カテゴリー:ビタミンC誘導体の記事一覧

カテゴリー:ビタミンC誘導体
美白に効くビタミンC誘導体
美白に効くビタミンC誘導体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ビタミンCは、美白、抗酸化作用のある成分として知られています。

 

でも、ビタミンCの成分そのものがとてもこわれやすく、不安定のため、化粧品に配合されていても、それを使ってビタミンCの効果が得にくいというデメリットがあります。

 

そこで、そのビタミンCの効果を損なわないように改良して、安定化させたものが

 

「ビタミンC誘導体」です。

 

 

ビタミンCを配合した化粧品は、この世の中にたくさんあります。でも、果たしてそれを使ったからと言って、ビタミンCの効能とされる、美白や抗酸化作用が得られるわけではないことに注意です。

 

ビタミンCをそのまま塗ったとしても、成分がもろいので、ほとんど皮膚に浸透しないでいます。そこで、ビタミンCを誘導体にします。すると、皮膚への浸透力が高まります。

 

それだけではなく、皮膚に浸透してから、ビタミンCに変化する、という特徴があるのです。これは最強です。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性があり、さらに水溶性と脂溶性の両方の性質を持つものがあります。それぞれで違いがあります。

 

 

 

 

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に配合されています。

 

リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどがあります。

 

 

脂溶性ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは本来、水溶性です。

 

しかし、ビタミンCに油を結合させて、エマルジョン状態にしたのが脂溶性ビタミンC誘導体です。水と油が合わさっていて、クリームなどに配合されています。

 

テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルなどがあります。

 

 

水溶性と脂溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体

 

親水性と親油性があり、浸透力がさらに高まります。

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)がそれにあたります。

 

ビタミンC誘導体は、いろいろな美容効果があります。

 

抗酸化作用、ターンオーバーを高める作用、色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、お肌を滑らかにする作用など。数え上げるときりがありません。それだけビタミンCがすごいということですね。

 

ビタミンCの効能を、そのままこわれないようにすると、こんなにすごい美容成分となるわけです。

 

ビタミンC誘導体のうち、分子が小さく、浸透しやすくしたタイプのものは、真皮でコラーゲン生成を促す効果があります。しみやしわ、お肌のたるみなど、いろいろなトラブルに効果があるのです。

 

ビタミンC誘導体は、美容にいい成分です。

 

でも、どれだけ使っても大丈夫、使えば使うほど効果が高まる・・・というわけではありません。使いすぎると、かえって肌トラブルを招いてしまいます

 

皮脂のコントロールにはたらきかえるので、もともとお肌が乾燥している方は、皮脂の量が減って、お肌が乾燥してしまいます。それがもとで、お肌がデリケートな状態になってしまうおそれがあります。

 

ビタミンC誘導体を使う時は、自分の肌タイプをしっかり把握し、適切なケアをしましょう。

 

>>>ビタミンC誘導体の効果へ進む

 

 

AdinaVoicu / Pixabay

おすすめビタミンC誘導体配合化粧水
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ビタミンC誘導体を配合した化粧水で、おすすめのものをご紹介します。

ビタミンC誘導体にもいろいろな種類がありますが、

もっとも高い効果を狙うなら、おすすめはAPPSです。

水溶性と脂溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体で、

言ってみれば両方の「いいとこどり」ができます。

 



~おすすめのAPPS配合ビタミンC誘導体化粧品~

★サイクルプラス【2剤式化粧水】エンリッチローション
内容量:80ml+パウダー
参考価格:2,800円(税抜)

高い浸透性のビタミンC誘導体「APPS」をたっぷり配合しています。
2剤式になっています。
エイジングケアとして、紫外線やストレスからお肌を守る
抗酸化作用のあるビタミンEやヒアルロン酸、EGF/FGF様ペプチドなども配合しています。
ハリと透明感のあるお肌になれます。
アンチエイジングに興味がある方には、おすすめのビタミンC誘導体配合化粧品です。

 

★Gran Grace(グラングレース) ローション
内容量:40ml【約1ヶ月分】
参考価格:2,800円(税抜)

高い浸透性のビタミンC誘導体である、APPSがたっぷり配合されています。
そのほかに、保湿成分である、ヒアルロン酸、抗酸化成分のビタミンEを配合しています。
お肌のきめを整え、うるおいをあたえてくれます。
乾燥によるくすみ、しわ、たるみなどなどが気になる方にはおすすめです。

 

★ドクターケイ ビタミンC誘導体化粧水 ケイカクテルVローション
内容量:150ml
参考価格:7,000円(税抜)

高い浸透性のビタミンC誘導体である、APPSを含みます。
そのほかに、12種類のビタミンを配合。お肌のお悩みを幅広くケアしてくれます。
保湿成分であるコラーゲンとヒアルロン酸も配合しています。

とろみのあるテクスチャー、でお肌になじみやすいです。
乾燥する季節におすすめ。乾燥を防いで、うるおいのあるお肌を保たせてくれます。

 

~おすすめの敏感肌用ビタミンC誘導体化粧品~

ビタミンC誘導体配合の化粧品は、高い美容効果を期待できますが、
その反面、その効果の高さゆえに、お肌を乾燥させてしまいがちなところがあります。

なので、敏感肌の方には、使いづらいかもしれません。

でも、ビタミンC誘導体でスキンケアしたい! という方のためにおすすめしたいのが、

敏感肌用につくられたビタミンC誘導体です。

保湿成分がたっぷり配合されているので、お肌が乾燥しにくいのです。

保湿成分については、お肌となじみやすく、
潤いを与えてくれるセラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンをあわせて配合しているケースが多いです。

トラブル回避のために、まずは、トライアルセットから試してみることをお勧めします。

 

★ASTALIFT(アスタリフト)ホワイトローション

内容量:150ml
参考価格:3,800円(税抜)

ビタミンC誘導体配合化粧水で、整肌成分であるビタミンC誘導体、のほかに、
保湿成分として、コラーゲンやヒアルロン酸も配合しています。

日中の乾燥肌対策に効果的です。

トライアルセットが販売されており、
こちらは1,000円とお手頃価格なので、まずはこちらから試してみると良いです。

 

>>>ビタミンC誘導体ならイオン導入がおすすめ!へ戻る

>>>美白に効くビタミンC誘導体へ進む

ビタミンC誘導体ならイオン導入がおすすめ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

イオン導入とは、皮膚科やエステサロン、ホームエステなどで行われている方法で、比較的安価で受けられることが特徴です。美肌に興味がある方は、すでに試したことがある方も多いのではないでしょうか。

 

イオン導入とは、美容成分をお肌の内側に浸透させるための施術です

器械を使い、お肌に微弱な電流回路をつくり、お肌のバリア機能を通じて有効成分を浸透させます。

イオン導入で入れると、そのまま塗布した場合に比べて、30~100倍もの浸透力があると言われています。

美容成分をお肌のより奥まで届けることができます。

 


 


 

イオン導入する成分で、よく使われているのが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、イオン導入で効果を出しやすい成分であるためです。

成分により、プラス因子を帯びるか、マイナスになるかは違います。リン酸型ビタミンC誘導体の場合は、マイナスに荷電します。

顔の皮膚の電極がマイナスにすると、マイナス通しで反発し、電極から遠ざかるために、お肌の内部へと浸透してくれるわけです。電流の力を利用して、お肌の浸透力を高めます。

ビタミンC誘導体以外では、ビタミンAやプラセンタ、トラネキサム酸なども、イオン導入に適した美容成分です。

ビタミンC誘導体がお肌の真皮まで届くと、コラーゲンが生成されやすくなり、しわ、たるみが改善されます。

毛穴が引き締まり、メラニンが還元され、ニキビ痕が改善し、アンチエイジングに役立ちます。いいことづくめですね。

しかし、どんなにいいお手入れでも、過剰に行ってしまうと、逆効果になってしまいます。

皮膚科に通ってイオン導入を受けるのは、週に1回程度が適しています。

家庭用に市販されているイオン導入器なら、クリニックで使う機器よりも力が弱いので、1日に1回くらいは使って大丈夫です。

お肌が弱い方は、トラブル回避のために、お肌の状態に注意しながら使うようにしましょう。

高すぎる濃度のビタミンC誘導体を使ってしまうと、その成分により刺激を受けてしまいます。

家庭でイオン導入器をつかうときは、まずクレンジングや洗顔で、メイクや余分な汚れを落としてから使うようにしましょう。脂溶性のビタミンC誘導体はイオン化されにくいです。

おすすめは、水溶性ビタミンC誘導体ですから、これを使って家庭でイオン導入するようにしましょう。

イオン導入のときに、もっとも注目したいのが、「APPS」です。

これは、水溶性と脂溶性の両方を組み合わせたビタミンC誘導体です。

通常のビタミンC誘導体よりも、さらに高い効果が期待できます。

ホームエステとしてビタミンC誘導体を使うなら、これを使うのがおすすめです。

APPSは、塗布するだけでも高い浸透性があります。

従来のビタミンC誘導体に比べて、100倍もの浸透力があると言われています。

これをイオン導入でお肌の奥に入れてあげれば、さらに浸透力が上がり、美肌効果が高まるというわけです。

 

>>>ビタミンC誘導体の選び方へ戻る

>>>おすすめビタミンC誘導体配合化粧水へ進む

ビタミンC誘導体の選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ビタミンC誘導体には、水溶性と脂溶性、その両方の性質を持つものと、3種類があります。

どのビタミンC誘導体が配合されるかは、化粧品によって違います。

化粧水は水なので、水溶性のビタミンC誘導体が配合されていることが多いです。

ただ、必ずしも化粧水=水溶性ビタミンC誘導体と決まっているわけではありません。

両方が配合されているビタミンC誘導体の場合、即効性の高い水溶性ビタミンC誘導体の性質と、皮膚に長時間とどまってはたらきかけてくれる脂溶性ビタミンC誘導体の両方の効果が期待できることになります。

 



 

水溶性ビタミンC誘導体の中でも、高濃度で配合できるものは、濃度によって溶けにくくなるものなど、それぞれで特徴に違いがあります。

ビタミンC誘導体には、活性酸素の除去、メラニン色素の抑制作用など、いろいろな効果があります。

一緒に配合することで、その効果を相乗効果でさらに高めてくれます。

なので、ビタミンC誘導体を配合した化粧品を選ぶときは複数のビタミンC誘導体が一緒に配合されているものを選ぶのがおすすめです。

たとえば、美白効果をもたらしたいのなら、メラニン色素の抑制作用がある成分が配合されたものを選ぶと、ビタミンC誘導体の美白効果をさらに高めることができます。

ビタミンC誘導体と一緒に配合されていることが多い美容成分をまとめてみました。お悩みごとに、美容成分を組み合わせて考えるといいですよ。

 

*メラニンをつくるという情報の伝達を抑制する

カモミラET、トラネキサム酸など。メラノサイトが活性化する情報伝達を抑制してくれます。

 

*チロシナーゼの活性を阻害する

コウジ酸、エラグ酸など。酵素チロシナーゼの活性を阻害することで、メラニンの生成をおさえてくれます。

 

*メラニン生成をおさえる

アルブチン、イソフラボンなど。メラニン生成を抑えてくれます。

 

*抗酸化作用

ビタミンE、アスタキサンチン、レスベラトール、フラーレンなど。

ビタミンC誘導体の抗酸化作用を補って、より効果を高めてくれます。

 

*活性酸素除去

甘草エキス、ローズマリーエキス、ユキノシタエキスなど。

活性酸素を除去することで、メラニンの生成がおさえられます。

 

 

ビタミンC誘導体にもこの作用があるのですが、組み合わせて使うと、さらに効果が高まります。

ビタミンC誘導体の化粧品を選ぶときは、つい濃度で選んでしまいがちです。

「高濃度に配合!」などと書かれていると、それだけで飛びついてしまいたくなりますよね。

でも、一番大事なのは、自分のお肌にとって何が一番必要か、ということを考えて、それに適するビタミンC誘導体を選び、

さらに相乗効果をもたらしてくれる美容成分が一緒に配合されているものを選ぶことです。

自分のお肌にぴったり合う化粧品を使えば、それだけ効果も出しやすくなりますよ!

 

>>>ビタミンC誘導体の効果へ戻る

>>>ビタミンC誘導体ならイオン導入がおすすめ!へ進む