• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

季節はすっかり冬。

外を歩けばしっかりと厚着して、コートやダウンの中で首を縮めた人たちでいっぱいです。

正直、寒いのはイヤですが、夏に比べると、紫外線の心配がないので、心がゆるんでしまったりしますよね。

真夏の盛りなら、ちょっとした外出でもしっかり日焼け止めを塗っていたのに、冬になると、

「これくらいならまあ、いっか~」とノーガードでドアの外に出て行ってしまったり。

寒さで身を縮める季節ではありますが、そうした心の解放感はあるかもしれません。

しかし、「冬だから紫外線対策はしなくていい」というのは大きな間違い

冬だからと安心して出歩いていると、あとで大変なことになってしまうかもしれませんよ!

紫外線は、肌の中でメラニン色素を生成し、シミやそばかすの原因になることが知られています。

そしてもうひとつ、美肌のためにぜひとも知っておきたいことは、

紫外線がお肌を乾燥させるということ

冬場はただでさえ、空気が乾燥しているので、お肌がカサカサになりがちです。

そのうえ、紫外線を浴び続けていると、お肌の乾燥はさらに進んでしまいます。

お肌の乾燥は、かさつきを引き起こすだけではなく、しわやたるみなどの、老け顔を促進してしまうので、大変です。

紫外線は、春~夏の間に一番強力になります。

4月ごろから徐々に強くなり、5月ごろがピーク。

当然7、8月も続き、紫外線の強さは9月ごろまで持続します。

それからは、だんだんと下降曲線をたどるのが、普通のパターンです。

秋になると、だいぶ低くなるでしょう。

冬になれば、さらに低くなる。

しかし、たとえ冬になったとしても、紫外線がゼロになるわけではありません!

寒い寒い冬であっても、紫外線はちゃんと、空から降り注いでいるのです。

だから油断はいけません。

外に出るときに、日焼け止めなしで出かけてしまうのはキケンです。

たしかに真夏の頃のような、肌に突き刺さるような強い日差しはありませんが、ひっそりと、でもしっかりと、あなたの肌に、紫外線は入り込んでいるのです。

ちょっとの外出でも、長い外出でも、同じように、きちんと日焼け止めは塗りましょう。

営業さんなど、外に出る機会の多い人なら、一日中外にいるような場合は、

定期的な塗り直しは必要です。紫外線は目に見えません。

紫外線を浴びたとしても、自分ではそれと気づきにくいです。

しかし、気づかないぶん、

知らないうちに肌の内側で蓄積されやすいということを覚えておいてください。

お肌が乾燥するな~、と思って、保湿剤を塗っても、なかなか乾燥が改善しない、というのなら、それは紫外線対策をおそろかにした結果かもしれません。

紫外線をからお肌を守るケアをすることで、うるおいが取り戻されていくでしょう。

化粧下地などのベースメイクに、日焼け止めが入っているものを使うことで、ムリなく紫外線対策できます。

メイク直しをするときに、一緒に日焼け止めの塗り直しもできるからです。