2017年09月の記事一覧

月別:2017年09月
女性によくある薄毛のお悩み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

薄毛に悩む女性が増えています。

女性が発生しやすい脱毛症には、以下があります。

 

* 女性男性型脱毛症

男性によくみられる男性型脱毛症(AGA)の女性版
びまん性脱毛症とも言われます。男性ホルモンが原因で発症します。
男性と女性では、目に見える症状に違いがあるので、AGAではなく「FAGA」と呼びます。



 

* 円形脱毛症

男女問わず、老若問わず、誰でも発生する可能性があります。
丸く脱毛する、突発性の脱毛症です。小さなものなら、自然治癒することも多いのですが、大きくなったり、再発が続いたりするようなら、きちんと治療することをおすすめします。

 

* 牽引性脱毛症

髪を引っ張りし続けていると、なってしまう脱毛症ですポニーテールに結うというのはすぐ思いつくケースですが、分け目がいつも同じだったりすることで、牽引性脱毛症になってしまったりします。
継続的に髪に負担をかけ続けることで、毛根はダメージを負います。分け目や生え際の頭髪が薄くなります。これを防ぐためには、分け目やヘアスタイルを時々変えたり、髪や頭皮の負担を減らしたりするようにしましょう。

 

* 分娩後脱毛症

妊娠中から出産後には、ホルモンバランスが乱れます。それで一時的に抜け毛が増えることがあるのです。
通常は半年~1年くらいで自然治癒しますが、高齢出産するなど、体力がなかなか回復しにくいときは、脱毛症の回復も遅くなります。完治が難しくなることもあります。

 

* 粃糠(ひこう)性脱毛症

乾燥したフケが毛穴を塞ぎ、頭皮が炎症を起こして、髪の成長が妨げられ、発症します。
過度にシャンプーしたり、逆にすすぎが不十分だったりすると起きます。
また、パーマやカラーの刺激でも起こります。フケが異常に多い場合は、脂漏性皮膚炎の可能性もあります。

 

* 脂漏性脱毛症

過剰に分泌した皮脂が、毛穴を塞ぎ、頭皮が炎症を起こします。
皮脂の分泌異常が原因となります。放置すると、脂漏性皮膚炎を起こしてしまうので、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

髪のお悩みを解消するためには、健康な頭皮、髪の毛をつくるための環境が大切です。

そのためには、以下のような生活が望ましいです。

・栄養バランスのとれた食事
・規則正しい生活
・たっぷりの睡眠
・適度な運動
・ストレスを溜めない
・禁煙
・適度なアルコール
・正しいヘアケア(洗いすぎ、洗わなすぎを止める)
・紫外線対策

あわせて、頭皮マッサージやツボ押しをすると、さらに効果的です。

 

頭皮マッサージ

頭皮をマッサージすると、血行促進し、毛根の新陳代謝が高まります。
シャンプーの前後にやると良いでしょう。指の腹を使い、優しく丁寧にマッサージします。
このとき、爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、あくまで指の腹を使います。

ツボ押し

育毛に効くツボは頭頂部にある百会(ひゃくえ)、耳の上あたりの角孫(かくそん)、後頭部の玉枕(ぎょくちん)の3つ。血行促進効果があります。シャンプーのときに、ツボ押しにもトライしてみましょう。

 

>>>つややかな髪が欲しいに戻る

>>>髪のキューティクルを守るにはに進む

豆腐ダイエット活用法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐は、大豆レシチン、大豆オリゴ糖、大豆サポニン脂肪を燃焼させるたんぱく質、鉄分を多く含むダイエット食材です。

ローカロリーで低GI値というのも魅力的です。

1週間のうち3回以上、1食を豆腐と置き換える豆腐ダイエットを実践すれば、痩せ効果は絶大です!

豆腐大好き! という方はもちろん、「豆腐はあんまり食べないんだけど・・・」という方まで、豆腐ダイエットを実践して、痩せを手に入れていただきたいです。 

豆腐大好き! という方は、このダイエットをするのに、あまりストレスは感じないはずです。

でも、「豆腐はあんまり食べなくて・・・」という方は、楽しく置き換えられるように、工夫する必要があるかもしれませんよね。

豆腐ダイエットをもっと楽しくする方法について、ご紹介します。



豆腐にすぐ飽きてしまう

豆腐はそのまま食べていると、どうしても飽きてしまいます。そんなときには、飽きがこないように、違うものを食べると良いですね。

豆腐と一口に言っても、絹ごしどうふ、木綿どうふ、寄せどうふなど、いくつかの種類があります。今日は木綿、次の日は寄せ、という風に、チェンジすると良いですね。

豆腐ではなく豆乳を飲む、というもアリです。豆腐と豆乳は、ほぼ同じ成分からできています。
だから、豆腐には飽きた! というときは、豆乳を飲んでも全く問題ありません。プレーンタイプ以外に、紅茶味、抹茶味など、いろいろなフレーバーが発売されていますよね。こうしたものを活用すれば、ダイエットの食事にいろどりが生まれます。

凍らせてみるのもひとつの方法です。凍らせると、豆腐は食感が変わります。ラップに包み、冷凍庫に入れておきましょう。使うときには解凍して、食べやすい大きさに切ります。水が抜けて、噛みごたえが出てきます。スイーツにしてしまうのも良いですね。

豆腐はシンプルな味わいなので、スイーツにもアレンジしやすいんです。
ヨーグルトにかけたり、みつをかけたりするだけで、立派なスイーツになります。

 

豆腐の豆くさいのが気になる

豆腐の原料である大豆には、独特のにおいがあります。これが嫌、という方もいます。
そんなときには、熱湯でゆでるのがおすすめ。くさみが抜けて、食べやすくなります。
しょうやなどの薬味、豆板醤、ラー油などの香辛料をかければ、もっと食べやすくなります。
好みのトッピングで、食べやすく工夫すると良いですね。ただし、油のかけすぎには注意しましょう。

 

外食がちで豆腐ダイエットできなそう

朝はパン、昼はレストランでランチ、夜は居酒屋で飲みながら食事・・・という食生活をしている方、多いかもしれません。

豆腐ダイエットは主食と豆腐を置き換えるダイエット法です。なので、外食がちだと実践が難しいですよね。外で食べるときには、主食と置き換えることにこだわらず、湯豆腐や冷奴の入ったメニューをオーダーするようにしましょう。

主食と置き換えられないときには、ローカロリーなおかずとして、役割を果たしてもらいましょう。

 

>>>豆腐ダイエットを成功させる6つの方法へ戻る

豆腐ダイエットを成功させる6つの方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐にはダイエット成分が多く含まれています。
豆腐ダイエットを実践して、痩せを手に入れたいですね! 

4月になれば、薄着の季節もすぐそこです。

冬の間、太っちゃった・・・と思うのなら、ダイエット食材の豆腐を活用して、体脂肪を落としておきましょう!

ダイエットを始めても、挫折することが多いという方は、ムリなプランを組んでいることが多いです。

ムリなく、楽しく続けられれば、挫折もしにくいですよね。

豆腐ダイエットなら、そんなやり方が可能です。



 

豆腐ダイエットは週に3回以上、主食と豆腐を置き換えるだけのダイエットです。

最低3回、置き換えれば効果は現れます。もちろん食事を抜いたりする必要はありません。

豆腐ダイエットを無理なく、楽しく続けるための6つのコツをご紹介します。 

コツその① 夜の主食を豆腐メインにして効果大に 

夜の食事が、体重の増減に大きくかかわっています。
ダイエット効果を重視するなら、夜の食事で、主食を豆腐と置き換えると良いでしょう。
たとえば、1週間すべての夕食の主食を豆腐に置き換えてみましょう。
その代わり、朝と昼はいつでも、普通に食べてオーケーです。

コツその② 食べ過ぎた翌日のリセットに使う 

食べ過ぎてしまったな、と思ったら、次の日は主食を豆腐と置き換えましょう。
ダイエットをしているときに、食べ過ぎたり、飲みすぎたりしてしまうと、「ああ、これで台無しだー」と、やけになって、そのままなしくずしにダイエット終了となってしまいがちです。
でも、豆腐ダイエットでリセットできるので大丈夫ですよ!
食べ過ぎた翌日の調整食として活用しましょう。 

コツその③ 平日だけ実践 

毎日休みなく続けなきゃ、と思うとストレスです。ストレスは太る元になります。
また、「もうムリ!」と挫折のきっかけにもなりますよね。
その意味でも、「豆腐ダイエットは平日だけ」と決めておくと良いでしょう。
平日はダイエット、休日はいつも通りの食事と考えておくと、オン/オフの切り替えができて、続けやすいです。

コツその④ 朝食に豆腐を食べる 

豆腐は消化が良いので、目覚めたばかりの胃にも優しいです。
植物性脂肪を適度に含むので、腹もちも良いです。
午前中、おやつを食べたくなったりしないし、昼食の量も食べ過ぎずにすみますね。

コツその⑤ ごはんが食べたいときは「おかず」として 

豆腐ダイエットは、ごはんなどの主食と豆腐を置き換える方法です。
でも、「ごはんが食べたい!」っていうとき、ありますよね。
そんなときには、豆腐をおかずにするのもひとつの方法です。
高カロリーなお肉と豆腐を置き換えれば、立派なダイエットメニューになりますね。
ただし、食べるごはんの量は少なめにしましょう。

コツその⑥コンビニ食でもできますよ 

忙しいと、スーパーに買い物にも行けませんよね。
そんなときには、ムリせずコンビニも活用できます。
お惣菜や缶詰など、コンビニにはいろいろな食材が置かれています。
煮物など、ヘルシーなおかずを選んで豆腐と組み合わせましょう。

 

>>>豆腐ダイエットのポイントへ戻る

>>>豆腐ダイエット活用法へ進む

豆腐ダイエットのポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐にはいろいろな痩せ効果があるので、ダイエットしやすいです。
豆腐に含まれるダイエット成分は次の通りです。

 

低カロリーで低GI食品 

木綿豆腐半丁で108kcal。しかも、植物性脂肪を適度に含むので、おなかにたまります。低GI食品というのも魅力的。食べても血糖値が上昇しにくいので、脂肪がつきにくくなります。

大豆レシチン

コレステロールや中性脂肪を減らしてくれます。ムダな体脂肪を落とす効果もあるとされています。

大豆オリゴ糖 

腸内の善玉菌のえさとなるものです。大豆オリゴ糖を含む豆腐を食べれば、腸内環境が正常化して、便秘解消に役立ちます。便秘はぽっこりお腹を作るだけではなく、太りやすい体質にもしてしまうので、ぜひ改善したいですね。

良質なタンパク質

植物性タンパク質を含みます。脂肪を燃焼するには、筋肉が必要。肉に比べてローカロリーな豆腐でたんぱく質を摂取するのが一番良いですね。

大豆サポニン

コレステロールの吸収を抑え、分解するはたらきがあります。中性脂肪を減少させるのに役立ちます。消化管からの脂肪の吸収を抑えるはたらきもあると言われています。太りやすい体質から脱するためにも、大豆サポニンをどんどん摂取したいですね。

鉄分 

脂肪を燃焼させるためには、大量の酸素の消費が必要です。鉄分を補給すれば、血液中の酸素がすみやかに送られるので、脂肪燃焼しやすくなります。 

 



 

痩せ効果てんこもりの豆腐を使えば、これまで失敗しがちだったダイエットも、成功させやすくなります!以下に、豆腐ダイエットのポイントをまとめています。

 

1日1食、主食を豆腐に替える

ダイエットとはいっても、食事を抜いたり、偏った食事をしたりするのはいけません。バランスの良い食事を心がけましょう。
1日に1食、ごはん、パン、麺類などの主食を豆腐に替えましょう。ごはん1膳(150g)食べていたところを、豆腐1/2丁(150g)に変えます。
これだと、ごはんで252kcal摂取していたところを豆腐108kcalに減らせるので、低カロリーです。そのうえ、豆腐には脂肪を燃やしたり、代謝を上げたりする効果があるので、ダブルで効果的ですね。

 

豆腐を食べるのは週に3回以上

ヤセ効果たっぷり、おいしい豆腐ですが、毎日食べるとなるとストレスです。なので、主食を豆腐に置き換える豆腐ダイエットは、週に3回、実施すればオーケー。平日だけとか、お休みの日を中心に、など、ムリない範囲で取り入れていきましょう。

 

豆腐とおかずをセットで食べる

豆腐は栄養バランスに優れた食材です。でも、どんな食材でも、1品で大丈夫、ということはないのです。豆腐は「主食」ととらえ、必ずなんらかのおかずをプラスしましょう。豆腐の上におかずをのせたり、小鉢としてプラスしたりするのも良いですね。ガマンしないで、いろいろなものを食べるのが良いのです。

 

ポイントを抑えつつ、豆腐ダイエットでスリムな体型を手に入れましょう!

 

>>>豆腐の効果へ戻る

>>>豆腐ダイエットを成功させる6つの方法へ進む