美白に効くビタミンC誘導体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ビタミンCは、美白、抗酸化作用のある成分として知られています。

 

でも、ビタミンCの成分そのものがとてもこわれやすく、不安定のため、化粧品に配合されていても、それを使ってビタミンCの効果が得にくいというデメリットがあります。

 

そこで、そのビタミンCの効果を損なわないように改良して、安定化させたものが

 

「ビタミンC誘導体」です。

 

 

ビタミンCを配合した化粧品は、この世の中にたくさんあります。でも、果たしてそれを使ったからと言って、ビタミンCの効能とされる、美白や抗酸化作用が得られるわけではないことに注意です。

 

ビタミンCをそのまま塗ったとしても、成分がもろいので、ほとんど皮膚に浸透しないでいます。そこで、ビタミンCを誘導体にします。すると、皮膚への浸透力が高まります。

 

それだけではなく、皮膚に浸透してから、ビタミンCに変化する、という特徴があるのです。これは最強です。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性があり、さらに水溶性と脂溶性の両方の性質を持つものがあります。それぞれで違いがあります。

 

 

 

 

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に配合されています。

 

リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどがあります。

 

 

脂溶性ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは本来、水溶性です。

 

しかし、ビタミンCに油を結合させて、エマルジョン状態にしたのが脂溶性ビタミンC誘導体です。水と油が合わさっていて、クリームなどに配合されています。

 

テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルなどがあります。

 

 

水溶性と脂溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体

 

親水性と親油性があり、浸透力がさらに高まります。

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)がそれにあたります。

 

ビタミンC誘導体は、いろいろな美容効果があります。

 

抗酸化作用、ターンオーバーを高める作用、色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、お肌を滑らかにする作用など。数え上げるときりがありません。それだけビタミンCがすごいということですね。

 

ビタミンCの効能を、そのままこわれないようにすると、こんなにすごい美容成分となるわけです。

 

ビタミンC誘導体のうち、分子が小さく、浸透しやすくしたタイプのものは、真皮でコラーゲン生成を促す効果があります。しみやしわ、お肌のたるみなど、いろいろなトラブルに効果があるのです。

 

ビタミンC誘導体は、美容にいい成分です。

 

でも、どれだけ使っても大丈夫、使えば使うほど効果が高まる・・・というわけではありません。使いすぎると、かえって肌トラブルを招いてしまいます

 

皮脂のコントロールにはたらきかえるので、もともとお肌が乾燥している方は、皮脂の量が減って、お肌が乾燥してしまいます。それがもとで、お肌がデリケートな状態になってしまうおそれがあります。

 

ビタミンC誘導体を使う時は、自分の肌タイプをしっかり把握し、適切なケアをしましょう。

 

>>>ビタミンC誘導体の効果へ進む

 

 

AdinaVoicu / Pixabay