カテゴリー:スキンケアの基本の記事一覧

カテゴリー:スキンケアの基本
冷えがうるおいを奪う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

気温がどんどん下がってくると、それに合わせて私たちの体も冷えやすくなります。

冷え性の人は、夏でも冷えていたりしますが、冬場は本番、

冷え対策は必死で行わないといけません。

体が冷えると、免疫力が落ちててしまいます。

それにつれて、代謝が下がってしまいます。

代謝が低くなると、身体にだるさを感じたり、体調を崩してしまいがちです。

そして、身体の機能が低下するというわけで、

血流やリンパの流れも落ちてしまいます。

これが角質肥厚保をまねきます

お肌がごわついたり、かさついたりしてしまいがちになります。

お肌が乾燥しているな~、と思うと、まず思うのは、

保湿対策のためのスキンケアだと思います。

けれども、代謝が落ちている状態でいくらスキンケアを頑張っても、改善されません。

それどころか、体が冷えている状態はそのままなので、

ますますかさつきが進行してしまう可能性もあります。

そこで、体を温めてあげると、代謝が上がり、

カサつきが軽減されてくるかもしれません。

根本のところから改善することができます。

冷えを放置していると、むくみの原因にもなりますから、解決したいです。

お肌がカサカサになる上に、むくみがひどくなって、太って見える、

なんてことになったら悲しいです。

冷え対策は、美を保つのに欠かせないのです

冷え対策として、

まず挙げられるのが服装。最近では、冬でも薄着をする人が多くなりました。

たとえば、コートの中にノースリーブや半袖のセーターを合わせるなど。

冬でも短いスカートをはいてみるなど。

こうしたファッションは、たしかにオシャレっぽく見えるので、魅力ではあります。

しかし、そのぶん体への負担も大きいのも知っておくべきでしょう。

オシャレというのは、いつでも体にどこかしらムリをするものです。

ムリをしてでもキレイにみせなければいけない、

モデルや芸能人なら仕方がありませんが、

私たちは健康第一で行きたいものです。

それに、オシャレなファッションをしようとがんばっていて、

乾燥やむくみが進行してしまったら、どうでしょうか。

せっかくのファッションが台無しですよね。

乾燥を改善するために高価な化粧品を新たに買ったり、

体型を改善するためにダイエットをする、なんてことになったら、堂々めぐりです。

体力がもちません。

それよりも、冬なら冬らしく、体を温められる「まとも」な服装をして、

冬を過ごすのが良いでしょう。

体が健康になれば、内側からキレイになれます。

そういう人って、イキイキして見えるし、

キメキメの薄着ファッションをしている人よりも、魅力的ですよね!

ちなみに、むくみをごまかそうとして、

キツイ矯正下着をつけてしまうと、よけいにむくみを加速させてしまいます。

身体が求めていることを、自然に与えて得られるようにしましょう。

ポカポカ鍋を献立に取り入れるなど、食事から体をあたためる工夫も必要ですね。

コラーゲン鍋にすれば、美容にも役立ちます。

 

 

うるおいを奪うドライブに注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

お肌の乾燥が気になる季節になりました。

お肌がなんとなく、いつもカサカサしている。

クリームを塗っても、すぐに乾燥状態に戻っている。

スキンケアもあんまり意味がないみたい・・・というのなら、紫外線の影響があるのかもしれません。

紫外線はお肌の乾燥を進ませる原因となります。

紫外線を浴びると、お肌が乾燥するため、カサカサしやすくなります。

冬場はただでさえ、空気が乾燥します。

ほうっておいても、カサカサしてくるものです。

それに加えて、紫外線を浴び続けていたら、ダブルで乾燥が進んでしまいます。

お肌の乾燥を放置していると、かさつき感が生まれるだけではなく、たるみやシワの原因にもなってしまいます。

お肌が乾燥すると、たるみやすくなります。

それをそのまま放置していると、そのたるみが固定され、やがてやシワとして、お肌に刻まれてしまいます。

紫外線によるシミ、そばかすも気になるところですよね。

紫外線は、浴びても自分で自覚しにくいので、知らず知らずのうちにお肌に蓄積されやすいです。

気づいたらお肌が激変! もっと早くケアしておけば良かった~、ということにならないために、早めのケアを心がけましょう。

紫外線対策で、盲点になりがちなのが、車の運転中。

何処に行くにも便利な車は、通勤用として日常的に使っている人も多いでしょう。

車が好きな人は、お休みの日のレジャーとして、ドライブを楽しんだりもするかもしれません。

楽しい時間を過ごしていると、ついつい無防備になりがちですが、車の運転中こそ、しっかり紫外線対策したいものです。

車の中は、空調をきかせられます。

だから、寒い季節であっても、温かい快適な環境にすることが出来ます。

夏の暑い時期もそうですよね。

クーラーで快適にできます。

しかし、窓ガラスごしに、紫外線が入ってきてしまうので、注意が必要です。

サイドのガラスはUVカットグラスを使っているものが多いのですが、フロントガラスはUVカットが入っていないことが多いので、注意です。

顔の正面から、モロに紫外線を浴び続けてしまっています。

これがお肌の乾燥を進ませてしまうのです。

顔のほかに、両腕やデコルテもしっかり守りたいです

腕とデコルテは、年齢が出やすい部分です。

顔だけ日焼け止めを塗って、それ以外の部分はノーガード、なんてことになったら、どんどん紫外線による肌老化が進んでしまいます。

自転車に乗っている人は、手の甲にあたる紫外線に注意です

車に乗って、朝日を浴びてから「しまった、日焼け止め塗ってなかった・・・」と気づいても、なかなかそんな余裕はなかったりするものです。

そんなときには、助手席にサッと着れるセーターや手袋をおいておくと良いですね。

タートルネックなど、胸元までしっかり保護できるセーターを選びましょう。

カーディガンだと、ボタンを留めたりするのがタイヘンだったりするので、セーターのほうが良いです。

また、目も日焼けしてしまうので、サングラスの着用も忘れずに。

乾燥肌にはスクワラン成分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

乾燥肌対策を考えるときに、外してはならないのがスクワランです。

スクワランは、サメ類の肝油由来の成分です。

みずみずしいお肌を維持するための、基本となる成分です。

サメは深海で生きています。

スクワランはそんなサメたちにとって、生命力の源で、スクワランがなければ、必要な酵素を得られません。

スクワランは古くから化粧品に使用されてきており、最近ではサプリメントで手軽に摂取することもできます。

うるおいのあるお肌をつくるためにも、スクワランはぜひ摂取したいです。

ここで疑問がわきます。

どうして、サメが酸素を補うためのスクワランが、人間に美肌効果をもたらすのでしょうか。

それは、もともとこの成分が、人間のお肌の中にも存在して、うるおいを保つために使われているからなのです。

必要な酸素がなければ、人間の肌細胞の新陳代謝は落ちてしまい、乾燥が進んでしまいます。

そこで、スクワランが人間の体内で酸素を運び、新陳代謝を活性化させているわけです。

汗とスクワランが混ざり合うと、皮脂膜ができ、これがお肌の天然バリアとなり、さまざまな刺激からお肌を守ってくれます。

スクワランはお肌への浸透率が高いので、塗布による保湿効果にすぐれています。

化粧水やクリームにスクワランが配合されていることが多いのは、こういうわけなのです。

人間の体の中にあるスクワランは、25歳を過ぎると、生成量が減ってしまいます。

そうすると、お肌はだんだん乾燥しやすくなります。

しみやたるみのもとにもなります。そこで、外部から補充してあげる必要が出てくるわけです。

スクワランは、上手な使い方をすると、さらにスキンケア効果が高まります。

 

シーンに合わせて選ぶ

いろいろなスクワラン商品があります。

同じメーカーでも複数のスクワラン配合の化粧品があったりします。

これらの違いは純度です。

純度が高ければそれでいいという話ではなくて、お悩みに応じて、高いものを選ぶか、低いものを選ぶかを使い分けます。

純度が高いほど、お肌への刺激が少ないです。

激しい乾燥に悩まされているときは、とにかく高純度のものを選びます。

それほど乾燥が進んでいないのなら、純度というより、他の配合成分の効能との組み合わせで選ぶとよいでしょう。

例えば、ハリやツヤも求めているのなら、スクワランにコエンザイムQ10を合わせてみましょう。

シミやそばかす対策も希望するなら、スクワラン+ビタミン類の組み合わせがおすすめです。

 

化粧水のあとになじませる

洗顔して、化粧水を全体につけてから、スクワラン配合の美容液を使うと、浸透率が上がります。

顔が乾く前にスクワランをなじませると、乳化して、浸透しやすくなるのです。

たっぷりの化粧水でうるおっているところにスクワランを落とし込むイメージです。

乾燥肌に効くセラミドを食事で増やそう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

セラミドは、皮膚の角質層の中でつくられ、

お肌の水分を保持し、バリア機能を高める役割を果たします。

不足すると、乾燥肌になり、お肌がカサカサしたり、肌バリア機能が低下して、刺激に敏感になってしまったりします。

セラミドはスキンケアで塗布して届けるほかに、食事からも取り込めます。
セラミドを増やす食べ物を食生活に取り入れて、お肌のうるおいを目指しましょう

 



 

セラミドは、人のお肌に含まれるほか、馬など動物の脳、脊髄に含まれています。

植物では米や小麦です。コメや小麦は、主食ですから摂取しやすいですね

セラミドを含む食品を摂取すると、腸で吸収されて、スフィンゴシン、糖、脂肪酸に分解されます。
このスフィンゴシンは角質層に作用し、セラミドの生成を促すのです。

これでお肌のうるおいがアップします。

セラミドが多く含まれる食品は、米、小麦、大豆、コンニャクイモ、牛乳など
特に、コンニャクイモは、コメや小麦よりも7~16倍多くセラミドが含まれています

黒の食べものはセラミドが多いという傾向があります。
黒豆、小豆、わかめ、ひじき、ゴボウ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒コショウなどですね

1日に必要なセラミドの量は600マイクログラムといわれています。

これを食べ物の量に置き換えると、生芋こんにゃくなら約半丁、
白米ならお茶碗で25杯、玄米10杯、小麦はスパゲティで3皿分ほど。

食べ物の場合、消化吸収するときに、多少排出されてしまうので、
その分を考えて、多めにとる必要があります。

しかし現実的に、これだけの量(ごはんお茶碗25杯!?)をとるのは、むずかしいので、
サプリメントを利用してみてもいいかもしれません。

セラミドそのものを含む食べ物に加え、
セラミドの生成を促す、バックアップ的な食べ物も一緒にとりたいです。

 

血行促進効果でセラミドをアップ

タマネギ、ジャガイモ、サトイモ、カリフラワー、ハクサイ、キャベツなど。
これらの野菜は血行を良くするはたらきがあります。

血流がよくなると、
セラミドが分解されてできるスフィンゴシンを皮膚にスムーズに運びやすくなるのです。

 

抗酸化作用でセラミドをアップ

呼吸で体内に入った酸素の一部は活性酸素となり、増殖すると細胞の働きを弱めてしまいます。
これがセラミドの生成をジャマします。

そこで、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、ピーマンなど、
抗酸化作用の強い緑黄色野菜をとることで、活性酸素を撃退できます。

セラミドは肌の新陳代謝によって生成されます。
だから、お肌の新陳代謝を促すビタミン類をバランスよくとることも大事ですね。

なお、反対にセラミドを減らしてしまう食べ物として、リノール酸の過剰摂取があります。
必須脂肪酸のリノール酸は、血中コレステロールを減らすことで知られています。

肌のセラミドを生成するときに必要な成分です。

しかし、過剰摂取すると、
リノール酸からアラキドン酸が合成されてしまいセラミドを減らしてしまうのです。

リノール酸はグレープシードオイル、ひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油に多く含まれます。