冬のお肌の乾燥の原因はセラミド不足
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

夏に比べて、肌が乾燥しやすいなあ・・・と感じている方も多いのではないかと思います。

 

夏は、汗や皮脂がたくさん分泌しています。

 

そして、それがお肌のバリアとなり、乾燥や外部刺激からお肌を守ってくれています。

でも、冬になると、それがなくなります。

 

空気は乾燥しているし、気温も低いので、お肌から水分がどんどん逃げて行ってしまうのです

 

お肌にうるおいはなくなり、たるみやしわができやすくなります。

 


 

 


 

乾燥したお肌に、たるみやしわをできにくくしてくれるのが「セラミド」という細胞間脂質。

これはお肌の角質層の中にあります。セラミドは年齢と共に、体内の量が減少していきます。

30歳を過ぎたころから、だんだんと減っていきます。

セラミドは角質層の一番外側にある、細胞と細胞の間の隙間を埋めてくれるものです。

セラミドがあるから、お肌の内部から、水分が蒸発していってしまうのを防いでくれているのです。

お肌のうるおい成分というと、ヒアルロン酸とコラーゲンのほうが、どちらかというと有名。

これらの名前は知っていますね。基礎化粧品のうるおい成分として、よく配合されています。

 

でも、実は、いくらヒアルロン酸やコラーゲンをたくさん補給したとしても、
セラミドがないと、フタがないので、水分がどんどん逃げて行ってしまうんですよ!

 

セラミドは美肌づくりに欠かせません。

 

しかし、美肌づくりに欠かせない、セラミドは、自分でいくらでも生成できるわけではなく、間違ったスキンケアなどによって、失われてしまうと、30歳前でも、不足してしまうんですよ。

 

たとえば、過度の洗顔は、セラミドを洗い流してしまう大きな要因です。

気を付けましょう。

 

セラミドが不足する要因には、以下のものがあります。

 

加齢(30歳くらいから始まります)
女性ホルモンの低下
ストレス過多
活性酸素
紫外線によるダメージ
間違った洗顔方法、スキンケア方法

 

20代や30代の女性で、セラミドを不足させてしまう一番の原因は、
間違った洗顔方法やスキンケア方法によるものです

 

毎日することなので、ダメージも定期的に与えられるようになり、
続けるほど、大切なセラミドがどんどん剥がれ落ちてしまいます。

脂浮きが気になっている、あるいはニキビがあったりして、
つい洗顔をごしごししてしまいがちな方は要注意です。

 

浮いた脂と一緒に、お肌に必要な皮脂、セラミドまで洗い流してしまいますよ。

 

そうすると、お肌のバリア機能は低下し、ますます肌トラブルが起きやすくなります。

 

つまり、脂浮きやニキビを改善しようとしてしたスキンケアで、
よけいにお肌をいためてしまい、さらに状態が悪化してしまうということです。

 

しわやたるみが少ない人、肌年齢が低い人は、セラミドが多いというデータもあります。

肌年齢を左右するのは、セラミドの量と言ってもよいくらいです。

 

冬の乾燥キープには、まずセラミド補給が大切なんですよ!