コーヒーダイエット|実効性があると話題沸騰5つのポイント!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

コーヒーでダイエット!!!

 

 

kaboompics / Pixabay

 

 

忙しい仕事が一息ついてほっとするひと時、ブレイクタイムに欠かせないのがコーヒーですよね。あなたは、Black派、それともSugar&Milk派。

 

実はコーヒーを飲むだけでスリム体質になれるという、夢のようなダイエット法が存在するんですがご存知でしたか?

 

でも、このダイエット、“コーヒーダイエット”を成功させるには、ただコーヒーを飲んでいるだけではダメです。いかにしてコーヒーでダイエットを成功させるか、しっかり痩せるコツを押えておくことが重要なんです。

 

そこで、ここではそんなコーヒーでダイエット成功の鍵を握るコツについて紹介していきます。ダイエットに励んでおられる方も、挑戦したいと思っておられる方も、コーヒー大好きという方は、さっそくこのコーヒーダイエットにトライしてみては如何ですか?

 

 

Point,1)1日3杯飲む

 

コーヒーには血糖値の上昇、すなわち、高血糖を抑える効果があります。
したがってダイエットにとても効果的な飲み物ということになります。

 

しかし、たくさん飲めばそれだけ効果があるのか?と言うと、大量にコーヒーを摂取するのは×です。

 

日本人の体質は、胃の粘膜が弱くできています、多量に摂取し過ぎると健康に害を及ぼす可能性が出てきてしまいます。

 

「できるだけたくさん飲めばOK?」コレは間違いです。そのため、飲む量は1日3杯がベストでしょう。早く痩せたいからと言って、コーヒーのガブ飲みは禁物です。

 

 

Point,2)砂糖は入れない

 

コーヒーには砂糖は入れないことです。
コーヒーに砂糖を入れるのはダイエット向きとは言えません。

 

甘いもの好きの方には少々酷な話になりますが、モチロンカロリーの関係もあるんですが、砂糖は体を冷やし、太りやすい体質へと導いてしまう食材でもあるんですね。

 

コーヒーでダイエット!コレが目的でコーヒーを飲むのであれば、ここはノンSugarが正解です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

Foundry / Pixabay

Point,3)食前に飲む

 

食後は血糖値が上がります。血糖値の上昇を抑えるためには、コーヒーを飲むのは食後ではなく食前に飲むのがBestです。

 

 

食事の前にコーヒーを飲む癖をつけてみてください。

 

食べる前にコーヒーで軽くお腹を満たしてくと、大食いの防止にもなるので、大幅なカロリー摂取を防ぐこともできます。

 

さらに、食欲をより効果的に抑えたいのなら、アイスよりホットコーヒーを頂くほうが良いようです。

 

 

Point,4)運動前に飲む

 

脂肪燃焼にスポーツを取り入れている方も多いと思います。運動前にコーヒーを飲むのが脂肪が効率良く燃焼していくのでおすすめです。

 

それも、運動する30分程前にコーヒーを飲んでおくと、脂肪が燃焼しやすくなると言われています。それで、効率よく痩せることが可能になるんですね。

 

また、エアロビクスや水泳といったハードな運動だけではなく、ウォーキングのような日常で取り入れられる軽い運動でもOKですよ。

 

例えば、通勤30分前にコーヒーを飲んでおくだけでも、歩くことになりますからダイエット効果を期待できるんです。

 

これなら運動が苦手な方でも楽に脂肪を燃やせるので是非試してみください。しかし、マイカー通勤の方は別な方法で?

 

 

Point,5)コーヒーにスパイスを投入

 

コーヒーにスパイスを入れることで、体質改善を図ることができます。

 

元々体格が良く、太りやすい体質の方であれば、コーヒーにシナモンを入れてみるのがいいです。体の冷えを改善し、痩せやすい体質へと導いてくれます。

むくみやすい体質の方であれば、フェンネルを投入してみるのがオススメです。

 

 

コーヒーでダイエットが成功する5つのポイントを述べてみました。いかがでしたか?

 

コーヒーはリラックスできるだけではなく、ダイエット効果も発揮する素晴らしい美味しい飲み物です。ココに述べた5つのポイントを守れば、ブレイクタイムがダイエットタイムへと切り替わります。

 

どうぞ参考になさって、美味しいコーヒーでダイエットを成功させてください!

 

 

 

5688709 / Pixabay