カテゴリー:乾燥の記事一覧

カテゴリー:乾燥
秋・季節の変り目の早めの喉の乾燥対策!
秋・季節の変り目の早めの喉の乾燥対策!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

歌手や声優だけでなく、コールセンターや営業、接客等お仕事で声を使用する方は、喉の調子が悪くなると辛いですよね。

 

のどの乾燥対策は冬に気を付けることと思われがちですが、秋のうちから気をつけて喉を潤しておくことをオススメします。

 

今回は、秋の早めの喉の乾燥対策についてご紹介致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

喉が乾燥する原因

 

 

口呼吸

 

 

RobinHiggins / Pixabay

朝起きると喉が乾燥しているなんてことはありませんか。

 

もしかしたら、寝ている間にいびきをかいていたり無呼吸症候群になっている可能性があります。

 

自分では口呼吸してないと思っている方でも、日常生活で気が付いたら口が開いているといった口呼吸になっていることはよくあることです。口呼吸の可能性は・・・

 

口呼吸は、喉へダメージを与えるだけでなく、体への悪影響は大きいです。

 

心当たりがある方は、早めに医療機関へ行って治療することをオススメします。

 

 

アルコール

 

Concord90 / Pixabay

 

普段何気なく飲むお酒に含まれているアルコールは、喉を乾燥させる原因となります。

 

アルコールを飲みすぎて喉が枯れてしまうというのは、アルコールが体内の水分を奪っている証拠です。

 

飲みに行った夜は、

マスクをして寝る等いつも以上に喉のケアに気を付けるようにしましょう。

 

 

エアコン

 

最近では、1年十エアコンがかかるビルやお店がほとんどです。

 

エアコンにあたることで気が付かないうちに喉は乾燥してしまっています。

 

そのため、喉のケアはしっかり行う必要があります。

 

 

Tumisu / Pixabay

 

 

 

喉に潤いを与えよう

 

普段声を良く使う仕事をしていなくても喉は乾燥しがちになっている可能性があります。
ご自身の生活を見直してみましょう。

 

 

マスク

naobim / Pixabay

 

 

日常的にマスクする習慣を付ければ、

 

喉だけでなく肌へも潤いを与えることができます。

 

最近では、

 

女性に嬉しい小顔に見えるマスクや化粧崩れしにくいマスクなどが販売されているので、使い心地の良いマスクを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

部屋を加湿する

 

 

DarthZuzanka / Pixabay

 

加湿器があれば、頻繁に加湿することをオススメします。

 

加湿器が無い場合には何かしら室内干しにして、湿度が少しでも高くなるようにしましょう。

 

例えば、晴れている日でも濡れたバスタオルを部屋に干しておくだけで加湿できます。

 

 

積極的に水分を摂取する

 

 

Soorelis / Pixabay

夏は暑いので頻繁に飲み物を摂取する方は多いですが、秋となると途端に水分補給量が減少する傾向にある方は多くいらっしゃいます。

 

喉が乾燥してしまっていると風邪などのウイルス感染率が高まります。

 

そして体調を崩してしまうこもあるため、夏と同様に小まめに水分補給をする習慣を身に付けましょう。

 

 

飴をなめる習慣を付ける

 

飴をなめて喉に潤いを与えましょう。

 

オススメの飴は、はちみつや金柑、生姜など喉に良い成分を含んだ飴にしましょう。

 

 

Daria-Yakovleva / Pixabay

 

 

 

 

 

素肌に効き目あり!大注目の素肌サポート情報の登場!
素肌に効き目あり!大注目の素肌サポート情報の登場!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

美しい肌ケアをしっかりと記憶してないため、あなた独自のやり方により実践してしまってる方は割かし多く存在していることも想定されます。

 

お手入れも色々なやり方があるのですが、よくないやり方だとすると折角の良いスキンケアグッズの特性も活用する事が出来ない上に乾燥している皮膚を余計酷くさせる恐れだってあるのです。

 

Anestiev / Pixabay

湿気が無くなっている肌をアバウトにされているというプロセスが刻み込まれて大き目シワが寄る理由へとなることも想定されます。

 

 

例をあげるとすれば素肌はあなた自身の土壌であり、大地が色褪せてる場合にはどんなに綺麗に化粧を施されたとしても持続力が下がってしまうし、より一層老けて見られます。

 

 

あなたがご自身で気にかけて潤いを保つためのケアをしていけば脱水が誘引でできちゃう皺をけっこうに防げるものなのです。市販されているボディケアソープの中でドライのお肌の人とっては肌への刺激がキツすぎるものもあります。

 

素肌が痛痒さに見舞われるベースになってしまうので、お買い物のときは原材料や含有成分を細かく把握したりして天然のタイプを活用することを意識して神経をつかうと安心できると思います。

 

美しい肌を追求してる人ことを望むならパサつく外皮の修復することが必須です。

 

乾きのほとんどすべての原因が水分の不足だと考えてる人たちがたくさんいらっしゃいますが、水分のみがこと足りていてもいけません。 適正な量だったら油の成分も素肌へ与えてあげるとより迅速にお手入れすることが可能なことになります。

 

 

パサパサの素肌と一言で言っても人ですからも表皮の状態はピンからキリまであります。ほんの少しの方々に効果があったところで、それが違う人たちからすると何ひとつの効果のほども感じられないことだって想像できます。

 

そのことからむやみやたらに核となるスキンケアグッズを選択よりも、キチンとした素肌をチェックして、自分の肌質に相応しい肌ケアクリームであるとか美容液をテストしたいものです。

 

 

Pexels / Pixabay

 

 

素肌に効き目あり!ひどい肌手入れの気配ることは何?

 

肌のお手入れをきちんとした方法でしないまま、自分の考え方でやっている人達も多く見受けられるのでないかと思います。

 

お手入れにも様々な方法が存在していますが、悪影響を与えるお手入れだったらせっかくの良いスキンケア備品も活きてないで脱水状況での素肌をまたたく間に深刻化させる可能性すらあると言えます。

 

透明感漂う白い肌がお目当てでも、美肌以前に潤いが無くなっている肌がとてもじゃないが悪過ぎて自分の体質にお誂え向きの化粧水が見当たらない人もいると推測されます。

 

キレイな白い肌によい影響を及ぼす白い肌を作る構成成分は肌への刺激が強い製品もたくさん出ていますが、例外的なものとして刺激が弱くて表皮をいたわってくれるものも多数売っています。

 

 


 

 


 

 

脱水状況でのお肌をそのままにしているというのも深く大きなシワができちゃう原因になるわけです。例えて言うなら外皮はあなた自身の土壌として、その土面が劣悪だと化粧をしても保持する力がさがりますし、皮肉なことに歳を積み重ねただろうと思われます。

 

意識を集中させてしっとり感を保持することに必要なケアをやることによってカサつきが誘引で期待できるシワをそれなりに防止できることとなります。

 

しっかりとクレンジング剤を泡立てた後、汚れた状態や汗をそっと包んでクルクルと頬に円を描いていくという意識が原則と言われるきちんとしたお顔の洗い方です。

 

温度が高いお湯で顔を洗顔していたらパサつく素肌がさらに悪化するため、低めの温度のお湯を活用してみたほうが肝心だと言えます。

 

洗顔料やスキンケア用品やその他のベースとなるスキンケア化粧品だとしても、乾燥してる肌の方々に於いては肌に対しての刺激が強く出る品物もいくつもの種類が市場に出回っております。

 

そういった事情から買い入れるより先にお店に置いてあるサンプルで必ず肌テストを試すようにしましょうね。

 

二の腕の裏面でお肌の反応検査にトライする方が良いと思います。

 

 

cocoparisienne / Pixabay

 

 

 

 

 

 

乾燥肌に効くセラミドを食事で増やそう
乾燥肌に効くセラミドを食事で増やそう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

セラミドは、皮膚の角質層の中でつくられ、

 

お肌の水分を保持し、バリア機能を高める役割を果たします。

不足すると、乾燥肌になり、お肌がカサカサしたり、肌バリア機能が低下して、刺激に敏感になってしまったりします。

 

セラミドはスキンケアで塗布して届けるほかに、食事からも取り込めます。

 

セラミドを増やす食べ物を食生活に取り入れて、お肌のうるおいを目指しましょう

 


 

 


 

 

セラミドは、人のお肌に含まれるほか、馬など動物の脳、脊髄に含まれています。

植物では米や小麦です。コメや小麦は、主食ですから摂取しやすいですね

 

セラミドを含む食品を摂取すると、腸で吸収されて、スフィンゴシン、糖、脂肪酸に分解されます。このスフィンゴシンは角質層に作用し、セラミドの生成を促すのです。これでお肌のうるおいがアップします。

 

セラミドが多く含まれる食品は、米、小麦、大豆、コンニャクイモ、牛乳など

 

特に、コンニャクイモは、コメや小麦よりも7~16倍多くセラミドが含まれています

黒の食べものはセラミドが多いという傾向があります。

 

黒豆、小豆、わかめ、ひじき、ゴボウ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒コショウなどですね

 

1日に必要なセラミドの量は600マイクログラムといわれています。これを食べ物の量に置き換えると、生芋こんにゃくなら約半丁、白米ならお茶碗で25杯、玄米10杯、小麦はスパゲティで3皿分ほど。

 

食べ物の場合、消化吸収するときに、多少排出されてしまうので、その分を考えて、多めにとる必要があります。しかし現実的に、これだけの量(ごはんお茶碗25杯!?)をとるのは、むずかしいので、サプリメントを利用してみてもいいかもしれません。

 

セラミドそのものを含む食べ物に加え、セラミドの生成を促す、バックアップ的な食べ物も一緒にとりたいです。

 

 

血行促進効果でセラミドをアップ

タマネギ、ジャガイモ、サトイモ、カリフラワー、ハクサイ、キャベツなど。
これらの野菜は血行を良くするはたらきがあります。血流がよくなると、セラミドが分解されてできるスフィンゴシンを皮膚にスムーズに運びやすくなるのです。

 

 

抗酸化作用でセラミドをアップ

呼吸で体内に入った酸素の一部は活性酸素となり、増殖すると細胞の働きを弱めてしまいます。これがセラミドの生成をジャマします。

 

そこで、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、ピーマンなど、抗酸化作用の強い緑黄色野菜をとることで、活性酸素を撃退できます。セラミドは肌の新陳代謝によって生成されます。だから、お肌の新陳代謝を促すビタミン類をバランスよくとることも大事ですね。

なお、反対にセラミドを減らしてしまう食べ物として、リノール酸の過剰摂取があります。

 

必須脂肪酸のリノール酸は、血中コレステロールを減らすことで知られています。

肌のセラミドを生成するときに必要な成分です。

 

しかし、過剰摂取すると、

 

リノール酸からアラキドン酸が合成されてしまいセラミドを減らしてしまうのです。

リノール酸はグレープシードオイル、ひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油に多く含まれます。

 

 

 

Pexels / Pixabay

 

 

 

 

乾燥肌に効くセラミドとヒアルロン酸
乾燥肌に効くセラミドとヒアルロン酸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

セラミドとヒアルロン酸は、お肌のバリア機能を高め、乾燥肌を改善する効果があるとされる成分です。

 

乾燥肌のスキンケアでは、これら2つの成分を配合した化粧品を使うことがまず、基本です。

 

セラミドとヒアルロン酸は、お肌の中に存在する場所が違います。

 

セラミドは、皮膚の一番上の表皮、ヒアルロン酸はその下の真皮に含まれています。

 

 


 

 


 

 

3803658 / Pixabay

 

 

乾燥肌に効くセラミド

セラミドは細胞と細胞の間の隙間を埋める細胞間脂質の1つです。

細胞間脂質は、水分を蓄えてお肌を保湿し、細胞間を隙間なく埋め、外部刺激の侵入を防ぐためのものです。

セラミドは、細胞間脂質の実に約50%を占めています。

 

 

乾燥肌に効くヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は、網状の構造のコラーゲン、エラスチンの隙間を埋める成分で、ムコ多糖類の1種です。

ねっとりしたゼリー状で、1gあたり6リットルもの保水量があります。

お肌の弾力と、うるおいを保つ作用があります。

ヒアルロン酸というと、お肌の美容成分というイメージが強いですが、顔のお肌以外にも、軟骨、目、脳、関節液など、体の色々な部分に存在し、はたらいています。

セラミドもヒアルロン酸も年齢と共に減少していきます。

 

セラミドは20歳前後が100%でピーク、その後、40歳前後で約50%、70歳前後で約30%に低下します。ヒアルロン酸は、40代後半から急激に減り始めます

 

40代半ばまではほぼ100%あるのですが、40代後半になると急降下。

70代半ばでは20%を切ります。どちらも加齢によって、保湿力が低下します。

 

お肌が乾燥するほか、しわやたるみの原因になります。

 

セラミドもヒアルロン酸も、乾燥肌を改善するためにはなくてはならない成分です。

ヒアルロン酸を補い、真皮の保水力を高めてから、その上の角質層のセラミドを補い、バリア機能を高めて、お肌の水分が外に逃げないように育てていくのが一番良い方法でしょう。

セラミドは、お肌に塗布して、化粧品の成分が浸透するゾーンの角質層にあるので、スキンケアで補いやすいです。

ただ、セラミドをそのまま配合しただけの化粧品だと、角質層のごく表面にしか届かない場合もあります。

 

だから、セラミドをナノ化させるなどして、浸透しやすくつくられたものを選ぶと、より乾燥肌改善に役立つでしょう。

ヒアルロン酸のほうは、分子が大きいのが、お肌に届ける際の難点です。

そのまま塗布しても、ヒアルロン酸がある、真皮のところまで届きませんし、その前の角質層にさえ浸透しないのです。

 

そこで、角質層に浸透するよう、分子を小さくした低分子ヒアルロン酸がおすすめです。

ヒアルロン酸は、お肌の表面や、角質層で水分をとじこめて、保持してくれるので、お肌からの水分蒸発を防いでくれます。

 

低分子ヒアルロン酸を使って、しっかりお肌の奥に届けたいですね。