カテゴリー:スキンケア化粧品の記事一覧

カテゴリー:スキンケア化粧品
JFエッセンスの効果は抗シワ成分“シンエイク”にあり!!
JFエッセンスの効果は抗シワ成分“シンエイク”にあり!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

『JFエッセンス シンエイク原液ケアセット』

 

シンエイクを原液のまま配合した美容液「JFエッセンスS.A」とリンゴ幹細胞エキスを高濃度(2%)配合した美容液「JFエッセンス」、フラーレンやα-アルブチン、EGF、天然セラミドのセレブロシドなどを贅沢に配合した化粧水「JFエッセンスS.Aローション」の3点セットです。

 

 

 

 

シンエイクとは?

 

 

 

 

数年前から、美容アイテムで注目を集めるようになった成分は数多くあるんですが、中でも、1番強烈なイメージを与えたのが蛇毒に似た働きをすると言われている「シンエイク」でしょう。

 

美容成分の「シンエイク」ですが、名前は聞いたことがあっても、それが何なのか知らない方が多いのが現状でしょう。

 

人間は、毒蛇に噛まれると腫れたり噛まれた部分が壊死したりしますよね。

 

蛇の毒には、筋肉を麻痺させて動きを止める働きがあるんです。そんな、筋肉を弛緩させる働きをもつ蛇の毒をヒントに作り出された成分のことで、決して蛇の毒で作られたいるんではないんです。

 

 

実際のところは蛇の毒の機能を検証して、有害性を取り去った成分を人工的に生成しているにすぎませんから、シワやたるみが気に掛かる部位に塗りつけたところで、健康に悪影響を与えることなどありません。

 

従って、シンエイクについての副作用は一切確認されていません。ですから、しわやたるみの解消効果を期待するなら、良質なシンエイクをたっぷりと配合しているコスメを選ぶべきです。

 

 

JFエッセンス シンエイク原液ケアセット』で使用される「シンエイク」は、純度100%原液です。

 

だから、翌朝、ぷるぷる、ピーン

 

 

幹細胞が肌を活性化し衰えた肌が蘇る!

 

 

見た目年齢が劇的に変わる!4ステップ!!

 

あなたは見た目年齢に自信を持てますか?

『JFエッセンス シンエイク原液ケアセット』を使った見た目年齢が劇的に変わる!エイジングケアの4ステップ紹介します。

 

ステップ1、いつもお使いのクレンジング・洗顔でお顔の汚れをしっかり落としましょう。

ステップ2、化粧水「JFエッセンスS.Aローション」を手に取りお肌に含ませるように馴染ませます。

ステップ3、美容液「JFエッセンス」を100円玉大ほど手に取ります。

 

ステップ4、それに「JFエッセンスS.A(シンエイク)」を加えシワの気になる部分に集中して塗り込みます。

 

だから、翌朝、ぷるぷる、ピーン

 

詳しくはこちらで確認

 

 

ビタミンEの本当にすごい効果とは?
ビタミンEの本当にすごい効果とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

ビタミンEというと、「若返りビタミン」というイメージがありますね。

 

エイジングケア作用が高い、抗酸化物質です。

 

私たちの体は、酸素を吸収し、活性酸素を生むようにできています。

 

活性酸素は、私たちの体を外敵から守ってくれるものですが、なんらかのトラブルにより、過剰に生成されてしまうと、私たち自身の体を攻撃してしまいます。

 

体が活性酸素に攻撃されると、見た目年齢が上がって老け顔になってしまいます。もともと、ビタミンEは、不妊症の研究がきっかけで発見されたビタミンであるという歴史があります。

 

ビタミンには、大きく分けて、水に溶ける「水溶性ビタミン」と脂に溶ける「脂溶性ビタミン」があります。

 

 

水溶性ビタミンの代表はビタミンC脂溶性ビタミンの代表がビタミンEです。

 

 

ビタミンCも、エイジングケア効果が高いビタミンCとして知られていますね。

 

天然のビタミンEは、トコフェロール類とトコトリエノール類に分類され、さらにそれぞれα、β、γ、δに分類されます。だから全部で8種類。

 

その中でも、食べ物の中に存在するビタミンEは、αトコフェロールとγトコフェロールがほとんどです。ちなみに、トコトリエノールは、食品中には、ごくわずかしか含まれていません。

 

そのため、栄養的にはあまり重要であないのではないかという見方が一般的でしたが、最近では、血中コレステロール値を下げる作用があるということがわかっています。

 

 

Engin_Akyurt / Pixabay

ビタミンEは、脂溶性ビタミンです。脂からできている細胞膜にあり、活性酸素の攻撃から、細胞膜を守るのがそのはたらきです。

 

体内にある脂質が酸化すると、過酸化脂質となります。

 

過酸化脂質は活性酸素と同じく、老化や、生活習慣病を引き起こしてしまうものです。

とくに、40代になると、血中の過酸化脂質の量が急激に上がります。ビタミンEには、そんな脂質の酸化を防いでくれる役割もあるのです。

 

まさに、若返りのためのビタミンですね!

 

ビタミンEを多く含む食べ物は、アーモンドや落花生などのナッツ類。

また、植物油、ナッツ油にも豊富に含まれます。

 

脂っこい食べ物にばかり含まれているのかと思いきや、野菜にも含有量が多いものがあります。たとえば、ホウレンソウ、カボチャなど。

 

木綿豆腐、レモン、キウイ、卵、たらこ、いわし、うなぎにもたくさん含まれています。

 

ビタミンEの1日の摂取目安は、成人なら8㎎です。上限の量は800㎎です。

 

 

目安というのは「最低限必要な量」ということで、「これだけとっておけば十分な量」というわけではないことに注意。

 

ビタミンEの健康効果を得るには、1日最低、100~300㎎は摂取しておいたほうがいいと言われています。

 

ビタミンEの目安量の8㎎を食品から採るとすると、ホウレンソウなら1.5束~2束くらい。

木綿豆腐なら5~6丁。少しの量ですが、食べ物でとろうと思うと、かなり食べないといけません。カボチャなら4分の1。これならいけますね。

 

目安量くらいなら、食べ物から摂ることはできます。

 

>>>ビタミンEの効能へ進む

 

 

DzeeShah / Pixabay

美白に効くビタミンC誘導体
美白に効くビタミンC誘導体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ビタミンCは、美白、抗酸化作用のある成分として知られています。

 

でも、ビタミンCの成分そのものがとてもこわれやすく、不安定のため、化粧品に配合されていても、それを使ってビタミンCの効果が得にくいというデメリットがあります。

 

そこで、そのビタミンCの効果を損なわないように改良して、安定化させたものが

 

「ビタミンC誘導体」です。

 

 

ビタミンCを配合した化粧品は、この世の中にたくさんあります。でも、果たしてそれを使ったからと言って、ビタミンCの効能とされる、美白や抗酸化作用が得られるわけではないことに注意です。

 

ビタミンCをそのまま塗ったとしても、成分がもろいので、ほとんど皮膚に浸透しないでいます。そこで、ビタミンCを誘導体にします。すると、皮膚への浸透力が高まります。

 

それだけではなく、皮膚に浸透してから、ビタミンCに変化する、という特徴があるのです。これは最強です。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性があり、さらに水溶性と脂溶性の両方の性質を持つものがあります。それぞれで違いがあります。

 

 

 

 

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に配合されています。

 

リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどがあります。

 

 

脂溶性ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは本来、水溶性です。

 

しかし、ビタミンCに油を結合させて、エマルジョン状態にしたのが脂溶性ビタミンC誘導体です。水と油が合わさっていて、クリームなどに配合されています。

 

テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルなどがあります。

 

 

水溶性と脂溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体

 

親水性と親油性があり、浸透力がさらに高まります。

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)がそれにあたります。

 

ビタミンC誘導体は、いろいろな美容効果があります。

 

抗酸化作用、ターンオーバーを高める作用、色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、お肌を滑らかにする作用など。数え上げるときりがありません。それだけビタミンCがすごいということですね。

 

ビタミンCの効能を、そのままこわれないようにすると、こんなにすごい美容成分となるわけです。

 

ビタミンC誘導体のうち、分子が小さく、浸透しやすくしたタイプのものは、真皮でコラーゲン生成を促す効果があります。しみやしわ、お肌のたるみなど、いろいろなトラブルに効果があるのです。

 

ビタミンC誘導体は、美容にいい成分です。

 

でも、どれだけ使っても大丈夫、使えば使うほど効果が高まる・・・というわけではありません。使いすぎると、かえって肌トラブルを招いてしまいます

 

皮脂のコントロールにはたらきかえるので、もともとお肌が乾燥している方は、皮脂の量が減って、お肌が乾燥してしまいます。それがもとで、お肌がデリケートな状態になってしまうおそれがあります。

 

ビタミンC誘導体を使う時は、自分の肌タイプをしっかり把握し、適切なケアをしましょう。

 

>>>ビタミンC誘導体の効果へ進む

 

 

AdinaVoicu / Pixabay

オイルはスキンケアに欠かせない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

オイルはスキンケアに欠かせないという女性も最近よく耳にします。スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、今よりさらに保湿力を上げることができてるとされています。オイルの種類を変えることによってもいろいろと効果が変わってきますので、自分の肌に合った適度なオイルを使ってみるといいでしょう。さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、新鮮なものを選ぶことも重要です。ご存知の通り、冬が来ると寒くて血液が上手に流れなくなります。血のめぐりが良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができてず、代謝が乱れることになってしまいます。そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、血行促進することが大事です。普段から、血のめぐりが良くなれば、体の新陳代謝が良くなり、健康的で、美しい肌を創れるようになります。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は変化をつけなければなりません。

365日全く代わらない方法で「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていればそれで大丈夫という理由ではありません。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというようにお肌にとって大事なことなのです。そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も季節にあったケアをする事も大事なのです。プラセンタの効き目ををもっと強めたいのなら、どんな時に飲むかを考えることも重要です。一番効くのは、オナカがすいた時です。一方でオナカが満たされている時は吸収は悪く、飲んでも本来の効果が十分表れないこともありえます。また、睡眠前に摂取するのもいいかと思われます。人間の身体の機能は眠っている間に治癒が行なわれるため、寝る前に飲むのが効果が期待できます。肌荒れが生じた場合には、セラミドをご飯に取り入れてちょうだい。セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質層は複数層の細胞から造られていて、、細胞と細胞とを糊のように繋いでいる理由です。表皮を健康な状態に維持するバリアのように機能する事もあるため、必要量を下回ると肌荒れが発生するのです。お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。オリーブオイルでお化粧落としをしたり、顔を覆うようにつけてしばらく置いたり、よく小鼻に溜まりやすい皮脂の汚れをきれいに落としたりと、さまざまなやり方で使われているようです。かと言っても、上質なオリーブオイルを用いなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。同様に、自分には適合しないなと思った場合もただちにお肌に使うのはやめて下さい。

「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」ということをよく耳にしますが、それは美白に関しても同じです。本当に肌を白くしたいと思うのなら、タバコは即刻、止めるべきなのです。その理由として第一に挙げられているのが、タバコによってビタミンCが壊されてしまうことです。喫煙すると、白く美しいお肌のために必要不可欠なビタミンCが減ってしまいます。どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないということが一番のポイントです。保存料みたいなものは刺激が強いのでかゆみや赤みを引き起こしがちで、どみたいなものが使われているのか、しっかりと確認しましょう。また、メジャーだからといって誰にでも合う理由ではないので自分の肌にあったものを選びましょう。冬になるにつれ空気は乾燥していき、それに伴って肌の潤いも奪われます。潤いが肌に足りないと肌にトラブルを起こす要因となるので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを起こさないためにも保湿と保水を手抜きをしないようにしてちょうだい。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。アンチエイジング成分配合の化粧品を使うことで、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象をゆっくりにすることができてます。しかし、アンチエイジング化粧品を使用していても、身体に悪い生活ばかりしていては、肌の老化のほうが優ってしまい効き目はわからないでしょう。外からだけでなく体の中からスキンケアするということも忘れてはいけないことなのです。