• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

豆腐にはいろいろな痩せ効果があるので、ダイエットしやすいです。
豆腐に含まれるダイエット成分は次の通りです。

 

低カロリーで低GI食品 

木綿豆腐半丁で108kcal。しかも、植物性脂肪を適度に含むので、おなかにたまります。低GI食品というのも魅力的。食べても血糖値が上昇しにくいので、脂肪がつきにくくなります。

大豆レシチン

コレステロールや中性脂肪を減らしてくれます。ムダな体脂肪を落とす効果もあるとされています。

大豆オリゴ糖 

腸内の善玉菌のえさとなるものです。大豆オリゴ糖を含む豆腐を食べれば、腸内環境が正常化して、便秘解消に役立ちます。便秘はぽっこりお腹を作るだけではなく、太りやすい体質にもしてしまうので、ぜひ改善したいですね。

良質なタンパク質

植物性タンパク質を含みます。脂肪を燃焼するには、筋肉が必要。肉に比べてローカロリーな豆腐でたんぱく質を摂取するのが一番良いですね。

大豆サポニン

コレステロールの吸収を抑え、分解するはたらきがあります。中性脂肪を減少させるのに役立ちます。消化管からの脂肪の吸収を抑えるはたらきもあると言われています。太りやすい体質から脱するためにも、大豆サポニンをどんどん摂取したいですね。

鉄分 

脂肪を燃焼させるためには、大量の酸素の消費が必要です。鉄分を補給すれば、血液中の酸素がすみやかに送られるので、脂肪燃焼しやすくなります。 

 



 

痩せ効果てんこもりの豆腐を使えば、これまで失敗しがちだったダイエットも、成功させやすくなります!以下に、豆腐ダイエットのポイントをまとめています。

 

1日1食、主食を豆腐に替える

ダイエットとはいっても、食事を抜いたり、偏った食事をしたりするのはいけません。バランスの良い食事を心がけましょう。
1日に1食、ごはん、パン、麺類などの主食を豆腐に替えましょう。ごはん1膳(150g)食べていたところを、豆腐1/2丁(150g)に変えます。
これだと、ごはんで252kcal摂取していたところを豆腐108kcalに減らせるので、低カロリーです。そのうえ、豆腐には脂肪を燃やしたり、代謝を上げたりする効果があるので、ダブルで効果的ですね。

 

豆腐を食べるのは週に3回以上

ヤセ効果たっぷり、おいしい豆腐ですが、毎日食べるとなるとストレスです。なので、主食を豆腐に置き換える豆腐ダイエットは、週に3回、実施すればオーケー。平日だけとか、お休みの日を中心に、など、ムリない範囲で取り入れていきましょう。

 

豆腐とおかずをセットで食べる

豆腐は栄養バランスに優れた食材です。でも、どんな食材でも、1品で大丈夫、ということはないのです。豆腐は「主食」ととらえ、必ずなんらかのおかずをプラスしましょう。豆腐の上におかずをのせたり、小鉢としてプラスしたりするのも良いですね。ガマンしないで、いろいろなものを食べるのが良いのです。

 

ポイントを抑えつつ、豆腐ダイエットでスリムな体型を手に入れましょう!

 

>>>豆腐の効果へ戻る

>>>豆腐ダイエットを成功させる6つの方法へ進む