カテゴリー:肌荒れの記事一覧

カテゴリー:肌荒れ
秋こそ美肌へチャンス!お肌の冬じたくのコツ!
秋こそ美肌へチャンス!お肌の冬じたくのコツ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

晩秋

 

吹く風も冷気を帯び、そろそろ本格的に冬じたくの始まる頃ですね。

 

こんな時、気をつけたいのは美肌のこと。実は、秋こそ美肌づくりの本格的シーズンなのです。

 

実は10月は肌にとってこんな季節なんですよ・・・肌の「ゆらぎ」が起こりやすい時

10月は、夏の暑さが落ち着き、冷え込む時期のため、肌が不安定になりやすい時です。この状態の肌を「秋ゆらぎ肌」などと呼び、特にケアが必要です。

 

その理由は、以下の点からです。

 

夏の間に受けた紫外線によるダメージ
夏は一年のうちで最も紫外線の多い季節です。

季節が秋に切り替わる頃には、夏の間に受けた紫外線によるダメージが肌の奥に蓄積し、「活性酸素」によりコラーゲンを作る細胞の破壊が起こり、ハリや瑞々しさを奪います。

 

肌のバリア機能の低下
肌の「バリア機能」とは、皮膚が持っている「異物の侵入を防ぐ力」と「肌のうるおいを守る力」です。夏から秋に変わる寒暖の差に肌が対応しきれず、肌が乾燥し水分が奪われると、バリア機能はうまく働かなくなり、カサツキやごわつきの原因になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

10月に行う「肌の冬じたく」とは?

 

 

nastya_gepp / Pixabay

 

 

①夏のダメージ回復

秋の肌にとってまず大事なのが、夏に肌が受けたダメージの回復です。
夏よりも一層乾燥に気をつけ、保湿を十分に行うことが肝要です。

 

②内側からも保湿を

秋の保湿で気を配るべきは、肌だけではありません。

秋は、季節の変わり目のため、短期間の間でも寒暖の差が激しく、室外だけではなく、室内でも冷暖房による乾燥が起こりがちです。

そこで、水分をこまめに摂り、体の中からも保湿を心がけましょう。

 

③紫外線対策

夏が終わったからと言って、紫外線対策を怠ってはいけません。

なんと10月の紫外線量は多くて真夏の70%ほどに及ぶ時もあるのです。

10月は行楽などで外へ出かける機会も多い月です。

日焼け止めを塗るなどし、しっかりと紫外線対策を取りましょう。

 

④「秋の夜長」に気をつけたい睡眠のこと

一年のうちでも、10月は夜の時間帯が長い月です。

そのため、読書やDVD鑑賞などを楽しむ機会も増えることでしょう。

しかし、夢中になり過ぎて、夜更かしをしてしまうと、肌にはあまり良くありません。

肌のうるおいを生み出す「ゴールデンタイム」と呼ばれている22時から2時の間には、質の良い睡眠を摂り、肌も体も健やかでいましょう。

 

⑤血行促進

肌細胞は、他のすべての細胞と同じように、血液によって栄養を巡らせ、老廃物を輩出します。10月になり寒くなると、血管が収縮し血流が悪くなります。

それによって、肌細胞が新しい皮膚を生み出す機能や、うるおいを作る機能が低下し、結果、肌も乾燥したりダメージを受けてしまいがちになります。

したがって、肌をマッサージしたり、温めることによって血行を促進することによって機能の働きを促すことができます。

 

 

 

 

 

Haeruman / Pixabay

 

 

お肌のカサカサが酷い際のお肌の手入れで気遣う点
お肌のカサカサが酷い際のお肌の手入れで気遣う点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

どういった化粧品を使ってるかも大切なんだけど、その他にも乾燥している皮膚を少しだけでも改善するための方法には正しい洗顔方法を頭に入れることも大切なことなんだネ。

 

ちょっとネットなんかを参考に新しいことをしてみたり、それなりに手間をかけると表皮の乾燥状態を防ぐことが望めるよ。

 

きめ細やかな肌を身につけるにはカサつく肌の治療することがとっても大事です。

 

潤いが不十分なことが、脱水の大きい要因だと捉えられてる方もいるんじゃないの?

でも、水分だけがこと足りてても駄目なんですってよ。

 

そこには、適正な量であれば…の話だけど、油の成分も表皮に与えることで、尚一層手っ取り早くカサつく肌の改善ができます。

 

 


 

 


 

 

白い肌になりたいのに、その前に脱水状態の乾燥肌がすごく酷すぎて、自分自身の肌質に合っている化粧水が見つける事ができない人達も多いと聞いたことがあるけど。

 

白くキレイな肌に役立つための白く透き通るような肌を作る成分は肌への刺激が強いものも多く売っていますが、その中にも低刺激で肌膚を守るものも意外に多く販売されているから安心していいと思うんですよね。

 

でも、市販されてる体を洗う石鹸にはカサつく皮膚の方たちとっては働きかけが強くですぎてしまう製品もあると聞きました。要注意だよね!!!

 

刺激の強すぎる成分は、皮膚に痛みとかムズムズした痒みが起こる誘因になり得るから、日常生活の中でも原材料や含んでいる成分をちゃんと調べたりして自然的な商品を選択できるように心がけるとすごく安全です。

 

 

ところであなたは、「どうせパサパサの肌でなす術なし」と改善を放棄してない?

 

すぐに外皮の質が変化することはまずもってあり得ないのですが、表皮の細胞はだいたい1ヶ月くらいで活発化するんだよ。

 

ですから、普段の生活で意識出来れば徐々に状態は改善してくと思うから、要は・・・

 

忍耐、忍耐、忍耐が重要なんです。。。。。

 

 

Zerocool / Pixabay

 

 


 

 

皮膚の乾燥がとてもひどい時にするお肌の手入れの注意点

 

透き通るような肌を目指したいばっかしに、美しい白い肌用のスキンケア化粧品を利用してみたことにより、逆にあなたのお肌はパサつく表皮になってしまった・・・なんと経験ありませんか??

 

不可欠なことは、思い描いている肌を手にするために必要な栄養を含んでいる成分が入っているスキンケア化粧品だったかどうかですよね。

 

白く美しい肌としっとり感のある皮膚の2つは併せて手にすることが出来ます。

 

オールインワンジェルでも!

 

 

外皮の乾燥状態と色素斑には密接な関連性が実はあります。

 

脱水状態の表皮の人たちのでは角質が硬くなって、そのためターンオーバーしたとしても古くなってる角層の状態で留まります。それ故細胞の再生も止まり、そのためメラニンが外皮に留まっることが最大の理由です。

 

シミは歳を重ねると揃って増量しますが、それらの導因は年齢を取れば進んでく外皮のカサカサなのです。元々そんなことなかったのにカサカサの外皮になってきているかもしれない方々は元々と変化がないお肌ケア対策だけではない、潤いを重きを置いて意識できることを目指していきましょうね。常日頃のケア以外にも、毎日の生活のあり方を反省していくことも乾燥している肌の治療に大事です。

 

日常スタイルの治療はありがたいことに褐色斑の改良だったり吹き出物を直すのにも関わってますから、綺麗な肌が欲しいなら必要です。生活習慣の見直ししてみましょうよ。

 

乾燥肌だと一口に言っていても人たちよっては肌の有様は違います。ほんの一握り方に効果がありましても、それが違う人からしてみると何1つの作用も起こらない場合も予想されます。

 

そういうことからやたらに土台となるスキンケア用品を試してみるよりも、きっちりと表皮を確認して、貴女の体質に調和するスキンケア製品だったりクリームを選択しましょう。

 

ではどんなクリームの選択が良いのか・・・

 

その答えはこのサイトにはたくさんありますよ。。。