• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

気温がどんどん下がってくると、それに合わせて私たちの体も冷えやすくなります。

冷え性の人は、夏でも冷えていたりしますが、冬場は本番、

冷え対策は必死で行わないといけません。

体が冷えると、免疫力が落ちててしまいます。

それにつれて、代謝が下がってしまいます。

代謝が低くなると、身体にだるさを感じたり、体調を崩してしまいがちです。

そして、身体の機能が低下するというわけで、

血流やリンパの流れも落ちてしまいます。

これが角質肥厚保をまねきます

お肌がごわついたり、かさついたりしてしまいがちになります。

お肌が乾燥しているな~、と思うと、まず思うのは、

保湿対策のためのスキンケアだと思います。

けれども、代謝が落ちている状態でいくらスキンケアを頑張っても、改善されません。

それどころか、体が冷えている状態はそのままなので、

ますますかさつきが進行してしまう可能性もあります。

そこで、体を温めてあげると、代謝が上がり、

カサつきが軽減されてくるかもしれません。

根本のところから改善することができます。

冷えを放置していると、むくみの原因にもなりますから、解決したいです。

お肌がカサカサになる上に、むくみがひどくなって、太って見える、

なんてことになったら悲しいです。

冷え対策は、美を保つのに欠かせないのです

冷え対策として、

まず挙げられるのが服装。最近では、冬でも薄着をする人が多くなりました。

たとえば、コートの中にノースリーブや半袖のセーターを合わせるなど。

冬でも短いスカートをはいてみるなど。

こうしたファッションは、たしかにオシャレっぽく見えるので、魅力ではあります。

しかし、そのぶん体への負担も大きいのも知っておくべきでしょう。

オシャレというのは、いつでも体にどこかしらムリをするものです。

ムリをしてでもキレイにみせなければいけない、

モデルや芸能人なら仕方がありませんが、

私たちは健康第一で行きたいものです。

それに、オシャレなファッションをしようとがんばっていて、

乾燥やむくみが進行してしまったら、どうでしょうか。

せっかくのファッションが台無しですよね。

乾燥を改善するために高価な化粧品を新たに買ったり、

体型を改善するためにダイエットをする、なんてことになったら、堂々めぐりです。

体力がもちません。

それよりも、冬なら冬らしく、体を温められる「まとも」な服装をして、

冬を過ごすのが良いでしょう。

体が健康になれば、内側からキレイになれます。

そういう人って、イキイキして見えるし、

キメキメの薄着ファッションをしている人よりも、魅力的ですよね!

ちなみに、むくみをごまかそうとして、

キツイ矯正下着をつけてしまうと、よけいにむくみを加速させてしまいます。

身体が求めていることを、自然に与えて得られるようにしましょう。

ポカポカ鍋を献立に取り入れるなど、食事から体をあたためる工夫も必要ですね。

コラーゲン鍋にすれば、美容にも役立ちます。