特許成分の(フォースリーン/ガーシトリン/バイオペリン…注、後述)+カルニチン配合したダイエット成分です。

 

これまでいろいろなダイエットに挑戦してきました。ファスティング、炭水化物抜き、ジョギング・・・声を大にしては言えないんですが(苦笑)結果、どれも長続きしませんでした・・・。

痩せよう!と決意しては、1食抜いたりその場その場で流行のダイエットなど試してきましたが、リバウンドや肌荒れ、ストレスを感じては挫折したり・・・
ストレスから、ついつい食べ過ぎてしまったときは落ちこんでしまいました。ダイエットを繰り返しては途中で諦めていました。

そんな時に、KARADに通っている友人から“スリムビュート”を紹介されました。
これまで何をやっても続かなかった自分にはジムに通うというのは正直ハードルが高いと感じていましたが、これなら無理なく自分のペースでできそうだと思い改めて挑戦してみることにしました。

 

さあ、あなたも一緒に、ダイエット成功に向けてに向けて“スリムビュート”で挑戦してみませんか?

こちらをクリック!

 

 

乾燥肌にはスクワラン成分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

乾燥肌対策を考えるときに、外してはならないのがスクワランです。

スクワランは、サメ類の肝油由来の成分です。

みずみずしいお肌を維持するための、基本となる成分です。

サメは深海で生きています。

スクワランはそんなサメたちにとって、生命力の源で、スクワランがなければ、必要な酵素を得られません。

スクワランは古くから化粧品に使用されてきており、最近ではサプリメントで手軽に摂取することもできます。

うるおいのあるお肌をつくるためにも、スクワランはぜひ摂取したいです。

ここで疑問がわきます。

どうして、サメが酸素を補うためのスクワランが、人間に美肌効果をもたらすのでしょうか。

それは、もともとこの成分が、人間のお肌の中にも存在して、うるおいを保つために使われているからなのです。

必要な酸素がなければ、人間の肌細胞の新陳代謝は落ちてしまい、乾燥が進んでしまいます。

そこで、スクワランが人間の体内で酸素を運び、新陳代謝を活性化させているわけです。

汗とスクワランが混ざり合うと、皮脂膜ができ、これがお肌の天然バリアとなり、さまざまな刺激からお肌を守ってくれます。

スクワランはお肌への浸透率が高いので、塗布による保湿効果にすぐれています。

化粧水やクリームにスクワランが配合されていることが多いのは、こういうわけなのです。

人間の体の中にあるスクワランは、25歳を過ぎると、生成量が減ってしまいます。

そうすると、お肌はだんだん乾燥しやすくなります。

しみやたるみのもとにもなります。そこで、外部から補充してあげる必要が出てくるわけです。

スクワランは、上手な使い方をすると、さらにスキンケア効果が高まります。

 

シーンに合わせて選ぶ

いろいろなスクワラン商品があります。

同じメーカーでも複数のスクワラン配合の化粧品があったりします。

これらの違いは純度です。

純度が高ければそれでいいという話ではなくて、お悩みに応じて、高いものを選ぶか、低いものを選ぶかを使い分けます。

純度が高いほど、お肌への刺激が少ないです。

激しい乾燥に悩まされているときは、とにかく高純度のものを選びます。

それほど乾燥が進んでいないのなら、純度というより、他の配合成分の効能との組み合わせで選ぶとよいでしょう。

例えば、ハリやツヤも求めているのなら、スクワランにコエンザイムQ10を合わせてみましょう。

シミやそばかす対策も希望するなら、スクワラン+ビタミン類の組み合わせがおすすめです。

 

化粧水のあとになじませる

洗顔して、化粧水を全体につけてから、スクワラン配合の美容液を使うと、浸透率が上がります。

顔が乾く前にスクワランをなじませると、乳化して、浸透しやすくなるのです。

たっぷりの化粧水でうるおっているところにスクワランを落とし込むイメージです。

乾燥肌に効くセラミドを食事で増やそう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

セラミドは、皮膚の角質層の中でつくられ、

お肌の水分を保持し、バリア機能を高める役割を果たします。

不足すると、乾燥肌になり、お肌がカサカサしたり、肌バリア機能が低下して、刺激に敏感になってしまったりします。

セラミドはスキンケアで塗布して届けるほかに、食事からも取り込めます。
セラミドを増やす食べ物を食生活に取り入れて、お肌のうるおいを目指しましょう

 



 

セラミドは、人のお肌に含まれるほか、馬など動物の脳、脊髄に含まれています。

植物では米や小麦です。コメや小麦は、主食ですから摂取しやすいですね

セラミドを含む食品を摂取すると、腸で吸収されて、スフィンゴシン、糖、脂肪酸に分解されます。
このスフィンゴシンは角質層に作用し、セラミドの生成を促すのです。

これでお肌のうるおいがアップします。

セラミドが多く含まれる食品は、米、小麦、大豆、コンニャクイモ、牛乳など
特に、コンニャクイモは、コメや小麦よりも7~16倍多くセラミドが含まれています

黒の食べものはセラミドが多いという傾向があります。
黒豆、小豆、わかめ、ひじき、ゴボウ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒コショウなどですね

1日に必要なセラミドの量は600マイクログラムといわれています。

これを食べ物の量に置き換えると、生芋こんにゃくなら約半丁、
白米ならお茶碗で25杯、玄米10杯、小麦はスパゲティで3皿分ほど。

食べ物の場合、消化吸収するときに、多少排出されてしまうので、
その分を考えて、多めにとる必要があります。

しかし現実的に、これだけの量(ごはんお茶碗25杯!?)をとるのは、むずかしいので、
サプリメントを利用してみてもいいかもしれません。

セラミドそのものを含む食べ物に加え、
セラミドの生成を促す、バックアップ的な食べ物も一緒にとりたいです。

 

血行促進効果でセラミドをアップ

タマネギ、ジャガイモ、サトイモ、カリフラワー、ハクサイ、キャベツなど。
これらの野菜は血行を良くするはたらきがあります。

血流がよくなると、
セラミドが分解されてできるスフィンゴシンを皮膚にスムーズに運びやすくなるのです。

 

抗酸化作用でセラミドをアップ

呼吸で体内に入った酸素の一部は活性酸素となり、増殖すると細胞の働きを弱めてしまいます。
これがセラミドの生成をジャマします。

そこで、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、ピーマンなど、
抗酸化作用の強い緑黄色野菜をとることで、活性酸素を撃退できます。

セラミドは肌の新陳代謝によって生成されます。
だから、お肌の新陳代謝を促すビタミン類をバランスよくとることも大事ですね。

なお、反対にセラミドを減らしてしまう食べ物として、リノール酸の過剰摂取があります。
必須脂肪酸のリノール酸は、血中コレステロールを減らすことで知られています。

肌のセラミドを生成するときに必要な成分です。

しかし、過剰摂取すると、
リノール酸からアラキドン酸が合成されてしまいセラミドを減らしてしまうのです。

リノール酸はグレープシードオイル、ひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油に多く含まれます。