• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

つややかな髪のための成分として、キューティクルというのはおなじみですが、

コルテックス」というのはあまり耳慣れないかもしれません。

しかし、コルテックスは髪にとって大切なものなんです。

毛髪は、外側から中心に、「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」という3層でできています。

コルテックスはキューティクルとメデュラに挟まれた真ん中にあります。

髪の85~90%を占める重要な部分コルテックスが多いほど、髪が太くなるわけです

コルテックスの主成分は、繊維状のたんぱく質です。

脂質や水分も含まれていて、これらの量が髪の固さ、しなやかさ、強さなどが決まります。

コルテックスにはメラニン色素も含まれています。



 

このように、コルテックスというのは、髪の性質を決める、重要な部分なのですね。

コルテックスは、繊維状のたんぱく質である、ケラチンタンパク質がねじり合って束になり、さらにその束がねじり合うという、ねじねじの構造になっています。

ケラチンタンパク質の繊維の隙間は、「マトリックスたんぱく質」と「非ケラチンタンパク質」という、2つのシア棒間充物質で埋められます。

細胞間充物質は、ケラチンタンパク質を固めて、髪を丈夫に、しなやかにします。

パーマやヘアカラーなどの薬剤は、主にこの部分に作用することを目的としてつくられています。

髪を丈夫にして、抜け毛、切れ毛しらずの強い髪にするには、コルテックスを増やすことが大切です。

コルテックスの中の細胞の内容が偏ると、髪がうねったり、ねじれたりしやすくなります。

くせ毛になってしまうのは、コルテックスの細胞の偏りによるものなのです。

髪を健康にするためにも、頭皮を健康に保つことはとても大事です。

そのためにおすすめなのが、頭皮マッサージです。

頭皮マッサージをすると、血行が促進されて、毛根の新陳代謝がアップします。

頭皮マッサージのおすすめのタイミングは、シャンプーをしているときです。

お風呂中で、頭皮も温まっているし、血行促進しやすいです。

体が冷めているときよりも、温かいときに頭皮マッサージするようにしましょう。

このとき、指の腹を使い、優しく丁寧に頭皮マッサージすることです。

爪を立ててしまうと、頭皮を傷つけてしまいます。そうなると、コルテックスを育てるどころではなくなります。

頭皮マッサージはやさしく行いましょう。

また、栄養バランスの良い食事も、コルテックスを育てるのに役立ちます。

いろいろな食材を使った献立で、バランスよく栄養摂取ができるようにしたいですね。

ランチのときも、たとえばコンビニでお弁当を買って済ませるようなときでも、一緒にサラダやスープをつけるなどして、野菜の量が不足しないように注意したいです。

あなたの食べたものが、あなたの髪をつくるわけで、栄養摂取は大事なのです。

 

>>>髪のキューティクルを守るにはへ戻る

>>>髪の美しさを保つ乾かしかたへ進む