豆腐ダイエットを成功させる6つの方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐にはダイエット成分が多く含まれています。

 

豆腐ダイエットを実践して、痩せを手に入れたいですね! 

 

 

4月になれば、薄着の季節もすぐそこです。冬の間、太っちゃった・・・と思うのなら、ダイエット食材の豆腐を活用して、体脂肪を落としておきましょう!

 

ダイエットを始めても、挫折することが多いという方は、ムリなプランを組んでいることが多いです。ムリなく、楽しく続けられれば、挫折もしにくいですよね。

 

豆腐ダイエットなら、そんなやり方が可能です。

 

 


 

 


 

 

豆腐ダイエットは週に3回以上、主食と豆腐を置き換えるだけのダイエットです。

 

最低3回、置き換えれば効果は現れます。もちろん食事を抜いたりする必要はありません。

 

豆腐ダイエットを無理なく、楽しく続けるための6つのコツをご紹介します。 

 

コツその① 夜の主食を豆腐メインにして効果大に 

 

夜の食事が、体重の増減に大きくかかわっています。
ダイエット効果を重視するなら、夜の食事で、主食を豆腐と置き換えると良いでしょう。
たとえば、1週間すべての夕食の主食を豆腐に置き換えてみましょう。
その代わり、朝と昼はいつでも、普通に食べてオーケーです。

 

 

コツその② 食べ過ぎた翌日のリセットに使う 

 

食べ過ぎてしまったな、と思ったら、次の日は主食を豆腐と置き換えましょう。
ダイエットをしているときに、食べ過ぎたり、飲みすぎたりしてしまうと、「ああ、これで台無しだー」と、やけになって、そのままなしくずしにダイエット終了となってしまいがちです。
でも、豆腐ダイエットでリセットできるので大丈夫ですよ!
食べ過ぎた翌日の調整食として活用しましょう。 

 

 

コツその③ 平日だけ実践 

 

毎日休みなく続けなきゃ、と思うとストレスです。ストレスは太る元になります。
また、「もうムリ!」と挫折のきっかけにもなりますよね。
その意味でも、「豆腐ダイエットは平日だけ」と決めておくと良いでしょう。
平日はダイエット、休日はいつも通りの食事と考えておくと、オン/オフの切り替えができて、続けやすいです。

 

 

コツその④ 朝食に豆腐を食べる 

 

豆腐は消化が良いので、目覚めたばかりの胃にも優しいです。
植物性脂肪を適度に含むので、腹もちも良いです。
午前中、おやつを食べたくなったりしないし、昼食の量も食べ過ぎずにすみますね。

 

 

コツその⑤ ごはんが食べたいときは「おかず」として 

 

豆腐ダイエットは、ごはんなどの主食と豆腐を置き換える方法です。
でも、「ごはんが食べたい!」っていうとき、ありますよね。
そんなときには、豆腐をおかずにするのもひとつの方法です。
高カロリーなお肉と豆腐を置き換えれば、立派なダイエットメニューになりますね。
ただし、食べるごはんの量は少なめにしましょう。

 

 

コツその⑥コンビニ食でもできますよ 

 

忙しいと、スーパーに買い物にも行けませんよね。
そんなときには、ムリせずコンビニも活用できます。
お惣菜や缶詰など、コンビニにはいろいろな食材が置かれています。
煮物など、ヘルシーなおかずを選んで豆腐と組み合わせましょう。

 

 

>>>豆腐ダイエットのポイントへ戻る

 

>>>豆腐ダイエット活用法へ進む