カテゴリー:スキンケアの記事一覧

カテゴリー:スキンケア
シミに効果あり!ハイドロキノンその実態は?
シミに効果あり!ハイドロキノンその実態は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

ハイドロキノンクリームとは???

 

30代以後に目立ちはじめるシミや、色濃くなるそばかすなどについては、

 

ハイドロキノンの我が家メンテがお奨めだね!

 

シミ・そばかす・ニキビ跡の色素沈着に関することまで、気にかかるところにハイドロキノンクリームを塗り込むさえすれば、綺麗な肌へと誘うと話題となっています。

 

 

シミに効くハイドロキノン

気候が温かくなってくると同時に、ジワジワ強くなっていく紫外線。
4月になると紫外線真っ盛りの時期です。そこで紫外線についておさらいをしておきましょう。紫外線が一番強くなる時期は?8月、と答えていたら、あなたは非常にキケンです!

 

日差しが強くて、肌がジリジリ焼けてくる8月は、一見紫外線が強そうに思いますが、1年でもっとも紫外線が強くなるのはそれよりも前、なんと、5月なんです。

 

そして、その1か月前の4月は5月に次いで第2位、紫外線が十分強い時期なのです。
油断していたら、あなたの肌の内側にはメラニンがみるみる形成され、シミができてしまいます!

そうなる前の・・・紫外線対策です!!

 

でも、できてしまったシミはどうしたらいいんでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

当然のことながら、すでにシミができてしまった肌に、日焼け止めを塗っても、シミはなくなりません。できてしまったシミには、別のアプローチが必要になるのです。

 

シミができると、見た目年齢がかなり上がってしまいます。

 

老け顔を回避するためにも、シミ対策のスキンケアは大切です!

 

美白に良いとされる成分には、いろいろなものがありますが、その中で注目されているのが・・・

 

ハイドロキノン」です。

 

 

 

Ichigo121212 / Pixabay

 

 

 

ハイドロキノンの効果効能は?

ハイドロキノンは「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑制し、メラニンの生成を抑える作用があります。私たちの肌は、紫外線を浴びると、そのダメージから守るために、色素細胞「メラノサイト」からメラニンが生成されます。これがシミのもとになるものです。

 

メラニンの生成を抑制するチロシナーゼを抑制する成分には、コウジ酸、アルブチンなどもあります。しかし、現在確認されている中で、メラニン抑制効果が最も高いのがハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンは、メラニン生成を抑制するだけではなく、すでにできてしまったシミを薄くする作用もあります。色素沈着に高い効果があり、それは「漂白作用」と形容されることも。

 

ハイドロキノンの美白効果は、アルブチンの100倍とも言われています。

 

もともと、ハイドロキノンは皮膚科医によって使用されてきた成分です。

主に、肝斑の治療のために使われてきました。

それを美白成分として活用され、現在に至るわけです。

 

 

ハイドロキノンという言葉、美白を気にする人なら一度は聞いたことがあるかもしれません。そう、ビーグレンの美白化粧品に使われている成分ですね!

 

 

ハイドロキノン配合の化粧品おススメは?

 

ドクターズコスメであるビーグレンは、通販だけに販売を特化しているにもかかわらず、高い人気のあるメーカーです。その人気の理由には、医師により開発されたドクターズコスメであるという点が挙げられるでしょう。

 

ビーグレンの化粧品は、国際特許を取得した浸透技術により、成分がナノカプセル化されています。だから、お肌の奥に届きやすく、効きやすい。

 

もちろん、ハイドロキノン配合の美白化粧品にもこの浸透技術は採用されています。

 

しかし、ビーグレン以外にも、ハイドロキノンを配合した化粧品はいくつかあります。

 

選択肢を広げるために、なるべく多くの種類のハイドロキノン配合化粧品を知っておいたほうが良いですよね。

 

 

 

 

nanshy / Pixabay

 

 

スキンケアと便秘改善!目指すはスッキリお通じ!
スキンケアと便秘改善!目指すはスッキリお通じ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

11165576 / Pixabay

 

 

お肌の調子と密接な関係にあるのが“便秘”です。

 

しかしながら、便秘というのはなかなか改善しないものです。

 

根本的な改善が大事だとはわかっていても、なかなか来ないので、「今すぐ出したい!」とイライラしたりしませんか?そんなあなたのために、速攻で効く方法をご紹介します。

 

この方法は、薬のように依存性がないうえに、便秘の根本的な改善にも役立ちます。
続けていると、お通じが来やすい体になっていきますぜひお試しください。

 

ガンコな便秘を解消し、速攻ですっきりさせるためには、まず準備が必要です。そのためには、前の日から準備しておきましょう。

 

まず、腸が働きやすくなる環境を整えます。さらに、便をやわらかくするケアも必要。どれも簡単に実践できる方法です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

腸が働きやすい環境を整える

本来、腸は、ぜん動運動をすることで、便を外に押し出しています。でも、便秘になると、それができなくなります。それには、運動不足や姿勢の悪さ、睡眠不足、ストレスなどの生活習慣の乱れが関係しています。

 

これにより、腸の働きが悪くなってしまっているのです。このような状態が続くと、ぜん動運動がうまくはたらきません。

 

 

便を柔らかくする

何日もの間、腸の中に便がたまっていると、だんだん水分がなくなってカチコチになります。その便がフタとなり、腸の通り道を塞いでしまうことに。これだと、自力で出すことはできません。

 

そこで、硬くなった便を押し出すために、便を柔らかくして、もちもちの状態にしていくことが大切です。

 

これら2つのことを念頭に置きながら、お通じが来るように、食事には気を付けたいです。

 

 

おすすめは以下の方法。

 

・夕食にたっぷりのオリーブオイルをとる・・・便を柔らかくするためには、オリーブオイルが役に立ちます。

 

便を柔らかくするために水をたくさん飲んでいる方は多いかもしれません。しかし、水は一気飲みしたとしても、尿と一緒に流れて行ってしまうので、それほど効果は出ないのです。

 

それに比べて、オリーブオイルは、粘度があるので、便をコーティングして、すべりをよくしてくれます。便の全体をもちもちの柔らかい状態にすることもできます。

 

オリーブオイルを使うからと言って、別に毎日イタリアンにしないといけない、というわけではありません。いつも通りの料理を使う時に、調味料をオリーブオイルにするだけでもいいのです。

 

むしろ、夕食は、ゴージャスなイメージのイタリアンとは真逆の、質素系のほうが便秘には効果があります。消化しにくい食べ物を食べてしまうと、排泄の邪魔をしてしまうものです。腸が消化に必死になってしまって、排泄力が落ちてしまうのです。

 

そこで、おすすめなのが、野菜サラダを食べること。

 

サラダをつくる生野菜は、腸の掃除をするための食物繊維、腸を柔らかくする水分がたっぷり含まれています。野菜は消化がいいので、排泄のじゃまにもなりません。

 

生野菜サラダを作り、そこにたっぷりのオリーブオイルと、少量の塩をかけて食べてみましょう。

 

翌朝にはもちもちの便がつくられているはずですよ。

 

 

JillWellington / Pixabay

乾燥からお肌を守るバリア機能・乾燥肌対策お見せします!
乾燥からお肌を守るバリア機能・乾燥肌対策お見せします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

もうすぐ、なにかとお肌がカサカサしがちな季節がやってきます。

 

夏の頃は気にならなかったのに、化粧品を付けると刺激を感じたり、空気が悪いところにいると肌がぴりぴりしてしまいやすくなります。

 

これは、お肌が乾燥して、敏感になっているせいです。

 

お肌のバリア機能が低下してしまっています。

 

お肌のバリア機能というのは、健康な肌なら、誰しも本来、持っているものです。

水分を保ち、みずみずしくうるおわせるための機能です。

 

さらに、外部からの刺激をシャットアウトし、

トラブルを起こしにくい、丈夫なお肌を保たせてくれます。

 

バリア機能が正しく働いているお肌は

角層内で角質細胞がレンガのように並んでいるお肌です。

 

 

 

Haeruman / Pixabay

 

 

 

細胞内にNMF(天然保湿因子)があって、お肌のうるおいが保たれます。そして、そのレンガの間を埋めるのが、セラミドなどの保湿成分です。

 

角質細胞と保湿成分が一体化して、細胞同士がぴったりくっついている状態が、バリア機能が働いている状態です。

 

しかし、間違ったスキンケアをしていたり、生活習慣が乱れていたりすると、お肌は乾燥してしまいます。間違ったスキンケアというのは、例えば、洗顔をしすぎてしまっているような場合です。あまり洗顔しすぎると、お肌に必要な水分、油分まで洗い流してしまい、乾燥してしまいます。

 

また、よかれとおもって、スキンケアのときに強くパッティングしすぎてしまっても、角層を傷つけてしまいまい、これもバリア機能を損なわせてしまいます。

 

 

 

 

生活習慣の乱れというのは、睡眠不足とか、ストレス過多とか、栄養不足とかいったものが考えられます。お肌のためには、ビタミンの摂取が大切です。

 

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンH、これらのビタミンは、お肌をつくるための大切なものです。

 

また、タンパク質、亜鉛、鉄など微量金属が不足していても、

保湿成分を十分に生成できなくなってしまい、バリア機能低下につながります。

 

バリア機能が低下すると、お肌は刺激に弱くなります。すぐに水分が逃げて行ってしまうようになり、乾燥しがちになります。そうなると、ますます肌荒れ、乾燥が進んでしまいがちです。

 

お肌のバリア機能が損なわれた状態になってしまったときは、

スキンケアも傷んだお肌用のやり方にチェンジしないといけません。

 

なるべくお肌に刺激を与えないようにして、お肌にやさしいスキンケアにすること。

そして、保湿成分をとりいれることです。

 

やさしいスキンケアと栄養摂取で、肌本来のバリア機能を取り戻しましょう。ただでさえ、冬の時期は空気が乾燥しているので、お肌の水分が奪われやすくなります。

 

冬の季節のスキンケアは、他の季節よりも一段進んだ保湿が必要となります。

しかしながら、お肌のためには、冬だけに限らず四季を通じてしっかりうるおいを補給しましょう。そして、ぷるぷるのお肌を目指しましょう。

 

 

Espressolia / Pixabay

 

 

 

 

お肌のカサカサが酷い際のお肌の手入れで気遣う点
お肌のカサカサが酷い際のお肌の手入れで気遣う点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

どういった化粧品を使ってるかも大切なんだけど、その他にも乾燥している皮膚を少しだけでも改善するための方法には正しい洗顔方法を頭に入れることも大切なことなんだネ。

 

ちょっとネットなんかを参考に新しいことをしてみたり、それなりに手間をかけると表皮の乾燥状態を防ぐことが望めるよ。

 

きめ細やかな肌を身につけるにはカサつく肌の治療することがとっても大事です。

 

潤いが不十分なことが、脱水の大きい要因だと捉えられてる方もいるんじゃないの?

でも、水分だけがこと足りてても駄目なんですってよ。

 

そこには、適正な量であれば…の話だけど、油の成分も表皮に与えることで、尚一層手っ取り早くカサつく肌の改善ができます。

 

 


 

 


 

 

白い肌になりたいのに、その前に脱水状態の乾燥肌がすごく酷すぎて、自分自身の肌質に合っている化粧水が見つける事ができない人達も多いと聞いたことがあるけど。

 

白くキレイな肌に役立つための白く透き通るような肌を作る成分は肌への刺激が強いものも多く売っていますが、その中にも低刺激で肌膚を守るものも意外に多く販売されているから安心していいと思うんですよね。

 

でも、市販されてる体を洗う石鹸にはカサつく皮膚の方たちとっては働きかけが強くですぎてしまう製品もあると聞きました。要注意だよね!!!

 

刺激の強すぎる成分は、皮膚に痛みとかムズムズした痒みが起こる誘因になり得るから、日常生活の中でも原材料や含んでいる成分をちゃんと調べたりして自然的な商品を選択できるように心がけるとすごく安全です。

 

 

ところであなたは、「どうせパサパサの肌でなす術なし」と改善を放棄してない?

 

すぐに外皮の質が変化することはまずもってあり得ないのですが、表皮の細胞はだいたい1ヶ月くらいで活発化するんだよ。

 

ですから、普段の生活で意識出来れば徐々に状態は改善してくと思うから、要は・・・

 

忍耐、忍耐、忍耐が重要なんです。。。。。

 

 

Zerocool / Pixabay

 

 


 

 

皮膚の乾燥がとてもひどい時にするお肌の手入れの注意点

 

透き通るような肌を目指したいばっかしに、美しい白い肌用のスキンケア化粧品を利用してみたことにより、逆にあなたのお肌はパサつく表皮になってしまった・・・なんと経験ありませんか??

 

不可欠なことは、思い描いている肌を手にするために必要な栄養を含んでいる成分が入っているスキンケア化粧品だったかどうかですよね。

 

白く美しい肌としっとり感のある皮膚の2つは併せて手にすることが出来ます。

 

オールインワンジェルでも!

 

 

外皮の乾燥状態と色素斑には密接な関連性が実はあります。

 

脱水状態の表皮の人たちのでは角質が硬くなって、そのためターンオーバーしたとしても古くなってる角層の状態で留まります。それ故細胞の再生も止まり、そのためメラニンが外皮に留まっることが最大の理由です。

 

シミは歳を重ねると揃って増量しますが、それらの導因は年齢を取れば進んでく外皮のカサカサなのです。元々そんなことなかったのにカサカサの外皮になってきているかもしれない方々は元々と変化がないお肌ケア対策だけではない、潤いを重きを置いて意識できることを目指していきましょうね。常日頃のケア以外にも、毎日の生活のあり方を反省していくことも乾燥している肌の治療に大事です。

 

日常スタイルの治療はありがたいことに褐色斑の改良だったり吹き出物を直すのにも関わってますから、綺麗な肌が欲しいなら必要です。生活習慣の見直ししてみましょうよ。

 

乾燥肌だと一口に言っていても人たちよっては肌の有様は違います。ほんの一握り方に効果がありましても、それが違う人からしてみると何1つの作用も起こらない場合も予想されます。

 

そういうことからやたらに土台となるスキンケア用品を試してみるよりも、きっちりと表皮を確認して、貴女の体質に調和するスキンケア製品だったりクリームを選択しましょう。

 

ではどんなクリームの選択が良いのか・・・

 

その答えはこのサイトにはたくさんありますよ。。。