乾燥からお肌を守るバリア機能・乾燥肌対策お見せします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

もうすぐ、なにかとお肌がカサカサしがちな季節がやってきます。

 

夏の頃は気にならなかったのに、化粧品を付けると刺激を感じたり、空気が悪いところにいると肌がぴりぴりしてしまいやすくなります。

 

これは、お肌が乾燥して、敏感になっているせいです。

 

お肌のバリア機能が低下してしまっています。

 

お肌のバリア機能というのは、健康な肌なら、誰しも本来、持っているものです。

水分を保ち、みずみずしくうるおわせるための機能です。

 

さらに、外部からの刺激をシャットアウトし、

トラブルを起こしにくい、丈夫なお肌を保たせてくれます。

 

バリア機能が正しく働いているお肌は

角層内で角質細胞がレンガのように並んでいるお肌です。

 

 

 

Haeruman / Pixabay

 

 

 

細胞内にNMF(天然保湿因子)があって、お肌のうるおいが保たれます。そして、そのレンガの間を埋めるのが、セラミドなどの保湿成分です。

 

角質細胞と保湿成分が一体化して、細胞同士がぴったりくっついている状態が、バリア機能が働いている状態です。

 

しかし、間違ったスキンケアをしていたり、生活習慣が乱れていたりすると、お肌は乾燥してしまいます。間違ったスキンケアというのは、例えば、洗顔をしすぎてしまっているような場合です。あまり洗顔しすぎると、お肌に必要な水分、油分まで洗い流してしまい、乾燥してしまいます。

 

また、よかれとおもって、スキンケアのときに強くパッティングしすぎてしまっても、角層を傷つけてしまいまい、これもバリア機能を損なわせてしまいます。

 

 

 

 

生活習慣の乱れというのは、睡眠不足とか、ストレス過多とか、栄養不足とかいったものが考えられます。お肌のためには、ビタミンの摂取が大切です。

 

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンH、これらのビタミンは、お肌をつくるための大切なものです。

 

また、タンパク質、亜鉛、鉄など微量金属が不足していても、

保湿成分を十分に生成できなくなってしまい、バリア機能低下につながります。

 

バリア機能が低下すると、お肌は刺激に弱くなります。すぐに水分が逃げて行ってしまうようになり、乾燥しがちになります。そうなると、ますます肌荒れ、乾燥が進んでしまいがちです。

 

お肌のバリア機能が損なわれた状態になってしまったときは、

スキンケアも傷んだお肌用のやり方にチェンジしないといけません。

 

なるべくお肌に刺激を与えないようにして、お肌にやさしいスキンケアにすること。

そして、保湿成分をとりいれることです。

 

やさしいスキンケアと栄養摂取で、肌本来のバリア機能を取り戻しましょう。ただでさえ、冬の時期は空気が乾燥しているので、お肌の水分が奪われやすくなります。

 

冬の季節のスキンケアは、他の季節よりも一段進んだ保湿が必要となります。

しかしながら、お肌のためには、冬だけに限らず四季を通じてしっかりうるおいを補給しましょう。そして、ぷるぷるのお肌を目指しましょう。

 

 

Espressolia / Pixabay