カテゴリー:スキンケアの基本の記事一覧

カテゴリー:スキンケアの基本
秋・季節の変り目の早めの喉の乾燥対策!
秋・季節の変り目の早めの喉の乾燥対策!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

歌手や声優だけでなく、コールセンターや営業、接客等お仕事で声を使用する方は、喉の調子が悪くなると辛いですよね。

 

のどの乾燥対策は冬に気を付けることと思われがちですが、秋のうちから気をつけて喉を潤しておくことをオススメします。

 

今回は、秋の早めの喉の乾燥対策についてご紹介致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

喉が乾燥する原因

 

 

口呼吸

 

 

RobinHiggins / Pixabay

朝起きると喉が乾燥しているなんてことはありませんか。

 

もしかしたら、寝ている間にいびきをかいていたり無呼吸症候群になっている可能性があります。

 

自分では口呼吸してないと思っている方でも、日常生活で気が付いたら口が開いているといった口呼吸になっていることはよくあることです。口呼吸の可能性は・・・

 

口呼吸は、喉へダメージを与えるだけでなく、体への悪影響は大きいです。

 

心当たりがある方は、早めに医療機関へ行って治療することをオススメします。

 

 

アルコール

 

Concord90 / Pixabay

 

普段何気なく飲むお酒に含まれているアルコールは、喉を乾燥させる原因となります。

 

アルコールを飲みすぎて喉が枯れてしまうというのは、アルコールが体内の水分を奪っている証拠です。

 

飲みに行った夜は、

マスクをして寝る等いつも以上に喉のケアに気を付けるようにしましょう。

 

 

エアコン

 

最近では、1年十エアコンがかかるビルやお店がほとんどです。

 

エアコンにあたることで気が付かないうちに喉は乾燥してしまっています。

 

そのため、喉のケアはしっかり行う必要があります。

 

 

Tumisu / Pixabay

 

 

 

喉に潤いを与えよう

 

普段声を良く使う仕事をしていなくても喉は乾燥しがちになっている可能性があります。
ご自身の生活を見直してみましょう。

 

 

マスク

naobim / Pixabay

 

 

日常的にマスクする習慣を付ければ、

 

喉だけでなく肌へも潤いを与えることができます。

 

最近では、

 

女性に嬉しい小顔に見えるマスクや化粧崩れしにくいマスクなどが販売されているので、使い心地の良いマスクを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

部屋を加湿する

 

 

DarthZuzanka / Pixabay

 

加湿器があれば、頻繁に加湿することをオススメします。

 

加湿器が無い場合には何かしら室内干しにして、湿度が少しでも高くなるようにしましょう。

 

例えば、晴れている日でも濡れたバスタオルを部屋に干しておくだけで加湿できます。

 

 

積極的に水分を摂取する

 

 

Soorelis / Pixabay

夏は暑いので頻繁に飲み物を摂取する方は多いですが、秋となると途端に水分補給量が減少する傾向にある方は多くいらっしゃいます。

 

喉が乾燥してしまっていると風邪などのウイルス感染率が高まります。

 

そして体調を崩してしまうこもあるため、夏と同様に小まめに水分補給をする習慣を身に付けましょう。

 

 

飴をなめる習慣を付ける

 

飴をなめて喉に潤いを与えましょう。

 

オススメの飴は、はちみつや金柑、生姜など喉に良い成分を含んだ飴にしましょう。

 

 

Daria-Yakovleva / Pixabay

 

 

 

 

 

素肌に効き目あり!大注目の素肌サポート情報の登場!
素肌に効き目あり!大注目の素肌サポート情報の登場!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

美しい肌ケアをしっかりと記憶してないため、あなた独自のやり方により実践してしまってる方は割かし多く存在していることも想定されます。

 

お手入れも色々なやり方があるのですが、よくないやり方だとすると折角の良いスキンケアグッズの特性も活用する事が出来ない上に乾燥している皮膚を余計酷くさせる恐れだってあるのです。

 

Anestiev / Pixabay

湿気が無くなっている肌をアバウトにされているというプロセスが刻み込まれて大き目シワが寄る理由へとなることも想定されます。

 

 

例をあげるとすれば素肌はあなた自身の土壌であり、大地が色褪せてる場合にはどんなに綺麗に化粧を施されたとしても持続力が下がってしまうし、より一層老けて見られます。

 

 

あなたがご自身で気にかけて潤いを保つためのケアをしていけば脱水が誘引でできちゃう皺をけっこうに防げるものなのです。市販されているボディケアソープの中でドライのお肌の人とっては肌への刺激がキツすぎるものもあります。

 

素肌が痛痒さに見舞われるベースになってしまうので、お買い物のときは原材料や含有成分を細かく把握したりして天然のタイプを活用することを意識して神経をつかうと安心できると思います。

 

美しい肌を追求してる人ことを望むならパサつく外皮の修復することが必須です。

 

乾きのほとんどすべての原因が水分の不足だと考えてる人たちがたくさんいらっしゃいますが、水分のみがこと足りていてもいけません。 適正な量だったら油の成分も素肌へ与えてあげるとより迅速にお手入れすることが可能なことになります。

 

 

パサパサの素肌と一言で言っても人ですからも表皮の状態はピンからキリまであります。ほんの少しの方々に効果があったところで、それが違う人たちからすると何ひとつの効果のほども感じられないことだって想像できます。

 

そのことからむやみやたらに核となるスキンケアグッズを選択よりも、キチンとした素肌をチェックして、自分の肌質に相応しい肌ケアクリームであるとか美容液をテストしたいものです。

 

 

Pexels / Pixabay

 

 

素肌に効き目あり!ひどい肌手入れの気配ることは何?

 

肌のお手入れをきちんとした方法でしないまま、自分の考え方でやっている人達も多く見受けられるのでないかと思います。

 

お手入れにも様々な方法が存在していますが、悪影響を与えるお手入れだったらせっかくの良いスキンケア備品も活きてないで脱水状況での素肌をまたたく間に深刻化させる可能性すらあると言えます。

 

透明感漂う白い肌がお目当てでも、美肌以前に潤いが無くなっている肌がとてもじゃないが悪過ぎて自分の体質にお誂え向きの化粧水が見当たらない人もいると推測されます。

 

キレイな白い肌によい影響を及ぼす白い肌を作る構成成分は肌への刺激が強い製品もたくさん出ていますが、例外的なものとして刺激が弱くて表皮をいたわってくれるものも多数売っています。

 

 


 

 


 

 

脱水状況でのお肌をそのままにしているというのも深く大きなシワができちゃう原因になるわけです。例えて言うなら外皮はあなた自身の土壌として、その土面が劣悪だと化粧をしても保持する力がさがりますし、皮肉なことに歳を積み重ねただろうと思われます。

 

意識を集中させてしっとり感を保持することに必要なケアをやることによってカサつきが誘引で期待できるシワをそれなりに防止できることとなります。

 

しっかりとクレンジング剤を泡立てた後、汚れた状態や汗をそっと包んでクルクルと頬に円を描いていくという意識が原則と言われるきちんとしたお顔の洗い方です。

 

温度が高いお湯で顔を洗顔していたらパサつく素肌がさらに悪化するため、低めの温度のお湯を活用してみたほうが肝心だと言えます。

 

洗顔料やスキンケア用品やその他のベースとなるスキンケア化粧品だとしても、乾燥してる肌の方々に於いては肌に対しての刺激が強く出る品物もいくつもの種類が市場に出回っております。

 

そういった事情から買い入れるより先にお店に置いてあるサンプルで必ず肌テストを試すようにしましょうね。

 

二の腕の裏面でお肌の反応検査にトライする方が良いと思います。

 

 

cocoparisienne / Pixabay

 

 

 

 

 

 

お肌のカサカサが酷い際のお肌の手入れで気遣う点
お肌のカサカサが酷い際のお肌の手入れで気遣う点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

どういった化粧品を使ってるかも大切なんだけど、その他にも乾燥している皮膚を少しだけでも改善するための方法には正しい洗顔方法を頭に入れることも大切なことなんだネ。

 

ちょっとネットなんかを参考に新しいことをしてみたり、それなりに手間をかけると表皮の乾燥状態を防ぐことが望めるよ。

 

きめ細やかな肌を身につけるにはカサつく肌の治療することがとっても大事です。

 

潤いが不十分なことが、脱水の大きい要因だと捉えられてる方もいるんじゃないの?

でも、水分だけがこと足りてても駄目なんですってよ。

 

そこには、適正な量であれば…の話だけど、油の成分も表皮に与えることで、尚一層手っ取り早くカサつく肌の改善ができます。

 

 


 

 


 

 

白い肌になりたいのに、その前に脱水状態の乾燥肌がすごく酷すぎて、自分自身の肌質に合っている化粧水が見つける事ができない人達も多いと聞いたことがあるけど。

 

白くキレイな肌に役立つための白く透き通るような肌を作る成分は肌への刺激が強いものも多く売っていますが、その中にも低刺激で肌膚を守るものも意外に多く販売されているから安心していいと思うんですよね。

 

でも、市販されてる体を洗う石鹸にはカサつく皮膚の方たちとっては働きかけが強くですぎてしまう製品もあると聞きました。要注意だよね!!!

 

刺激の強すぎる成分は、皮膚に痛みとかムズムズした痒みが起こる誘因になり得るから、日常生活の中でも原材料や含んでいる成分をちゃんと調べたりして自然的な商品を選択できるように心がけるとすごく安全です。

 

 

ところであなたは、「どうせパサパサの肌でなす術なし」と改善を放棄してない?

 

すぐに外皮の質が変化することはまずもってあり得ないのですが、表皮の細胞はだいたい1ヶ月くらいで活発化するんだよ。

 

ですから、普段の生活で意識出来れば徐々に状態は改善してくと思うから、要は・・・

 

忍耐、忍耐、忍耐が重要なんです。。。。。

 

 

Zerocool / Pixabay

 

 


 

 

皮膚の乾燥がとてもひどい時にするお肌の手入れの注意点

 

透き通るような肌を目指したいばっかしに、美しい白い肌用のスキンケア化粧品を利用してみたことにより、逆にあなたのお肌はパサつく表皮になってしまった・・・なんと経験ありませんか??

 

不可欠なことは、思い描いている肌を手にするために必要な栄養を含んでいる成分が入っているスキンケア化粧品だったかどうかですよね。

 

白く美しい肌としっとり感のある皮膚の2つは併せて手にすることが出来ます。

 

オールインワンジェルでも!

 

 

外皮の乾燥状態と色素斑には密接な関連性が実はあります。

 

脱水状態の表皮の人たちのでは角質が硬くなって、そのためターンオーバーしたとしても古くなってる角層の状態で留まります。それ故細胞の再生も止まり、そのためメラニンが外皮に留まっることが最大の理由です。

 

シミは歳を重ねると揃って増量しますが、それらの導因は年齢を取れば進んでく外皮のカサカサなのです。元々そんなことなかったのにカサカサの外皮になってきているかもしれない方々は元々と変化がないお肌ケア対策だけではない、潤いを重きを置いて意識できることを目指していきましょうね。常日頃のケア以外にも、毎日の生活のあり方を反省していくことも乾燥している肌の治療に大事です。

 

日常スタイルの治療はありがたいことに褐色斑の改良だったり吹き出物を直すのにも関わってますから、綺麗な肌が欲しいなら必要です。生活習慣の見直ししてみましょうよ。

 

乾燥肌だと一口に言っていても人たちよっては肌の有様は違います。ほんの一握り方に効果がありましても、それが違う人からしてみると何1つの作用も起こらない場合も予想されます。

 

そういうことからやたらに土台となるスキンケア用品を試してみるよりも、きっちりと表皮を確認して、貴女の体質に調和するスキンケア製品だったりクリームを選択しましょう。

 

ではどんなクリームの選択が良いのか・・・

 

その答えはこのサイトにはたくさんありますよ。。。

 

 

 

 

 

 

うるおいを奪うドライブに注意
うるおいを奪うドライブに注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

お肌の乾燥が気になる季節になりました。

お肌がなんとなく、いつもカサカサしている。

クリームを塗っても、すぐに乾燥状態に戻っている。

スキンケアもあんまり意味がないみたい・・・というのなら、紫外線の影響があるのかもしれません。

紫外線はお肌の乾燥を進ませる原因となります。

紫外線を浴びると、お肌が乾燥するため、カサカサしやすくなります。

冬場はただでさえ、空気が乾燥します。

ほうっておいても、カサカサしてくるものです。

それに加えて、紫外線を浴び続けていたら、ダブルで乾燥が進んでしまいます。

お肌の乾燥を放置していると、かさつき感が生まれるだけではなく、たるみやシワの原因にもなってしまいます。

お肌が乾燥すると、たるみやすくなります。

それをそのまま放置していると、そのたるみが固定され、やがてやシワとして、お肌に刻まれてしまいます。

紫外線によるシミ、そばかすも気になるところですよね。

紫外線は、浴びても自分で自覚しにくいので、知らず知らずのうちにお肌に蓄積されやすいです。

気づいたらお肌が激変! もっと早くケアしておけば良かった~、ということにならないために、早めのケアを心がけましょう。

紫外線対策で、盲点になりがちなのが、車の運転中。

何処に行くにも便利な車は、通勤用として日常的に使っている人も多いでしょう。

車が好きな人は、お休みの日のレジャーとして、ドライブを楽しんだりもするかもしれません。

楽しい時間を過ごしていると、ついつい無防備になりがちですが、車の運転中こそ、しっかり紫外線対策したいものです。

車の中は、空調をきかせられます。

だから、寒い季節であっても、温かい快適な環境にすることが出来ます。

夏の暑い時期もそうですよね。

クーラーで快適にできます。

しかし、窓ガラスごしに、紫外線が入ってきてしまうので、注意が必要です。

サイドのガラスはUVカットグラスを使っているものが多いのですが、フロントガラスはUVカットが入っていないことが多いので、注意です。

顔の正面から、モロに紫外線を浴び続けてしまっています。

これがお肌の乾燥を進ませてしまうのです。

顔のほかに、両腕やデコルテもしっかり守りたいです

腕とデコルテは、年齢が出やすい部分です。

顔だけ日焼け止めを塗って、それ以外の部分はノーガード、なんてことになったら、どんどん紫外線による肌老化が進んでしまいます。

自転車に乗っている人は、手の甲にあたる紫外線に注意です

車に乗って、朝日を浴びてから「しまった、日焼け止め塗ってなかった・・・」と気づいても、なかなかそんな余裕はなかったりするものです。

そんなときには、助手席にサッと着れるセーターや手袋をおいておくと良いですね。

タートルネックなど、胸元までしっかり保護できるセーターを選びましょう。

カーディガンだと、ボタンを留めたりするのがタイヘンだったりするので、セーターのほうが良いです。

また、目も日焼けしてしまうので、サングラスの着用も忘れずに。