カテゴリー:レシピ集の記事一覧

カテゴリー:レシピ集
アンチエイジングに役立つレシピ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

アンチエイジングな食生活に役立つレシピをご紹介します。

 

~サケの南蛮漬け~

 

アスタキサンチンやビタミンE、ポリフェノールなどのアンチエイジング成分をたっぷり含むレシピです。お酢で味付けすることで、塩分の摂りすぎを控えるのにも役立ちます。
レモンの酸味が、味を引き締めてくれます。レモンは皮ごと食べるのがおすすめ。できれば無農薬のレモンを使うと安心です。
つけ汁の水分を軽く飛ばしておくと、玉ねぎの水分で味が薄まりません。
サケは塩が添加されていないものを選ぶのもポイントです。

★材料(4人分)

生鮭500g
塩小さじ1
米粉(又は薄力粉) 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
玉ねぎ大1個
ごぼう1/2本
レモン1個
かつおだし 150ml
醤油大さじ8
(黒)砂糖大さじ6
酢大さじ10
赤唐辛子

★作り方

①かつおだし、しょうゆ、砂糖、酢、赤トウガラシを鍋に入れ、沸騰させ、1分間加熱します。軽く水分を飛ばします。皮をよく洗って薄切りしたレモンを加えます。
②玉ねぎは薄切りにして水にさらします。ゴボウを短冊切りにして、30秒ゆでてみずにあけ、水気を切ります。
③鮭をぶつ切りにします。分量の塩をまぶします。水分が出たら、キッチンペーパーなどでふき取りましょう。
④フライパンにオリーブオイルを熱し、粉をまぶしたサケを両面焼きます。
⑤焼いたサケ、玉ねぎ、ゴボウを容器に入れて、①のつけ汁をかけ、冷蔵庫で1時間置いて完成です!

 

~ブロッコリーのポタージュ~

 

アンチエイジング食材の豆乳を使ったポタージュです。このレシピでは、ブロッコリーの一番栄養価の高い茎を使います。
この部分は、皮をむいてゆでて食べるには少量だし、捨てるのはもったいない部分だったりします。そこで、ポタージュにすると、有効活用できます
ジャガイモのトロミで、滑らかになって食べやすくなります。

★材料(4人分)

ブロッコリー(茎を含めて)150gくらい
ジャガイモ中1個(160g)
豆乳 300cc
牛乳200cc
コンソメキューブ 1個
塩小さじ1/2位
生クリーム(コーヒーミルク) 適量(1個)
パセリ(みじん切り) 適量

★作り方

①ブロッコリーは茎の周りの硬いところを削り、ゆでます。ジャガイモを電子レンジでチンして皮をむきます。
②豆乳と牛乳をミキサーで混ぜます。
③鍋に②を映し、コンソメと塩を入れ、弱火で温めます。
④器によそって生クリームをかけ、パセリのみじん切りをふって完成!

 

~カラフル野菜のマリネ~

 

アンチエイジングに欠かせないビタミンA。抗酸化作用が高く、若返り効果があります。ビタミンAは脂溶性なので、オイルを使って傷めると、吸収率が上がります。マリネの酸味で塩分を控えるヘルシーな味付けができます。

★材料(2人分)

さつま芋約50グラム
かぼちゃ約50グラム
レンコン約50グラム
玉ねぎ1/2個
パプリカ(赤・黄)1/2個ずつ
ブロッコリー1/2株
ミニトマト4個

マリネ液
お酢大さじ3
オリーブオイル大さじ3
はちみつ 小さじ2
塩・胡椒・オレガノ適量

★作り方

①サツマイモ、カボチャ、レンコンを乱切り、たまねぎを細切りにして耐熱皿でラップをかけ、500Wで1分間加熱します。
②パプリカとブロッコリーを塩ゆでしてざるに上げます。ミニトマトを洗い、水気をふき取ります。
③マリネ液の材料をボールであわせます。
④マリネ液に①と②の野菜を20~30分漬け込んだら完成!

 

>>>アンチエイジングな食べ方へ戻る

>>>アンチエイジングに役立つ食材①に進む

 

肌を助ける手作りドリンク レタス×豆乳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

『美味しく美容&健康 ケア』

肌にもストレスは禁物。
しっかり食べて、美味しく楽しく内側からキレイ&健康になりましょう。

 

『肌を助ける手作りドリンク レタス×豆乳』

 

良いスキンケア化粧品を使うのも良いけれど、大事なのは“身体の中から”キレイにすること

そこでここでは、肌を健康にしてくれる手作りドリンクのレシピを紹介したいと思います。

野菜と果物を使ったドリンクばかりなので、肌だけでなく身体を元気にする効果も期待できます。

まずは、レタスと豆乳を使った美肌ドリンクのレシピから紹介しましょう。

 

◆レタス豆乳

材料:
レタスの葉…4枚
バナナ…1本
豆乳…80cc

 

 

作り方:

1.すべての材料をミキサーで撹拌すれば完成です。  (参考サイト:美容ドリンク研究所)

肝機能、腎臓の機能を高める美肌ジュースレシピです。

バナナを入れたので、食欲がない時に食事代わりにしてもOKです。

 

 

豆乳の味が強く、あまり美味しいそうな色ではありませんが、効果の高いドリンクです。
レタスはもともと栄養成分はそれほどありません。
けれど、バランスに優れているので、ストックしておくととても助かります。
また茎からでる白い液は“ラクチュコピコリン”と言って鎮静効果があります。

豆乳にはイソフラボン他、特に女性に嬉しい栄養素が豊富なので、積極的にとりたい飲み物ですよ!