カテゴリー:食材の記事一覧

カテゴリー:食材
アンチエイジングな食べ方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


 

どうやって食べるか、その食べ方は、実はアンチエイジングに大きく関係しているのです。

アンチエイジングな食べ方を実践することで、食材選び、調理法に気を配ったことの効果を、しっかり守って、アンチエイジング効果を最大化することができます。

 

よく噛んで食べる

これが一番大事です。

よく噛むことで、あごの力、顔の筋肉が育ち、フェイスラインが整えられやすくなります。たるみ予防に役立つのです。

よく噛むと、唾液の分泌を促進して、内臓で消化吸収されやすくなります。

 

最初に野菜と硬いものを食べる

いきなり脂っこいもの、甘いものを食べるのはいけません。

血糖値が急上昇して、膵臓や肝臓に負担をかけてしまいます。

食べすぎないようにするためにも、最初に野菜や、歯ごたえのある、硬いものを食べるようにしましょう。

これで、ある程度空腹が満たされるので、そのあと食べるものも、食べすぎを防ぐことができます。

 

一口で食べる量を少なめにする

どんどん口に入れて、早食いしてしまうのは、アンチエイジングになりません。

満腹中枢を刺激できずに、どんどん食べてしまうので、食べすぎになってしまいます。

お箸で取る量を少なくして、一度にたくさん詰め込まないようにしましょう。

よく噛み、ゆっくり時間をかけて食べると、脳も内蔵も満足してきます。

 

いろいろな料理を少しずつ食べる

同じものばかりを食べるよりも、いろいろなおかずを少しずつ食べるほうが、アンチエイジングに役立ちます。

種類が豊富な食材をバランスよく摂りましょう。

好きなものばかり食べるのではなく、いろいろな種類を食べて、バランスよく栄養摂取することが、アンチエイジングに効果的なのです。

 

ジュースやアルコールを控える

ジュースやアルコールのカロリーだって、食事にカウントされます。

とくに、お酒はカロリーに含めていない方も多かったりするのではないでしょうか?

とても高カロリーなものなので、これも含めて1日の食事のカロリーコントロールをするようにしましょう。

また、ダイエットにノンカロリーのお茶や水を飲んでから食事をする、という方がいますが、これはおすすめできません。

最初にお水やお茶をたくさん飲んでしまうと、胃液が薄まり、消化が低下してしまうからです。

ガブガブ飲まずに、食事と一緒に、少しずつ飲むようにしましょう。

 

食事を1日3回、きちんと食べることも大切です。

食事をするたびに、成長ホルモンが少しずつ分泌されています。

一度にたくさん食べるよりも、1日3回に分けて食べるほうが、成長ホルモンを分泌させやすくなります。

成長ホルモンは、アンチエイジングに欠かせないホルモンです。

食後はすぐに動かず、休憩時間をとって、内臓がはたらきやすくするようにしてあげましょう。

食事をした後は、眠くなりがちです。

10分でもいいので、目を閉じて休憩すると、それ以降の体調がよくなります。

無理して眠気をこらえるのはいけませんよ。

 

>>>アンチエイジングな調理法へ戻る

>>>アンチエイジングなレシピへ進む

アンチエイジングな調理法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

アンチエイジングに役立つ食材を買ってきたら、その調理法も、

アンチエイジングに役立つやり方で行いましょう。

食材の調理法は、食材ごとに違いますので、それぞれに適した調理法がおすすめです。



水溶性ビタミンを含む食材の調理法

水溶性ビタミンは、水に溶けやすいので、さっと洗って汚れを落とし、生で食べるのがおすすめ。

水にさらしすぎるとビタミンが溶け出してしまいます。

流水で汚れを落とし、水切りをして、適当な大きさに切って食べましょう。

 

脂溶性ビタミンを含む食材の調理法

油でいためたり、とろみをつけたりして食べましょう。

吸収が良くなります。傷め脂は少なめにするのも忘れずに。

脂は、ごま油やオリーブオイルがおすすめです。

さっと炒めて食べましょう。

 

魚油を含む食材の調理法

焼いたり揚げたりすると、魚油(DHA、EPA)が流れ落ちて行ってしまいます。

煮物や刺身にして食べるようにしましょう。鮭缶は、骨まで食べられるのでおすすめ。

魚油はもちろん、カルシウムも摂取できます。

ただし、しょうゆやみそで煮る時は、塩分を控えめにするようにしましょう。

酢の物にして、酸味を効かせて食べるのもいいですね。

その際、二度揚げや二度焼き、電子レンジの使い過ぎには注意。

何度も過熱すると、食品に含まれる油が変質して、体にダメージを与えると言われています。

なるべく、調理したらすぐに食べるようにしたいですね。

 

だしとハーブの使い方

アンチエイジングのためには、なるべく塩分控えめにしたいもの。

そのために、使いたいのが、だしとハーブです。

かつおや昆布、しいたけなど、だしがよく出る食材のうまみを借りて、味付けを工夫します。

ローズマリーやバジル、パセリ、タイム、ローリエなどのハーブも、塩分控えめにしたいときにおすすめ。

アンチエイジングに調理したら、次はアンチエイジングに盛り付けすると、さらに効果的です。

盛り付けや、食べる時の様子に気を配ることにより、料理の美味しさ、満足感が変わってきます。

「よし、この方法で調理を続けていこう」と思いやすくなるので、ぜひトライしてみてください。

 

小皿で盛り付ける

自分の食べた量が分かるように、小皿に少しずつ盛り付けるようにしましょう。

種類が豊富で色とりどりの食べ物を少しずつ食べれば、栄養バランスがよく、アンチエイジング食材がきちんと取れているか、目安がわかるようになります。

ついなんとなく、だらだら食べてしまう、という食べ方は回避したいもの。

 

塩分と脂肪分の多い調味料はしまっておく

薄味で調理しても、塩分と脂肪分の多い調味料がテーブルに乗ったままだと、つい使ってしまいがちになります。

塩、しょうゆ、みそ、ソース、タバスコ、ドレッシング、マヨネーズなどは、食事の時に食卓に出さないようにしましょう。

 

食事風の会話を楽しむ

食事中に黙っていると、ついつい早食いになってしまいがちです。

おいしいとも感じられません。そこで、食事中は会話をしながら、ゆっくりと食べることをおすすめします。

 

>>>アンチエイジングに役立つ食材②へ戻る

>>>アンチエイジングな食べ方へ進む

アンチエイジングに役立つ食材②
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

アンチエイジングにクミンが効果があると話題になっていることをお知らせしましたが
アンチエイジングのことを考えるのなら、アンチエイジングに役立つ食材選びも外せません。

私たちの食べたもので私たちの体はつくられているのですから、
いい食材を選ばずして、アンチエイジングはできないのです。

そこで引き続き、アンチエイジングに役立つ食材PartⅡをご紹介します。
アンチエイジングに役立つ色々な食材を組み合わせて、バランスの良い食生活を心がけましょう。

 



 

食物繊維

食物繊維は、胃や小腸で吸収されずに大腸まで届くという性質があります。
満腹感を与えてくれやすい食材です。ダイエットに役立ちます。

もちろんアンチエイジング効果もあります。
腸内を通過するとき、小腸で免疫力を活性化させてくれます。

大腸では、腸内細菌のエサとなり、腸の汚れを落としてくれるのです。
体の中からキレイにしてくれます。

アンチエイジングと共に、便秘解消にも役立つのです

みかん、りんごなどの果物、キャベツ、大根、ニンジンなどの野菜、
海藻、こんにゃくなど、水に溶けるゲル状水溶性食物繊維と、

穀物、キノコ、カニやエビに含まれる水に溶けない繊維状不溶性食物繊維があります。

どちらもバランスよく摂りたいです。

 

ビタミンC

紫外線を浴びることによるメラニン生成を抑えてくれます。
体がさびつきにくくなる抗酸化作用もあります。

ビタミンCにはイチゴ、キウイ、みかんなどの果物、キャベツ、
パセリ、小松菜、ピーマンなどの野菜に多く含まれています。

熱に弱く、こわれやすい栄養素なので、加熱せず、生のまま食べることをおすすめします。
ビタミンCは水溶性なので、一度にたくさん摂ってもすぐに排出されてしまいます。

たくさん食べるよりも、少しずつ、こまめに食べるほうがビタミンCを摂取しやすいです。

 

ビタミンA

皮膚の代謝を高め、美肌力を高め、粘膜を保護してくれます。

口の中や目の健康に欠かせません。動物性の食品に含まれています。

植物性のビタミンAは「ベータカロチン」として含まれており、食べると体内でビタミンAに変換されます。
ビタミンAを多く含む食品は、レバーやあんきもなどの動物の肝臓、チーズ、玉子など

ベータカロチンを多く含む食品は、パセリ、ニンジン、小松菜、ホウレンソウ、にらなどです。

ベータカロチンは、油でいためて食べると、体内で吸収されやすくなります。

 

ビタミンE

脂溶性のビタミンです。活性酸素を取り除く抗酸化作用が高いです。

血流を促進する効果もあります。

アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類、ひまわり油、紅花油、
いくら、すじこ、カボチャ、ホウレンソウなどがあります。

 

ミネラル

わかめやもずく、ひじきなどの海藻は、ミネラルと食物繊維が豊富なので、
アンチエイジング食材としてぜひ食生活に取り入れたいです。

海藻類には、マグネシウム、亜鉛、鉄、カルシウム、ヨウ素などのミネラルがたっぷり含まれています。
粘り気のある食物繊維は、糖や脂肪の吸収をおさえて、血糖値の上昇を抑えてくれます。

また、内臓脂肪が増えすぎないようにしてくれますよ。

 

>>>アンチエイジングに役立つ食材①に戻る

>>>アンチエイジングな調理法へ進む

クミンを摂ってアンチエイジング!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

9月26日放送の「あさイチ」(NHK)で紹介された“スーパースパイス”クミンアンチエイジング効果!

放送以来大注目を浴びるスパイスに変わってきました。

そこで、「クミンってカレー以外だと何の料理に使うの?」という人のために、

クミンを使ったメニュー紹介しましょう。

 

クミンを使ったおかず「豚のエスニック炒め」
(写真はイメージです)

 

1番目の献立は、香り成分が豊富な副食「豚のエスニック炒め」を紹介します。

作り方は簡単ですから、まずフライパンにオリーブ油とクミンを入れ、中火で熱します。

香りが立ったら豚肉を加えて炒め、肉の色が変わったらカットしたアスパラガスとパプリカを投入。

塩・こしょうで味をつけ、アスパラガスに火が通ったら完成です。

ここでのワンポイント、入れるクミンの量は、小さじ擦り切れいっぱいに抑えておきましょう。

 

エスニック料理「蒸しクミンキャベツ」

炒め物だけじゃなく蒸し料理にだって最適なクミンです。

「蒸しクミンキャベツ」はクミンの香りとレモンの風味でアッサリと頂けちゃう料理になります。

作成方法は簡単で、さしあたってちっちゃな鍋にサラダ油とクミンを入れ、弱火で香りを立たせましょう。

その後7mm幅に切ったキャベツを加え、蓋をして約2分間蒸し焼きに。

キャベツの色が鮮やかになったら火を止め、塩とレモン汁をふり、一番最後に粗方混ぜ込んだら仕上がりになります。

 

クミン香り立つ蓮根の塩きんぴら

クミンと言ったら、誰もが認識されているカレーの香り!ですよね。

それをシンプルな塩きんぴらにほんのわずか加えるだけで風味豊かな蓮根きんぴらになります。

コレなら作りおきにも最適です。お弁当の一品にも。。。

作り方は、連コンと人参を4等分にしイチョウ切りにします。

それをごま油で炒め、味醂、塩、クミン、白ごまをいれ味付けします。

ここで、ワンポイント、クミンはホールでもパウダーでも構いませんが、パウダーの場合、香りが強いので、入れすぎにはご注意を!ホールの場合は、最初にごま油で炒め、香りがたったら蓮根と人参を加えてください。

 

クミンを料理に加えるとエスニック風に生まれ変わります。

普段お作りの料理にクミンを加えるだけでも、風味が変わり、一味違ったメニューに生まれ変わります。

あなたのオリジナルをたくさん作り、レパートリーを広げる一役をクミンに・・・如何ですか。。。