カテゴリー:未分類の記事一覧

カテゴリー:未分類
カステラを食べて得られる美容と健康効果
カステラを食べて得られる美容と健康効果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

AG2016 / Pixabay

 

 

カステラは、今ではどこでも買うことができるお菓子ですが、お土産として特に有名なところというと長崎です。

 

このカステラ、栄養・健康・美容の面でも大変注目を浴びているんですがご存知でしたか?このカステラ、ダイエットに、栄養補助食にと、幅広く食べられていて、アスリートの方も積極的に食べているそうなんですよ。

 

 

カステラは「卵」「砂糖」「水飴」「小麦粉」で作られたお菓子で、それに水飴が加わることでしっとりしたお菓子に仕上がっています。

 

そのカステラの知られざる栄養・健康・美容パワーについて探ってみることにしましょう。

 

 

 

 

まずはカステラの歴史からです。

 

カステラは御存知の通りポルトガルから来たお菓子です。室町時代の末期、ポルトガルの宣教師から伝わった南蛮菓子を元に、日本で独自にアレンジされた和菓子です。唯一開港されていた長崎に伝わってきたため日本におけるカステラの発祥地は長崎が本場とされています。今では色んなアレンジがなされ種類も豊富になっています。

 

しっとりとしたお菓子カステラに含まれる栄養成分は、炭水化物、タンパク質、脂質、ナトリウムとカリウム、リン、ビタミンB2、コレステロール、などが含まれそれにより美容効果や健康面での効果が高いと言われるお菓子なんです。

では、カステラの健康効果とはどんなものかというと?

 

1.栄養価が高く高い運動能力が得られる

 

2.必須アミノ酸を作り出す手助けになる

 

3.疲労物質の乳酸をつくらない

 

カステラは、栄養価が高いため、運動に必要なエネルギー切れを起こしにくいため、アスリートたちのの間食に選ばれたり、運動後に食べたりと重宝されているんです。特にマラソンなど持久力のいるスポーツには欠かせない存在にもなっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

つぎに、カステラの持つ美容効果についてです。

 

1. 油も乳製品も使われていないためヘルシー

 

2.腹持ちが良く、余計な間食を防げる

 

3.低カロリーでダイエット中におすすめ

 

 

カステラの原材料は、水飴が入ったカステラもあるんですが本来は鶏卵、小麦粉、砂糖のみです。菓子パンやケーキにたっぷり含まれるバター、ショートニングなどの油脂類や、牛乳が入っていないお菓子です。

 

つまり、カステラは余分な脂肪分がない、とてもヘルシーなお菓子なんです。

 

また、スポーツ選手が練習前や競技前に食べて栄養補給するなど、消化に優しく、栄養バランスも良いので、ダイエットにも体にも良いお菓子がカステラなんです。

 

ところで、食パンのカロリーってご存じですか?

 

食パン1枚は、約264キロカロリーです。

 

カステラ1枚の平均カロリーは約160キロカロリーで、食パン1枚よりもカロリーが低いんです。低カロリーということは、やはりダイエットにも向いています。

 

毎朝食パン生活をされているなら、カステラに変えてみるとダイエットに効果が出るかもしれませんね。

 

 

futurials / Pixabay

 

 

さて、カステラの持つ健康&美容効果について述べてきましたが最後に、カステラの栄養素を効果的に摂取するおすすめの食べ方を知っておきましょう。

 

1. 運動の後に食べる

 

2.移動時間、休憩時間に気軽に食べる

 

3.朝食として食べる

 

カステラを運動の後に食べると、疲労回復の効果があり栄養補助としても働いてくれるので、エネルギー補給にはもってこいです。

 

朝食をカステラに変え、野菜ジュースやヨーグルトなどと食べれば栄養バランスもとれます。食べやすくなんといってもお腹も満たす朝食となります。

 

カステラは、今やダイエット、スポーツにも利用される健康や美容にも良い食事として注目を集めています。和菓子という概念を超えた低カロリーのおいしいカステラで体調管理してみませんか?

 

 

DzeeShah / Pixabay

 

 

紫外線対策でうるおいを保つ
紫外線対策でうるおいを保つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

季節はすっかり冬。

外を歩けばしっかりと厚着して、コートやダウンの中で首を縮めた人たちでいっぱいです。

正直、寒いのはイヤですが、夏に比べると、紫外線の心配がないので、心がゆるんでしまったりしますよね。

真夏の盛りなら、ちょっとした外出でもしっかり日焼け止めを塗っていたのに、冬になると、

「これくらいならまあ、いっか~」とノーガードでドアの外に出て行ってしまったり。

寒さで身を縮める季節ではありますが、そうした心の解放感はあるかもしれません。

しかし、「冬だから紫外線対策はしなくていい」というのは大きな間違い

冬だからと安心して出歩いていると、あとで大変なことになってしまうかもしれませんよ!

紫外線は、肌の中でメラニン色素を生成し、シミやそばかすの原因になることが知られています。

そしてもうひとつ、美肌のためにぜひとも知っておきたいことは、

紫外線がお肌を乾燥させるということ

冬場はただでさえ、空気が乾燥しているので、お肌がカサカサになりがちです。

そのうえ、紫外線を浴び続けていると、お肌の乾燥はさらに進んでしまいます。

お肌の乾燥は、かさつきを引き起こすだけではなく、しわやたるみなどの、老け顔を促進してしまうので、大変です。

紫外線は、春~夏の間に一番強力になります。

4月ごろから徐々に強くなり、5月ごろがピーク。

当然7、8月も続き、紫外線の強さは9月ごろまで持続します。

それからは、だんだんと下降曲線をたどるのが、普通のパターンです。

秋になると、だいぶ低くなるでしょう。

冬になれば、さらに低くなる。

しかし、たとえ冬になったとしても、紫外線がゼロになるわけではありません!

寒い寒い冬であっても、紫外線はちゃんと、空から降り注いでいるのです。

だから油断はいけません。

外に出るときに、日焼け止めなしで出かけてしまうのはキケンです。

たしかに真夏の頃のような、肌に突き刺さるような強い日差しはありませんが、ひっそりと、でもしっかりと、あなたの肌に、紫外線は入り込んでいるのです。

ちょっとの外出でも、長い外出でも、同じように、きちんと日焼け止めは塗りましょう。

営業さんなど、外に出る機会の多い人なら、一日中外にいるような場合は、

定期的な塗り直しは必要です。紫外線は目に見えません。

紫外線を浴びたとしても、自分ではそれと気づきにくいです。

しかし、気づかないぶん、

知らないうちに肌の内側で蓄積されやすいということを覚えておいてください。

お肌が乾燥するな~、と思って、保湿剤を塗っても、なかなか乾燥が改善しない、というのなら、それは紫外線対策をおそろかにした結果かもしれません。

紫外線をからお肌を守るケアをすることで、うるおいが取り戻されていくでしょう。

化粧下地などのベースメイクに、日焼け止めが入っているものを使うことで、ムリなく紫外線対策できます。

メイク直しをするときに、一緒に日焼け止めの塗り直しもできるからです。