ダイエット成分L-カルニチンを効果的に摂取しよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

脂肪を燃焼させる、というと、体に蓄えられた脂肪を燃やすというイメージが強いかもしれません。しかし、体というのものがまず燃やすのは、食事で食べた脂肪のほうです。食事からとった脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換するのが先です。

 

 

エネルギー源として燃やされなかった脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪となって、蓄積されます。この脂肪燃焼のパターンを知って、L-カルニチンを効果的に取り入れることが大切です。

 

 

肉や食用油など、食事からとった脂肪は、食後に少しずつ燃やされて、4~6時間後に燃焼がピークとなります。そのときに、L-カルニチンが十分な量、体内にあると、食べた脂肪の燃焼を促進することが分かっています。

 

 

つまり、食事の後にじゅうぶんな量のL-カルニチンがある状態にしておくと、

脂肪が蓄積されにくくなるのです。L-カルニチンを適切に働かせてダイエットするためには、その摂取頻度、摂取量、そして摂取タイミングに気を付けることが有効です。

 

 

stevepb / Pixabay

 

 

L-カルニチンの摂取頻度

 

栄養素というのは、摂取して比較的短時間に効果が出やすいものと、継続的に摂取することで効果が出るものの2種類があります。

 

L-カルニチンは後者の「継続摂取」で力を発揮しやすい栄養素です。

 

短期間のダイエットのときだけではなく、継続的に摂取することで、

より確実にダイエットしやすくなります。

 

 

 

L-カルニチンの摂取量

 

L-カルニチンの必要量は、その人の生活習慣、体質により変わってきます。

 

一般的には200㎎~500㎎の継続的な摂取がよいとされます。

 

L-カルニチンは、野菜や果物にはほとんど含まれていません。主に、肉類の赤身に含まれている成分です。なので、豆や魚を主な蛋白源とする和食の場合、じゅうぶんな量をとることは難しいと言われています。

 

日本人の平均1日当たりの摂取量は75㎎だということからも、これが分かります。

たとえば、牛肉1㎏なら、約700㎎のL-カルニチンが含まれています。

 

しかし、現実的に考えて、そんなにたくさん牛肉を食べることはできませんよね。

かえって余計な脂肪をとりこんでしまって、太ってしまいかねません。また、消化器系への負担も大きくなります。

 

その意味でも、量が不足しているなと思ったら、適宜サプリメントを利用するようにするといいかもしれません。

 

 

L-カルニチンの摂取タイミング

 

L-カルチニンを摂取するタイミングとしては、とくにルールはありません。

朝摂取しても、夜に摂取しても取り込まれる量は同じです。

(あんまり遅い時間に食べると脂肪として蓄積されてしまいますが)、

 

L-カルチニンを、毎日少しずつ、筋肉などの体内にためていくようにしましょう。

 

いつに食べるということを決めておいて、ライフスタイルに合わせて、ムリなく、継続的に摂取するのがいいですね。ちなみに、スポーツをしない人に比べて、スポーツをしている人のほうが、L-カルチニンを摂取して、体内で働かせやすくなるという研究結果があります。

 

適度な運動をプラスするといいですよ。