• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

エイジングケアにすごい効果を発揮するのが、ビタミンEだと言われています。

では、ビタミンEはどのような効能があるのかみてみます。

抗酸化作用、血管を健康にする、毛細血管の血流を促す、肌荒れ防止改善、コレステロール値を下げる、前立腺がん&胃がん予防、などの効能が期待されています。

ではこれらの効能を一つづつ詳しく見てみることにします。

 



 

抗酸化作用

有名なのがこれですね。ビタミンEは、脂溶性です。ですから、
細胞膜や血中脂質が活性酸素により酸化してしまうのを防ぐはたらきがあるのです。
活性酸素により、細胞が酸化すると、老化や生活習慣病につながります。

 

血管を健康にする

これも美容にとって大切です。
「巡りのいい人」になるためには、血管が健康でないといけないからです。
血中コレステロールが活性酸素によって酸化し、細胞壁にくっついてしまうと、動脈硬化になります。
ビタミンEは、コレステロールが酸化するのを防いでくれます。

 

毛細血管の血流を促す

ビタミンEは毛細血管の巡りもよくしてくれます。
だから、冷え性、肩こりの改善に役立つのです。

 

肌荒れ防止、改善

ビタミンEが毛細血管を広げてくれるので、肌の隅々まで血液が巡り、
栄養が届けられて肌荒れが予防、改善されます。

 

コレステロール値を下げる

ビタミンEは、LDL(悪玉)コレステロール値を下げ、
HDL(善玉)コレステロール値を上げるというはたらきがあります。
ビタミンEのトコトリエノールでも、コレステロール値作用があることが認められていますが、
食品中にはほとんど含まれません。これは、トコフェロールのほうによるものです。

 

前立腺がん、胃がん予防

ビタミンEには、前立腺がん、胃がんを予防する可能性があると言われています。
また、ビタミンEは抗酸化物質ですから、
抗酸化物質自体にもがん予防作用があることが認められています。

 

ビタミンEとセットでよく取り上げられるのが、ビタミンCです。

活性酸素のはたらきを抑える作用があるビタミンを、

抗酸化ビタミンといいます。

抗酸化ビタミンには、ビタミンE、ビタミンA、そしてビタミンCがあります。

ビタミンE、Aは脂溶性で、細胞膜などの脂質の酸化を防ぎます。

ビタミンCは水溶性ビタミンで、血中など、水分中にいて、活性酸素を抑え込みます。

それぞれテリトリーが違うわけですね。

ビタミンEは、活性酸素を無害化すると、もう活性酸素を消す力がなくなってしまいます。

そこで、ビタミンCの出番です。

ビタミンCは、無力化したビタミンEを、復活させることができるのです。

ビタミンCのおかげで、ビタミンEはまた、

あらたな活性酸素除去に精を出すことができるようになります。

ビタミンEはそれだけよりも、

ビタミンCと一緒にいるほうが、効果的に働けるようになります。

ふたつのビタミンは、ベストパートナーなのです。

ビタミンCがいると、ビタミンEはより効果的になるので、

摂取はビタミンCとEを同時に行うのがおすすめです。

サプリメントでビタミンEを摂るときは、ビタミンCも入っているものを選ぶようにしましょう。

また、ほかのビタミンも一緒に入っている「マルチビタミン」にすると、なお良いです。

サプリだと、理想的な摂取量である、300㎎/日という量を、カンタンに摂れるのが嬉しいです。

 

>>>ビタミンEのすごいエイジングケア効果に戻る

>>>ビタミンEを適量摂ろうへ進む