ダイエット成分、L-カルニチンを肉で摂取する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

一般的な日本人の食事は豆と魚をたんぱく源とするもので、肉の摂取量は少ないものでした。最近では、食文化が西洋化して、お肉を食べる日本人が増えています。

 

食文化の西洋化と健康との関係については賛否両論あるのですが、少なくともL-カルチニン摂取によるダイエットという意味では、食事に肉食をとりいれるのは良いことです。

 

肉類には、良質の動物性たんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

ダイエット中でも、体の健康維持のためにはぜひ食べたい食材です。

 

ダイエット中は、お肉を控えてしまいがちですが、お肉は実は、糖質の代謝に役立ってくれるんですよ。糖質の代謝と大きな関係があるビタミンB1は、豚肉に多く含まれているからです。

 

また、脂質の代謝に必要なビタミンB2はレバーに多く含まれており、ダイエット中に食べるのがおすすめです。

 

そしてL-カルチニンですが、これは脂肪の代謝を促してくれる成分です。

赤身肉に多く含まれています。

 

牛肉は、顔色を若々しくしてくれ、貧血防止の効果がある鉄分を豊富に含みます。

ただし、いくらL-カルチニンでダイエットの名目として肉類を食べるとしても、

食べ過ぎはやっぱりいけません。1日に食べたい適量というものがあります。

 

1日のそう摂取カロリーが1600kcalなら、約100g分にとどめておきましょう。

食べ過ぎはいけません。

 

焼き肉を食べたら、翌日はお肉を控えるなどして、適度に食べつつ、量をコントロールするようにしましょう。

 

お肉でL-カルチニンを摂取しつつ、カロリーオーバーをコントロールする方法があります。それは、カロリーが高い脂身をよけて食べる、というやり方です。

 

脂身や皮は、赤身の3倍程度のカロリーがあるので、それを取り除いて食べるだけでも、大幅にカロリーダウンできます。

 

u_rt5bpvly / Pixabay

 

 

鶏肉はヘルシーというイメージがありますが、鶏皮も一緒に食べてしまうと、カロリーが一気に上がってしまいますよ。脂があると、うまみが乗って、お肉がおいしいものですが、ダイエットのためには控えたほうが無難です。

 

例えば、国産牛サーロイン肉1枚(200g、ステーキサイズ)の場合、カロリーは668kcalとなりますが、このうち脂身と残った肉のカロリーを比べてみると、以下のようになります。

 

脂身だけ…309kcal

切り取った後の肉だけ…359kcal

 

なんと、あんなに小さい脂身だけで、

残りの肉と同じ量のカロリーがあるわけですね!

 

脂が少なくヘルシーな豚ロースは、豚ロース肉1枚(110g、とんかつサイズ)だと、

カロリーは289kcalとなります。

 

脂身がついていても、サーロイン牛肉に比べると大幅にカロリーは低くなるのですが、

さらに脂身をのぞくと、カロリーが半減します。

その内訳は次の通り。

 

脂身だけ…148kcal

切り取った後の肉だけ…141kcal

 

ちなみに、枝肉に比べて内臓肉はローカロリーになります。

焼き肉で言うと、カルビは枝肉、ハラミが内臓肉です。