髪のキューティクルを守るには
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

キューティクルというと、美しい髪に欠かせないもの、というイメージがありますね。

 

髪は、、「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」という3層からできていて、キューティクルは髪の一番外側にあります。

 

キューティクルはわずか0.005㎜のごく薄い層ですが、固いたんぱく質でできていて、毛髪全体の重さの10~15%でできています。

 

透明で硬い細胞が、魚のウロコのように折り重なってできています。

 

 


 

 


 

 

キューティクルは、水や薬剤の浸透を防ぐ力があります。

 

外部刺激から髪の内部を守るバリア機能として働いています。

 

キューティクルをつくる細胞の表面には脂質があり、細胞がキレイに並んでいると、手触りがよく、触って「つややか」だと感じられます。

 

キューティクルは髪の健康、美しさ、両方をつくるものです

 

そんなキューティクルですが、傷つくと、はがれてしまいます。

摩擦、ドライヤーの熱、紫外線、カラーリング剤・パーマ液などにより、キューティクルははがれやすくなります。

 

 

 

摩擦

キューティクルの一番の弱点は摩擦刺激です。

ムリにブラッシングしたり、シャンプーするときにゴシゴシこすると、こわれたり、はがれたりしやすくなります。

 

 

紫外線

紫外線を浴びると、キューティクルの表面の脂質が失われて、ウロコのように並んでいる状態の結びつきが弱まり、めくれ上がりやすくなり、変質したりしやすくなります。

 

 

パーマ、カラーリング

パーマ剤、カラーリング剤は、アルカリ剤や還元剤です。これらはキューティクルをはがすものです。

パーマやカラーリングを受けるときは、毎回必ずトリートメントもセットでやってもらって、髪をケアしておくようにしましょう。

 

 

ドライヤーの熱

髪の表面温度が高くなりすぎると、ケラチンたんぱく質が変質してしまいます。

 

このような要因により、キューティクルがはがれてしまうと、髪に光沢、柔軟性が失われてしまいます。

 

よく「天使の輪」といって、髪に光が当たると髪が白く輝きますが、キューティクルがはがれると、ツヤがなくなり、光りません。

 

また、キューティクルがはがれると、髪がノーガードの状態になるので、もろくなり、水分も保持しにくくなります。触ってパサパサするようになるし、枝毛や切れ毛が出やすくなります。髪には自己修復能力がありませんから、一度はがれてしまうと、もうその髪を元に戻すことはできません。なので、髪の美しさ、健康を保つには、予防こそが大事です。

 

そのためには、トリートメントが大切です。

 

トリートメントは、実は髪が濡れたままでは浸透しづらいです。タオルなどで、水分を拭き終わってからつけるのがポイントです。

 

トリートメントを付けて、シャワーキャップ、蒸しタオルなどで髪を覆うようにすると、髪の奥までトリートメント成分が浸透しやすくなります。

 

濡れた髪はキューティクルが開いた状態なので、髪に負担がかかります。

洗髪後は、ドライヤーで髪を乾かして、キューティクルを閉じさせておきましょう。

 

>>>女性によくある薄毛のお悩みに戻る

 

>>>コルテックスで髪ツヤを手に入れるに進む