カテゴリー:食べる順番dietの記事一覧

カテゴリー:食べる順番diet
食べる順番と消化酵素
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

食べる順番を考えてダイエットするなら、

消化酵素のはたらきについても、考えに入れておいたほうが良さそうです。

食べる順番を間違えると、消化酵素の無駄遣いが多くなります。

すると、体内の栄養素が消耗されやすくなります。

体内の酵素には限りがあります。

消化酵素が足りないと、これを補うために、代謝酵素のエネルギーが使用されます。

代謝酵素は本来、カロリーを消費するためのものです。これが消化に使われてしまうと、余分なエネルギーが体内に残りやすくなります。これが太るもとになります。また、体調も崩しやすくなってしまいます。

食べる順番を考えることで、体内の酵素の働きが効率的になり、それが痩せにつながります

今までの記事では、一汁二菜の食事の順番について考えてきましたが、

しかし、ここにデザートが入ってくると、話が違ってきます。

果物と言えば、食後のデザートですよね。でも、食事のあとにデザートを食べていると、

酵素の力を低下させてしまいます。

食後のデザートは、酵素の無駄遣いになってしまうのです。


 

 


 

通常、タンパク質や炭水化物、脂肪など、さまざまな栄養素を食事から摂取しようとすればするほど、消化は複雑になります。消化にかかる時間も長くなってしまいます。それに従い、より多くの消化酵素が必要となります。

食べたものをなるべくスムーズに消化するためには、最小限の消化酵素を、効率的に使う必要があるのです。理想は、消化に時間がかからないものを最初に食べ、時間のかかるものほど後にすることです。

食事とデザートの関係を考えた場合、まずリンゴを食べて、それからトンカツを食べる、という順番なら問題ありません。

しかし、これが逆になると、消化の早いリンゴは、トンカツが消化されるまで、消化されなくなってしまいます。だから、食事のときの順番は、

①水やジュース ⇒ ②果物やスープ ⇒ ③野菜類 ⇒ 

④肉や魚、豆類など ⇒ ⑤穀物類・・・・・・の順番にすると良いでしょう。

食べる順番だけではなく、組み合わせにも注意したいものです。

食べ合わせを考えることにより、消化力が大きく違い、消化酵素の無駄遣いも防げるのです。

 

パンやごはんなど、炭水化物に含まれるでんぷん質の消化は、唾液に含まれる酵素「プチアリン」でスタートします。胃に入るまで消化が続けられます。

噛めば噛むほど、食品の表面積が増えるため、酵素が働きやすくなり、消化も良くなります。

でも、でんぷん質とタンパク質を一緒に食べると、やっかいなことになります。プチアリンは、アルカリの環境でしか働けない酵素だからです。胃酸があると、その働きは抑制されます。

タンパク質を一緒に食べると、消化酵素を活性化させるため、胃酸が出てきます。

このため、でんぷん質が分解されなくなります

タンパク質が胃で消化され終わるまで、ずっと待っていないといけないのです。

でんぷん質は消化不良の状態のまま腸に移動し、膵臓からの余分なアミラーゼによってしか、消化を続けることができなくなります。

この意味で、ハムやチーズを挟んだサンドイッチやハンバーガー、丼物などは、

消化酵素の無駄遣いを招くことになり、太りやすくなってしまうことにつながるわけです。

 

>>>食べる順番とアンチエイジングへ戻る

食べる順番とアンチエイジング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

食べる順番に気を付けることで、ダイエットに効果的であることがわかっています。

その理由は、血糖値の上昇を抑えられるからにほかなりません。

体内で血糖値が上がると、体脂肪が生成されやすくなります。

食べ方を工夫して、血糖値が上昇しにくくすることで、
血糖値をコントロールし、痩せやすくすることができるのです。

「食べる順番ダイエット」のやり方はとてもシンプルで、
まず野菜などの副菜を3口以上食べ、それからお肉やお魚などの主菜を食べる。

そして、しばらくしてご飯、パン、麺類などの炭水化物を食べる、というものです。

空腹のときに、いきなり炭水化物をたくさん食べると、血糖値が急激に上昇するのでNGです。

食事が始まってから、なるべく時間をおいてから、炭水化物を摂取することで、
血糖値の上昇を緩やかにできるため、ゆっくり食べる習慣も身に付けたいですね。 

さて、食べる順番に気を付けることによる効果は、ダイエット効果だけではありません。

アンチエイジング効果もあります。


 

 


アンチエイジングにとっての大敵、「老化」は、体内が酸化することにより、引き起こされます

体内で活性酸素が増殖すると、酸化が起こりやすくなり、それが老化につながります

しかし、老化だけではなく、アンチエイジングを考えるうえで重視したいのが「糖化」です。 

糖化は、食事によって糖分を過剰に摂取することにより引き起こされます。

こうなると、体内にあるタンパク質が、摂取した糖とくっついてしまいます。

糖化したタンパク質が蓄積されると、細胞の動きが鈍くなります。

これが老化につながることになるんです。 

私たちの老化の大きな要因は「糖化」です。

糖化は老化を早めるだけではなく、

さまざまな病気の原因となり、体の機能を低下させていくと言われています。

ハリのあるお肌をつくるコラーゲンも、タンパク質の一種です。

そのため、糖化の影響を受けやすくなります。 

糖化を避けるという考え方は、アンチエイジングの専門家、

東海大学医学部教授の久保明教授によって提唱されました。

久保教授は、日本で初めて体の老化を検査する

「抗加齢ドッグ」をつくったことでも知られています。 

いずれにしても、糖化は酸化と同じく、肌の老化を早めるものです。

糖化によって、コラーゲンの色が変化し、凝縮し、弾力を失ってしまいます。

それがたるみやしわ、くすみなどの年齢肌のお悩みを引き起こしてしまいます。 

食べる順番に気を付けることにより、糖が過剰に摂取されてしまうのを防ぐことができます。

それが、体脂肪の増殖を抑えるだけではなく、タンパク質が糖とくっついて老化を早めてしまうのを防ぐこともできます。

ダイエットのためだけではなく、美容のためにも、食べる順番には気を付けたいものです。 

ゆっくり食べれば、満腹中枢が刺激されやすくなり、食べる量も減らすことができます。

「食べる順番ダイエット」でもっとも優先順位の低い炭水化物の量も、自然と減ることとなり、

ますますお肌に良い影響をもたらしてくれるのです。

 

>>>食べる順番ダイエットのやり方へ戻る

>>>食べる順番と消化酵素へ進む

食べる順番ダイエットのやり方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「食べる順番ダイエット」は、食べる順番を替えることでダイエットする方法です。

まず野菜を食べ、それから肉・野菜を食べ、最後に炭水化物を食べる

これにより、血糖値が上がりにくくなります。

血糖値が急激に上昇すると、体脂肪が生成されやすくなることがわかっています。

食事で食べる順番に気を付けるだけで、そうでない場合に比べて血糖値の上昇率は20%も低くなります。

食事は1日3回、行うものです。

三食とも、食べる順番に気を付ければ、積み重ねでそれだけヤセられる確率は高くなります。

食事のメニューは変えずに、食べる順番を替えるだけなので、

とても簡単に続けるダイエットである、というのも嬉しいですね。

続けてこそ、ダイエットの効果が表れるものです。

 

食べる順番ダイエットを行うには、料理で主食、主菜、副菜の3種類の料理を用意します。

主食…ごはん、パン、麺類など
主菜…肉、魚など
副菜…野菜など

炭水化物を抜く、「炭水化物ダイエット」というものがあります。

これは、炭水化物、つまりごはんやパン、麺類などを食べない食事法のことです。

炭水化物は体内で糖分となり、脂肪として蓄積されます。

そのため、炭水化物を抜けばカロリーを抑える効果が高まり、

ヤセられるというのが炭水化物ダイエットの理論です。

しかし、炭水化物そのものが、肥満にどれだけ影響があるかというのは、

未知数の部分も大きいです。栄養学的に考えるのならば、毎日の食事には、

炭水化物を必ず取り入れるほうが良いとされています。

主菜、つまり肉や魚を使ったおかずには、豆類など植物由来のタンパク質も含まれます。

副菜には、野菜の他にイモ類、海藻類も含まれます。

理想は野菜、イモ類、海藻類を毎日バランスよく食事に組み入れることです。

しかし、それが難しい場合は、とりあえず野菜を副菜として食べることが大切です。 


 

 


~食べる順番ダイエット~

食事時間は、20分はかけるように心がけましょう。

①野菜を食べる……食事の前半に、3口以上食べる

②肉や魚などの主菜を食べる

③しばらく経ったら、炭水化物を食べる 

副菜、主菜の順番で食べて、しばらく経ってから主食を食べることになるのですが、

早食いしていては「しばらく」の時間が確保されません。

早食いしてしまうクセのある人は、食事をゆっくり食べる習慣も身に着けたいところです。

確実なダイエット法というのは、短期間で大きな減量効果をもたらすことはできません。

逆に1週間で5キロ減、などというダイエット法は、リバウンドしてしまいやすいダイエット法です。

着実に体重を落としていくのなら、「食べる順番ダイエット」のようなダイエット法がおすすめです。

1か月の減量目安は、1~2kgに設定しましょう。

そして、無理なく取り組んでいくことが大切です。

1か月にヤセられる量はわずかですが、これでも半年で6キロ体重を落とすことができます。

急激に減量→リバウンドを繰り返しているよりも、よっぽど効率的と言えますね。

 

ダイエットの最新事情と食べる順番
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ダイエットの最新事情として言えることは、ダイエットの研究は、日々進化しているということです。特に、肥満が糖尿病をはじめとする生活習慣病を引き起こす大きな要因として考えられるようになって以来、美容関係者以外に、医療関係者もこぞってダイエットに関する研究者を行うようになりました。

今までも数限りないほど、“◯◯ダイエット”なるものが流行り、まるで流行病のごとくブームが過ぎると消えていっていますよね。

しかしこれらもほとんどが、非常に信頼性の高い研究結果があればこそ世に出たんだと思うんです。

では、ダイエットの最新事情はどのようなことに重点を置いて研究されているのでしょうか?調べてみると以下の点が重視されているそうです。

 


海外セレブや有名モデルも愛用!我慢しないダイエットの【チラリッカ】

 

 


ストレスはダイエットの邪魔をする

食べたいものを食べられない・・・というストレスは、結果的に痩せることを邪魔してしまいます。だから、なるべくストレスの起きにくい方法でダイエットするべきなのです。

また、食事制限をすることにより、脳が飢餓感を覚え、代謝を低くしてしまいます。そして、筋肉や骨などの体組織を減らして飢餓に打ち勝とうと(そんなことはしなくていいのですが・・・)します。

痩せたいために、食べたいものをガマンしていると、代謝が落ちて痩せにくい体質になるうえに、骨や筋肉などの体組織は減少し、不健康になるんです。

つまり・・・いいことなんて、ゼンゼンないんです。

カロリーの高い食べ物は、日中に食べると太りにくくなる

揚げ物などの高脂肪食がそれにあたります。肥満の原因物質であるBMAL1は、時間帯によって数が変わります。

BMAL1の数値が高いほど、脂肪がたまりやすくなります。
BMAL1の数値が低いほど、脂肪をためにくくなります。

1日のうち、最も高い時間帯と低い時間帯とでは50倍もの差があります。BMAL1の数値が最も高くなるのは午後2時~3時です。一番低い時間帯は午後10時~午前2時です。

よく噛んで食べると、内臓脂肪が燃えやすくなる

脂肪組織の中で、一番交感神経の影響を受けやすいのが内臓脂肪です。交感神経の働きが高まれば、内臓脂肪が分解されやすくなります。また、よく噛んで食べると、脳内物質「ヒスタミン」の分泌量が増加します。

ヒスタミンは交感神経を活発に働かせる作用がありますヒスタミンが分泌されると、少ない食事量でも満腹感が得られやすいため、食べ過ぎ防止にもなります。 よく噛んで食べると、消化にもいいですね。

噛めば噛むほど、唾液が分泌されやすくなり、食べ物の消化吸収率が高まります。
唾液に含まれる消化酵素「アミラーゼ」は、唾液を分解して麦芽糖を作ります。

朝食を食べることが痩せ体質につながる

一日三食、きちんと食べることにより、体内時計が正常化します。これにより、脂肪が燃えやすくなるのです。

負担のかかるダイエットは、寿命を縮める

「美人薄命」とは言われますが、美を意識して過激なダイエットをするのは禁物。
やっぱり長生きしたいですものね。

そして注目は次の項目・・・

食事は野菜から食べ始めると、体脂肪が合成されにくくなる

 

 

これぞまさに、「食べる順番ダイエット」!

最新のダイエット研究でもまた、食べる順番を考えるうえで、野菜を最初に食べることで、血糖値が抑えられ、体脂肪が形成されにくくなる、と考えられているのです。

とってもシンプルなダイエット法ですが、最新事情を組み入れた、オン・ザ・エッジなダイエットなわけです。

 

>>>食べる順番ダイエットへ戻る

>>>食べる順番ダイエットのやり方へ進む