ビタミンC誘導体の選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ビタミンC誘導体には、水溶性と脂溶性、その両方の性質を持つものと、3種類があります。

 

どのビタミンC誘導体が配合されるかは、化粧品によって違います。

 

化粧水は水なので、水溶性のビタミンC誘導体が配合されていることが多いです。

 

ただ、必ずしも化粧水=水溶性ビタミンC誘導体と決まっているわけではありません。

 

両方が配合されているビタミンC誘導体の場合、即効性の高い水溶性ビタミンC誘導体の性質と、皮膚に長時間とどまってはたらきかけてくれる脂溶性ビタミンC誘導体の両方の効果が期待できることになります。

 

 


 


 

 

水溶性ビタミンC誘導体の中でも、高濃度で配合できるものは、濃度によって溶けにくくなるものなど、それぞれで特徴に違いがあります。

 

ビタミンC誘導体には、活性酸素の除去、メラニン色素の抑制作用など、いろいろな効果があります。

 

一緒に配合することで、その効果を相乗効果でさらに高めてくれます。

なので、ビタミンC誘導体を配合した化粧品を選ぶときは複数のビタミンC誘導体が一緒に配合されているものを選ぶのがおすすめです。

 

たとえば、美白効果をもたらしたいのなら、メラニン色素の抑制作用がある成分が配合されたものを選ぶと、ビタミンC誘導体の美白効果をさらに高めることができます。

 

ビタミンC誘導体と一緒に配合されていることが多い美容成分をまとめてみました。お悩みごとに、美容成分を組み合わせて考えるといいですよ。

 

*メラニンをつくるという情報の伝達を抑制する

カモミラET、トラネキサム酸など。メラノサイトが活性化する情報伝達を抑制してくれます。

 

*チロシナーゼの活性を阻害する

コウジ酸、エラグ酸など。酵素チロシナーゼの活性を阻害することで、メラニンの生成をおさえてくれます。

 

*メラニン生成をおさえる

アルブチン、イソフラボンなど。メラニン生成を抑えてくれます。

 

*抗酸化作用

ビタミンE、アスタキサンチン、レスベラトール、フラーレンなど。

ビタミンC誘導体の抗酸化作用を補って、より効果を高めてくれます。

 

*活性酸素除去

甘草エキス、ローズマリーエキス、ユキノシタエキスなど。

活性酸素を除去することで、メラニンの生成がおさえられます。

 

 

ビタミンC誘導体にもこの作用があるのですが、組み合わせて使うと、さらに効果が高まります。

 

ビタミンC誘導体の化粧品を選ぶときは、つい濃度で選んでしまいがちです。

「高濃度に配合!」などと書かれていると、それだけで飛びついてしまいたくなりますよね。でも、一番大事なのは・・・

 

自分のお肌にとって何が一番必要か、ということを考えて、それに適するビタミンC誘導体を選び、さらに相乗効果をもたらしてくれる美容成分が一緒に配合されているものを選ぶことです。

 

自分のお肌にぴったり合う化粧品を使えば、それだけ効果も出しやすくなりますよ!

 

>>>ビタミンC誘導体の効果へ戻る

 

>>>ビタミンC誘導体ならイオン導入がおすすめ!へ進む