• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

世間で注目されているダイエット効果を発揮する方法ということで、お酢が注目を集めている様です。

お酢は、ダイエットの助けになる食品なだけに限らず、体質向上にもパワーを発揮してくれるという食品ですが、体にどういった具合に機能しているのでしょうか。

少し考えてみたいと思います。

 



 

お酢の酸っぱさ、特有なにおいは酢酸が影響しているものです。

酢酸は体の代謝に関係している重要な物質で、体内でクエン酸に変化します。

体内で脂肪が燃焼する時、クエン酸スパイラルという作用が働いています。

クエン酸はこのクエン酸スパイラルを調子良く運転し、脂肪をエネルギーに変える動きをサポートする働きがあります。それによって、クエン酸で不必要な脂肪が効率よく燃えることから、シェイプアップが期待できることになるんです。

 

その他には、酢に多く含有されている健康にも効果の高い成分にアミノ酸が存在します。

アミノ酸の中には体脂肪の結合を抑制するタイプの種類も存在します。

こういった効果により、ダイエットに酢を利用するというわけです。

た、酢を体に取り入れることで、人体の性質をアルカリ性にするという点があります。

フラストレーションや食事内容により、今時の日本人は酸性体質の人が増加しています。

酢を吸収すると、ほんのちょっとした時間で体質を弱アルカリ性に変えるということが可能となります。

体が弱アルカリ性となったら、利尿作用を司る腎臓の働きが向上し、新陳代謝機能等も高くなります。

利尿作用はダイエット時に意識するべきポイントになります。お酢を摂り込んで利尿作用を推進するようにすれば、むくみを解消し身体に良いダイエットの効果を見込めるでしょう。

お酢のダイエット効果を余すところなく引き立たせることを望むなら、三食の食事に酢を活用するなどして摂取してみたいものです。

酢の入ったドリンクを飲むもよし、メニューにいつも酢の物を一品取入れもよし、工夫しながら飽きのこないような食生活楽しみたいものですね。。。