カテゴリー:豆腐dietの記事一覧

カテゴリー:豆腐diet
豆腐ダイエット活用法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐は、大豆レシチン、大豆オリゴ糖、大豆サポニン脂肪を燃焼させるたんぱく質、鉄分を多く含むダイエット食材です。

ローカロリーで低GI値というのも魅力的です。

1週間のうち3回以上、1食を豆腐と置き換える豆腐ダイエットを実践すれば、痩せ効果は絶大です!

豆腐大好き! という方はもちろん、「豆腐はあんまり食べないんだけど・・・」という方まで、豆腐ダイエットを実践して、痩せを手に入れていただきたいです。 

豆腐大好き! という方は、このダイエットをするのに、あまりストレスは感じないはずです。

でも、「豆腐はあんまり食べなくて・・・」という方は、楽しく置き換えられるように、工夫する必要があるかもしれませんよね。

豆腐ダイエットをもっと楽しくする方法について、ご紹介します。



豆腐にすぐ飽きてしまう

豆腐はそのまま食べていると、どうしても飽きてしまいます。そんなときには、飽きがこないように、違うものを食べると良いですね。

豆腐と一口に言っても、絹ごしどうふ、木綿どうふ、寄せどうふなど、いくつかの種類があります。今日は木綿、次の日は寄せ、という風に、チェンジすると良いですね。

豆腐ではなく豆乳を飲む、というもアリです。豆腐と豆乳は、ほぼ同じ成分からできています。
だから、豆腐には飽きた! というときは、豆乳を飲んでも全く問題ありません。プレーンタイプ以外に、紅茶味、抹茶味など、いろいろなフレーバーが発売されていますよね。こうしたものを活用すれば、ダイエットの食事にいろどりが生まれます。

凍らせてみるのもひとつの方法です。凍らせると、豆腐は食感が変わります。ラップに包み、冷凍庫に入れておきましょう。使うときには解凍して、食べやすい大きさに切ります。水が抜けて、噛みごたえが出てきます。スイーツにしてしまうのも良いですね。

豆腐はシンプルな味わいなので、スイーツにもアレンジしやすいんです。
ヨーグルトにかけたり、みつをかけたりするだけで、立派なスイーツになります。

 

豆腐の豆くさいのが気になる

豆腐の原料である大豆には、独特のにおいがあります。これが嫌、という方もいます。
そんなときには、熱湯でゆでるのがおすすめ。くさみが抜けて、食べやすくなります。
しょうやなどの薬味、豆板醤、ラー油などの香辛料をかければ、もっと食べやすくなります。
好みのトッピングで、食べやすく工夫すると良いですね。ただし、油のかけすぎには注意しましょう。

 

外食がちで豆腐ダイエットできなそう

朝はパン、昼はレストランでランチ、夜は居酒屋で飲みながら食事・・・という食生活をしている方、多いかもしれません。

豆腐ダイエットは主食と豆腐を置き換えるダイエット法です。なので、外食がちだと実践が難しいですよね。外で食べるときには、主食と置き換えることにこだわらず、湯豆腐や冷奴の入ったメニューをオーダーするようにしましょう。

主食と置き換えられないときには、ローカロリーなおかずとして、役割を果たしてもらいましょう。

 

>>>豆腐ダイエットを成功させる6つの方法へ戻る

豆腐ダイエットのポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐にはいろいろな痩せ効果があるので、ダイエットしやすいです。
豆腐に含まれるダイエット成分は次の通りです。

 

低カロリーで低GI食品 

木綿豆腐半丁で108kcal。しかも、植物性脂肪を適度に含むので、おなかにたまります。低GI食品というのも魅力的。食べても血糖値が上昇しにくいので、脂肪がつきにくくなります。

大豆レシチン

コレステロールや中性脂肪を減らしてくれます。ムダな体脂肪を落とす効果もあるとされています。

大豆オリゴ糖 

腸内の善玉菌のえさとなるものです。大豆オリゴ糖を含む豆腐を食べれば、腸内環境が正常化して、便秘解消に役立ちます。便秘はぽっこりお腹を作るだけではなく、太りやすい体質にもしてしまうので、ぜひ改善したいですね。

良質なタンパク質

植物性タンパク質を含みます。脂肪を燃焼するには、筋肉が必要。肉に比べてローカロリーな豆腐でたんぱく質を摂取するのが一番良いですね。

大豆サポニン

コレステロールの吸収を抑え、分解するはたらきがあります。中性脂肪を減少させるのに役立ちます。消化管からの脂肪の吸収を抑えるはたらきもあると言われています。太りやすい体質から脱するためにも、大豆サポニンをどんどん摂取したいですね。

鉄分 

脂肪を燃焼させるためには、大量の酸素の消費が必要です。鉄分を補給すれば、血液中の酸素がすみやかに送られるので、脂肪燃焼しやすくなります。 

 



 

痩せ効果てんこもりの豆腐を使えば、これまで失敗しがちだったダイエットも、成功させやすくなります!以下に、豆腐ダイエットのポイントをまとめています。

 

1日1食、主食を豆腐に替える

ダイエットとはいっても、食事を抜いたり、偏った食事をしたりするのはいけません。バランスの良い食事を心がけましょう。
1日に1食、ごはん、パン、麺類などの主食を豆腐に替えましょう。ごはん1膳(150g)食べていたところを、豆腐1/2丁(150g)に変えます。
これだと、ごはんで252kcal摂取していたところを豆腐108kcalに減らせるので、低カロリーです。そのうえ、豆腐には脂肪を燃やしたり、代謝を上げたりする効果があるので、ダブルで効果的ですね。

 

豆腐を食べるのは週に3回以上

ヤセ効果たっぷり、おいしい豆腐ですが、毎日食べるとなるとストレスです。なので、主食を豆腐に置き換える豆腐ダイエットは、週に3回、実施すればオーケー。平日だけとか、お休みの日を中心に、など、ムリない範囲で取り入れていきましょう。

 

豆腐とおかずをセットで食べる

豆腐は栄養バランスに優れた食材です。でも、どんな食材でも、1品で大丈夫、ということはないのです。豆腐は「主食」ととらえ、必ずなんらかのおかずをプラスしましょう。豆腐の上におかずをのせたり、小鉢としてプラスしたりするのも良いですね。ガマンしないで、いろいろなものを食べるのが良いのです。

 

ポイントを抑えつつ、豆腐ダイエットでスリムな体型を手に入れましょう!

 

>>>豆腐の効果へ戻る

>>>豆腐ダイエットを成功させる6つの方法へ進む

豆腐の効果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐はローカロリーで、ダイエット中はぜひ食べたい食材です。

お味噌汁に入れても美味しいし、そのまま冷奴もいい。

あっさりした味わいが魅力的です。

でも、豆腐のスゴイところは、ローカロリーで美味しいところだけではありません。

ほかにも、私たちにいろいろな恩恵をもたらしてくれるのです。

たとえば、豆腐には、ダイエット成分が含まれています。

だから豆腐を使ってダイエットをすれば、効果的になります。



 

植物性脂肪 

木綿豆腐半丁で108kcalと、とてもローカロリーなのに、適度な植物性脂肪を含んでいるから、お腹にたまりやすいです。ダイエットで食事制限をしたいときに役立ちますね。

低GI食品 

血糖値の上昇を抑えてくれる低GI食品です。

大豆レシチン 

コレステロールや中性脂肪を減らす成分。
ムダな体脂肪を落とす効果もあります。

大豆オリゴ糖 

便秘解消に役立つ大豆オリゴ糖が含まれています。
オリゴ糖は腸内の善玉菌、ビフィズス菌のエサとなるものです。
腸内の善玉菌が活性化して、便秘解消しやすくなります!

大豆サポニン 

中性脂肪を分解し、コレステロールの吸収を抑える成分です。
消化管からの脂肪の吸収を抑える効果もあるそうです。
豆腐を食べれば、体に脂肪がつきにくくなりますね! 

ビタミンB群 

代謝を促進してくれる成分です。
脂質や炭水化物を代謝するには、ビタミンB群が欠かせません。
不足すると、体が食べ物の脂肪を溜めこみやすくなってしまいます。
体内で糖に変化し、脂肪のもとになる炭水化物。
炭水化物をしっかり消費するためには、ビタミンB群の摂取が欠かせませんね。

このように、豆腐にはいろいろなダイエット成分が含まれています。

4月になって温かくなれば、これまで分厚いコートで隠していた体型も、さらさないといけなくなります。それまでに、なんとか体型をもとに戻しておきたい! というときに、活用したいです。 

さらに、豆腐には美容面、健康面でも良い効果があります。

 

~豆腐の美容効果~

イソフラボン 

近年、高く注目されているのがこのイソフラボン。
女性ホルモン「エストロゲン」と似たはたらきをする成分です。
肌のハリ、つやを高めてくれる成分です。
エストロゲンは、年齢とともに分泌量が減っていきます。
若さと美しさ、そして女性らしさを保つためにも、豆腐を食べて、イソフラボンを積極的に摂取したいですね!

 

~豆腐の健康効果~

鉄分 

豆腐には鉄分が含まれています。女性は貧血になりやすいです。
鉄分を補給して、貧血防止に努めたいですね。
また、鉄分不足になると、太りやすくもなるので要注意。

脂肪分解には大量の酸素消費が必要となります。
しかし、酸素を運ぶ赤血球の鉄分が不足していると、うまく酸素が運ばれず、脂肪燃焼しないのです。健康のためにも、ダイエットのためにも、鉄分補給は大切ですね。

豆腐を食べると、このようにたくさんのメリットがあります。

身近な食材、豆腐を活用しない手はありませんね!

 

>>>豆腐ダイエットを始めようへ戻る

>>>豆腐ダイエットのポイントへ進む