2017年11月の記事一覧

月別:2017年11月
オイルはスキンケアに欠かせない
オイルはスキンケアに欠かせない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

オイルはスキンケアに欠かせないという女性も最近よく耳にします。スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、今よりさらに保湿力を上げることができてるとされています。オイルの種類を変えることによってもいろいろと効果が変わってきますので、自分の肌に合った適度なオイルを使ってみるといいでしょう。さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、新鮮なものを選ぶことも重要です。ご存知の通り、冬が来ると寒くて血液が上手に流れなくなります。血のめぐりが良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができてず、代謝が乱れることになってしまいます。そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、血行促進することが大事です。普段から、血のめぐりが良くなれば、体の新陳代謝が良くなり、健康的で、美しい肌を創れるようになります。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は変化をつけなければなりません。

 

 

Free-Photos / Pixabay

 

 

365日全く代わらない方法で「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていればそれで大丈夫という理由ではありません。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというようにお肌にとって大事なことなのです。そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も季節にあったケアをする事も大事なのです。プラセンタの効き目ををもっと強めたいのなら、どんな時に飲むかを考えることも重要です。一番効くのは、オナカがすいた時です。一方でオナカが満たされている時は吸収は悪く、飲んでも本来の効果が十分表れないこともありえます。また、睡眠前に摂取するのもいいかと思われます。人間の身体の機能は眠っている間に治癒が行なわれるため、寝る前に飲むのが効果が期待できます。肌荒れが生じた場合には、セラミドをご飯に取り入れてちょうだい。セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質層は複数層の細胞から造られていて、、細胞と細胞とを糊のように繋いでいる理由です。表皮を健康な状態に維持するバリアのように機能する事もあるため、必要量を下回ると肌荒れが発生するのです。お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。オリーブオイルでお化粧落としをしたり、顔を覆うようにつけてしばらく置いたり、よく小鼻に溜まりやすい皮脂の汚れをきれいに落としたりと、さまざまなやり方で使われているようです。かと言っても、上質なオリーブオイルを用いなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。同様に、自分には適合しないなと思った場合もただちにお肌に使うのはやめて下さい。

 

 

 

 

「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」ということをよく耳にしますが、それは美白に関しても同じです。本当に肌を白くしたいと思うのなら、タバコは即刻、止めるべきなのです。その理由として第一に挙げられているのが、タバコによってビタミンCが壊されてしまうことです。喫煙すると、白く美しいお肌のために必要不可欠なビタミンCが減ってしまいます。どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないということが一番のポイントです。保存料みたいなものは刺激が強いのでかゆみや赤みを引き起こしがちで、どみたいなものが使われているのか、しっかりと確認しましょう。また、メジャーだからといって誰にでも合う理由ではないので自分の肌にあったものを選びましょう。冬になるにつれ空気は乾燥していき、それに伴って肌の潤いも奪われます。潤いが肌に足りないと肌にトラブルを起こす要因となるので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを起こさないためにも保湿と保水を手抜きをしないようにしてちょうだい。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。アンチエイジング成分配合の化粧品を使うことで、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象をゆっくりにすることができてます。しかし、アンチエイジング化粧品を使用していても、身体に悪い生活ばかりしていては、肌の老化のほうが優ってしまい効き目はわからないでしょう。外からだけでなく体の中からスキンケアするということも忘れてはいけないことなのです。

 

 

オイルをスキンケアに取り込みる女性も多くなってきていると想定されます。常日頃のスキンケアの時にホホバオイルやアルガンオイルを活用することで、今よりさらに保湿力を上げることを可能にするとのことです。また、オイルの種類により多種多様に効果が異なることになりますので、その時のお肌の状況によりマッチしたオイルを適度にできるだけ使用してみてください。その上オイルの質持とても肝になりますし、新鮮なタイプを選ぶというやり方も大事になってきます。ヒアルロン酸は人体にも内包されているタンパク質と結び付けやすい習性の「多糖類」に数えられるゲル状の物質です。すごくしっとり感をキープするキャパシティーに優れたからこそ、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほとんどすべて当然といってよいほどヒアルロン酸が含まれています。加齢に左右されて減る成分ということで、出来る限り、摂り入れることを意識しましょう。

 

 

RondellMelling / Pixabay

 

 

 

乾燥肌に効くセラミドを食事で増やそう
乾燥肌に効くセラミドを食事で増やそう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

セラミドは、皮膚の角質層の中でつくられ、

 

お肌の水分を保持し、バリア機能を高める役割を果たします。

不足すると、乾燥肌になり、お肌がカサカサしたり、肌バリア機能が低下して、刺激に敏感になってしまったりします。

 

セラミドはスキンケアで塗布して届けるほかに、食事からも取り込めます。

 

セラミドを増やす食べ物を食生活に取り入れて、お肌のうるおいを目指しましょう

 


 

 


 

 

セラミドは、人のお肌に含まれるほか、馬など動物の脳、脊髄に含まれています。

植物では米や小麦です。コメや小麦は、主食ですから摂取しやすいですね

 

セラミドを含む食品を摂取すると、腸で吸収されて、スフィンゴシン、糖、脂肪酸に分解されます。このスフィンゴシンは角質層に作用し、セラミドの生成を促すのです。これでお肌のうるおいがアップします。

 

セラミドが多く含まれる食品は、米、小麦、大豆、コンニャクイモ、牛乳など

 

特に、コンニャクイモは、コメや小麦よりも7~16倍多くセラミドが含まれています

黒の食べものはセラミドが多いという傾向があります。

 

黒豆、小豆、わかめ、ひじき、ゴボウ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒コショウなどですね

 

1日に必要なセラミドの量は600マイクログラムといわれています。これを食べ物の量に置き換えると、生芋こんにゃくなら約半丁、白米ならお茶碗で25杯、玄米10杯、小麦はスパゲティで3皿分ほど。

 

食べ物の場合、消化吸収するときに、多少排出されてしまうので、その分を考えて、多めにとる必要があります。しかし現実的に、これだけの量(ごはんお茶碗25杯!?)をとるのは、むずかしいので、サプリメントを利用してみてもいいかもしれません。

 

セラミドそのものを含む食べ物に加え、セラミドの生成を促す、バックアップ的な食べ物も一緒にとりたいです。

 

 

血行促進効果でセラミドをアップ

タマネギ、ジャガイモ、サトイモ、カリフラワー、ハクサイ、キャベツなど。
これらの野菜は血行を良くするはたらきがあります。血流がよくなると、セラミドが分解されてできるスフィンゴシンを皮膚にスムーズに運びやすくなるのです。

 

 

抗酸化作用でセラミドをアップ

呼吸で体内に入った酸素の一部は活性酸素となり、増殖すると細胞の働きを弱めてしまいます。これがセラミドの生成をジャマします。

 

そこで、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、ピーマンなど、抗酸化作用の強い緑黄色野菜をとることで、活性酸素を撃退できます。セラミドは肌の新陳代謝によって生成されます。だから、お肌の新陳代謝を促すビタミン類をバランスよくとることも大事ですね。

なお、反対にセラミドを減らしてしまう食べ物として、リノール酸の過剰摂取があります。

 

必須脂肪酸のリノール酸は、血中コレステロールを減らすことで知られています。

肌のセラミドを生成するときに必要な成分です。

 

しかし、過剰摂取すると、

 

リノール酸からアラキドン酸が合成されてしまいセラミドを減らしてしまうのです。

リノール酸はグレープシードオイル、ひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油に多く含まれます。

 

 

 

Pexels / Pixabay

 

 

 

 

乾燥肌に効くセラミドとヒアルロン酸
乾燥肌に効くセラミドとヒアルロン酸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

セラミドとヒアルロン酸は、お肌のバリア機能を高め、乾燥肌を改善する効果があるとされる成分です。

 

乾燥肌のスキンケアでは、これら2つの成分を配合した化粧品を使うことがまず、基本です。

 

セラミドとヒアルロン酸は、お肌の中に存在する場所が違います。

 

セラミドは、皮膚の一番上の表皮、ヒアルロン酸はその下の真皮に含まれています。

 

 


 

 


 

 

3803658 / Pixabay

 

 

乾燥肌に効くセラミド

セラミドは細胞と細胞の間の隙間を埋める細胞間脂質の1つです。

細胞間脂質は、水分を蓄えてお肌を保湿し、細胞間を隙間なく埋め、外部刺激の侵入を防ぐためのものです。

セラミドは、細胞間脂質の実に約50%を占めています。

 

 

乾燥肌に効くヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は、網状の構造のコラーゲン、エラスチンの隙間を埋める成分で、ムコ多糖類の1種です。

ねっとりしたゼリー状で、1gあたり6リットルもの保水量があります。

お肌の弾力と、うるおいを保つ作用があります。

ヒアルロン酸というと、お肌の美容成分というイメージが強いですが、顔のお肌以外にも、軟骨、目、脳、関節液など、体の色々な部分に存在し、はたらいています。

セラミドもヒアルロン酸も年齢と共に減少していきます。

 

セラミドは20歳前後が100%でピーク、その後、40歳前後で約50%、70歳前後で約30%に低下します。ヒアルロン酸は、40代後半から急激に減り始めます

 

40代半ばまではほぼ100%あるのですが、40代後半になると急降下。

70代半ばでは20%を切ります。どちらも加齢によって、保湿力が低下します。

 

お肌が乾燥するほか、しわやたるみの原因になります。

 

セラミドもヒアルロン酸も、乾燥肌を改善するためにはなくてはならない成分です。

ヒアルロン酸を補い、真皮の保水力を高めてから、その上の角質層のセラミドを補い、バリア機能を高めて、お肌の水分が外に逃げないように育てていくのが一番良い方法でしょう。

セラミドは、お肌に塗布して、化粧品の成分が浸透するゾーンの角質層にあるので、スキンケアで補いやすいです。

ただ、セラミドをそのまま配合しただけの化粧品だと、角質層のごく表面にしか届かない場合もあります。

 

だから、セラミドをナノ化させるなどして、浸透しやすくつくられたものを選ぶと、より乾燥肌改善に役立つでしょう。

ヒアルロン酸のほうは、分子が大きいのが、お肌に届ける際の難点です。

そのまま塗布しても、ヒアルロン酸がある、真皮のところまで届きませんし、その前の角質層にさえ浸透しないのです。

 

そこで、角質層に浸透するよう、分子を小さくした低分子ヒアルロン酸がおすすめです。

ヒアルロン酸は、お肌の表面や、角質層で水分をとじこめて、保持してくれるので、お肌からの水分蒸発を防いでくれます。

 

低分子ヒアルロン酸を使って、しっかりお肌の奥に届けたいですね。

 

 

 

 

乾燥肌をいたわるスキンケアとは
乾燥肌をいたわるスキンケアとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

冬の時期はお肌が乾燥してしまいがちになります。

お肌がかさかさしているな、というサインに気付いたら、
お肌をいたわるスキンケアにチェンジしましょう。

スキンケアは、そのときの状態のお肌に合わせて、
柔軟に変えていくことが必要になります。

乾燥したお肌は、刺激に対して敏感になっています。

乾燥肌、敏感肌に適したスキンケア化粧品の選び方で気を付けたい点は、以下になります。

 

肌に刺激となる成分が不使用

アルコールやパラベン、鉱物油、着色料、香料は不使用のものを選びましょう。

 

赤ちゃんでも使える低刺激

赤ちゃんは、バリア機能が未熟でとてもデリケート。
そんな赤ちゃんでも使えるように工夫されているものを使うと安心です。

 

テスト済み

刺激に敏感なお肌でも使えるかどうか、チェックしてあるものを選びましょう。
ただし、チェックで問題なしと判断されたからといって、全ての人が使っても大丈夫というわけではありません。まず、各種テスト済みのものを選び、それから、目立たないところに付けるなどして、自分のお肌に合うかどうか確認をしてから、顔に付けるようにしましょう

 

乾燥肌の場合、低刺激のスキンケア化粧品を使うことは基本です。

 

低刺激なスキンケア化粧品といえば、代表的なのが「無添加化粧品」です。
しかし、なにをもって無添加とするかという基準は、実は決まっていません。

なので、その線引きによっては、メーカーによってばらつきがあります。

 

「無添加」と書いてあるからすぐ飛びついてしまうのではなく、パッケージを確認して、実際に何が不使用なのかを確かめましょう。

 

その上で、自分の肌で確かめてみて、合うかどうかをチェックします。

 

その無添加化粧品が、本当にあなたのお肌に合うかどうかを確かめる方法として、

「パッチテスト」があります。トラブルを最小限にしつつ、自分のお肌で確かめてみる方法です。

 

夜のお風呂上りに、お肌への刺激が出やすい二の腕の裏側に、その化粧品を塗布してみます24時間後までに、赤みやかゆみなどの反応が出なければ、顔に使用しても大丈夫と判断できます。

 

パッチテストをする場合は、配合成分が少ない化粧品を選ぶことも大事です。あまりいろいろな成分を配合している化粧品だと、せっかくパッチテストをしても、その中のどれが大丈夫な成分で、そうでない成分なのか、見分けにくくなるからです。

 

テストごとに成分表を見て、トラブルが出なかったときの成分と、トラブルが出たときの成分をチェックしましょう。

 

低刺激なだけではなく、保湿効果の高い成分を配合していて、
うるおいのあるお肌をはぐくむよう工夫されている化粧品を選ぶことも大切です。

 

乾燥肌は、お肌のバリア機能が損なわれている状態ですから、それを修復できるセラミドやヒアルロン酸、スクワランなどを配合しているものがおすすめです。

 

おすすめのスキンケア化粧品ならこちら!

 

 

素肌の肌ケアにおいてもプロセスということが存在しています。

 

ひょっとしてそれらの順番が誤りがあるとしたら、意外にも肌のケアの効果はさほど見られません。洗顔のアトは早急に化粧水で肌の補水を実施します。

 

美容液にお世話になるケースは化粧水の後。それから乳液、クリームとつづきます。肌にキッチリと水分を与えてから油分で水分が蒸発しないようにすることをお薦めします。

 

 

肌のケアのための化粧品を選ぶ場合では、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をしっかりと含有されていないという物が何にも増して肝心だと思います。

 

刺激が強めの成分(保存料など)はかゆみ・赤みなどの肌の変調を生じさせがちなことから、配合成分ということを、しっかり確認することが大切です。

 

また、メジャーだからと言ってどんな方でも合うわけではないのでいちばん自分自身にマッチしたものをセレクトするようにすることをおすすめします。

 

 

 

pasja1000 / Pixabay