乾燥肌に効くセラミドを食事で増やそう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

セラミドは、皮膚の角質層の中でつくられ、

 

お肌の水分を保持し、バリア機能を高める役割を果たします。

不足すると、乾燥肌になり、お肌がカサカサしたり、肌バリア機能が低下して、刺激に敏感になってしまったりします。

 

セラミドはスキンケアで塗布して届けるほかに、食事からも取り込めます。

 

セラミドを増やす食べ物を食生活に取り入れて、お肌のうるおいを目指しましょう

 


 

 


 

 

セラミドは、人のお肌に含まれるほか、馬など動物の脳、脊髄に含まれています。

植物では米や小麦です。コメや小麦は、主食ですから摂取しやすいですね

 

セラミドを含む食品を摂取すると、腸で吸収されて、スフィンゴシン、糖、脂肪酸に分解されます。このスフィンゴシンは角質層に作用し、セラミドの生成を促すのです。これでお肌のうるおいがアップします。

 

セラミドが多く含まれる食品は、米、小麦、大豆、コンニャクイモ、牛乳など

 

特に、コンニャクイモは、コメや小麦よりも7~16倍多くセラミドが含まれています

黒の食べものはセラミドが多いという傾向があります。

 

黒豆、小豆、わかめ、ひじき、ゴボウ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒コショウなどですね

 

1日に必要なセラミドの量は600マイクログラムといわれています。これを食べ物の量に置き換えると、生芋こんにゃくなら約半丁、白米ならお茶碗で25杯、玄米10杯、小麦はスパゲティで3皿分ほど。

 

食べ物の場合、消化吸収するときに、多少排出されてしまうので、その分を考えて、多めにとる必要があります。しかし現実的に、これだけの量(ごはんお茶碗25杯!?)をとるのは、むずかしいので、サプリメントを利用してみてもいいかもしれません。

 

セラミドそのものを含む食べ物に加え、セラミドの生成を促す、バックアップ的な食べ物も一緒にとりたいです。

 

 

血行促進効果でセラミドをアップ

タマネギ、ジャガイモ、サトイモ、カリフラワー、ハクサイ、キャベツなど。
これらの野菜は血行を良くするはたらきがあります。血流がよくなると、セラミドが分解されてできるスフィンゴシンを皮膚にスムーズに運びやすくなるのです。

 

 

抗酸化作用でセラミドをアップ

呼吸で体内に入った酸素の一部は活性酸素となり、増殖すると細胞の働きを弱めてしまいます。これがセラミドの生成をジャマします。

 

そこで、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、ピーマンなど、抗酸化作用の強い緑黄色野菜をとることで、活性酸素を撃退できます。セラミドは肌の新陳代謝によって生成されます。だから、お肌の新陳代謝を促すビタミン類をバランスよくとることも大事ですね。

なお、反対にセラミドを減らしてしまう食べ物として、リノール酸の過剰摂取があります。

 

必須脂肪酸のリノール酸は、血中コレステロールを減らすことで知られています。

肌のセラミドを生成するときに必要な成分です。

 

しかし、過剰摂取すると、

 

リノール酸からアラキドン酸が合成されてしまいセラミドを減らしてしまうのです。

リノール酸はグレープシードオイル、ひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油に多く含まれます。

 

 

 

Pexels / Pixabay